« チェーンとチェーン切り届く | トップページ | ホントのブルホーンバーにしてみた »

2010年12月12日 (日)

チェーンリングを62Tに

 さて、以前にポチっとしておいたKHS自転車のパーツブランド「POWERTOOLS」のミニベロチェーンリング62Tがやっと届いた。
 入荷待ちとなっていたので予約をしておいたものだ。
 7075アルミ製でPCD130。市販品のミニベロ用チェーンリングでは最大歯数ではないだろうか?

 チェーンリングがきたとなれば、さっさと交換するしかない。手順は写真で説明していこう。IMG_0718
待ったけどやっと届いた

IMG_0721
POWERTOOLS 62T ミニベロチェーンリング

IMG_0733
ギア板をとめるファイブピン。ペグスパナと六角レンチで締めていく

IMG_0738
クランクのアウター側へつけたが後で問題が発生

クランクを外す

 HandyBike8のクランクを外していこう。
IMG_0744
クランクの軸を見ると、ナットで止めてある。クランクボルトを使うタイプではなかった

IMG_0747
シマノのクランク抜き工具TL-FC10には14ミリのナットを回せるようになっているので、ぐいぐいと回してナットをはずす。右クランクは正ネジなので反時計回りに回す、左クランクは逆ネジなので時計回りに回すとゆるんでいく

IMG_0750
チェーン切りを使ってチェーンを切断

IMG_0751
チェーンがはずれた

IMG_0753
クランク抜きをクランクにねじ込んでおく

IMG_0754
モンキーレンチで時計回りに回転させていくと、中心部が押し出されていきBB軸を押していく

IMG_0755
こうしてクランクが取れる

IMG_0757
取れたクランク。ペダルは使い回すので後ではずしておく。オリジナルのクランクは170ミリの長さだった

クランクを取り付ける

IMG_0761
クランクを取付け、クランク抜きを使ってナットを締めていく

IMG_0762
クランクが付いた

IMG_0766
買ったチェーンはリンクを使ってつなげるタイプ。最近はこうしたものが多いのかね?


ペダルを取り付ける

IMG_0769
ペダルのネジ部にグリースを塗っておく。少しでも固着を防ぎたいと思うからだが……

IMG_0770
ペダルレンチで締めて、ペダルがついたら完成だ

試乗してみる

 わりと簡単に交換はすんでしまった。かかった時間は30分ほど。あっけない感じだが、この後に問題が発生した。
IMG_0771
とりあえずできたバージョン

 家の前を走ってみるが、走りはじめてすぐにチェーンが外れた。再度チェーンをかけ直してもすぐに外れる。
 やっぱりチェーンラインか。
 元のクランクと比べると、少し外側にチェーンリングの位置があるようで気にはなったが、まずは組んでみてから様子をみよう作業を進めていたのだ。
 買ったクランクのRD2は、フロントダブルでも使えるので、インナー側へもチェーンリングが付けられる。
 後ギアとの位置を見ると、クランクのインナー側にチェーンリングをつければなんとかなりそうだと思える。
 だめならBB交換も考えるということで、さっさとチェーンリングを付けなおす。
 見た目がおかしくなるかと思ったが、そんなには気にならない。

IMG_0784
インナー側にチェーンリングをつけなおした

IMG_0779
見た目はおかしくない

 チェーンリングをつけなおして走ってみるが、今度はチェーンが外れることはない。
 様子をみるために少し町内を走ってみる。
 元のギアより6T増えたわけだが、ほんの少しギアが重くなったかもという程度。
 クランク1回転で進む距離を計算してみると、オリジナルでは3156ミリ。62Tにすると3495ミリとなった。約3.16mと約3.5mということで、距離は34cm増えたにとどまる。
 劇的には変化しなかったが、気持ち速くなったということで満足しておこう。

 

|

« チェーンとチェーン切り届く | トップページ | ホントのブルホーンバーにしてみた »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/50286073

この記事へのトラックバック一覧です: チェーンリングを62Tに:

« チェーンとチェーン切り届く | トップページ | ホントのブルホーンバーにしてみた »