2012年2月23日 (木)

ホントのブルホーンバーにしてみた

 最近ではご近所走りにしか使ってないHANDYBIKE8だが、バーエンドバーを利用した「なんちゃってブルホーン」から「まともなブルホーン」にしようと決断をした。
 てのひらがバーエンドバーとハンドルの境目にのるので、長時間ハンドルを握っていると痛くなるためだ。

 ところで、幅の狭いブルホーンバーをさがすと、意外とないのね。
 そんでもって見つけたのは「エイカーAHB-2710ブルホーンバー」。なんだか安かったのと幅が380ミリなのが決めてとなった。
 ポチッとしてから1週間、ハンドルが届いた。となれば作業をしなければなるまい。

IMGP0103
やってきたエイカーAHB-2710ブルホーンバー

まずは古いハンドルからバーテープをはがす。
ガシガシとアヘッドのネジをゆるめてハンドルをはずしてしまう。ブレーキレバーは流用するのでこちらもはずしておく。

IMGP0105
アヘッドのネジをゆるめる

 つぎにAHB-2710ブルホーンバーをアヘッドにつけて、ネジをしめる。対角線のネジを交互にしめていく。

IMGP0108
ハンドルバーがついた

 ハンドルが固定されたら、ハンドルのエンド部へブレーキレバーを押し込んでネジをしめていく。
これらのネジ類は六角レンチを使うものだ。

ハンドルにブレーキレバーがついたところで、ブレーキアウターをハンドルに沿わせて仮止めしておく。 

IMGP0114
アウターを仮止めしておく

 ここへバーテープを巻いていくのだが、今回はBBBのBHT-01レースRIBBONバーテープのレッドをチョイスした。フレームの赤にひっかけてのことだ。
 ハンドルバーは短いので、バーテープは余裕で巻けた。手のひらの当たる部分は巻きの密度をあげてクッションが効くようにしておいた。

IMGP0115
バーテープを巻いていく

IMGP0121
こんな感じになった

IMGP0124
赤のワンポイントがいいねぇ


○乗ってみてのインプレッション

 握る部分がいままでよりも少し前方に出たので、バランス的には前に重心が動いた感じだ。
 前輪ロックなんてすると前転するんだろうなあ。まー、そのためにヘルメット必須なんだけど。
 なんちゃってブルホーンからホントのブルホーンにしてしまった。ついでにハンドルポストのクイックレリーズもカラーコーディネートを考えてにBAZOOKAのスターシートクランプB-327のレッドにしてしまった。
まー、自己満足の世界だな。

IMG_0825
クイックレリーズも赤にしてみた

 


 
 
 

| | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

チェーンリングを62Tに

 さて、以前にポチっとしておいたKHS自転車のパーツブランド「POWERTOOLS」のミニベロチェーンリング62Tがやっと届いた。
 入荷待ちとなっていたので予約をしておいたものだ。
 7075アルミ製でPCD130。市販品のミニベロ用チェーンリングでは最大歯数ではないだろうか?

 チェーンリングがきたとなれば、さっさと交換するしかない。手順は写真で説明していこう。IMG_0718
待ったけどやっと届いた

IMG_0721
POWERTOOLS 62T ミニベロチェーンリング

IMG_0733
ギア板をとめるファイブピン。ペグスパナと六角レンチで締めていく

IMG_0738
クランクのアウター側へつけたが後で問題が発生

クランクを外す

 HandyBike8のクランクを外していこう。
IMG_0744
クランクの軸を見ると、ナットで止めてある。クランクボルトを使うタイプではなかった

IMG_0747
シマノのクランク抜き工具TL-FC10には14ミリのナットを回せるようになっているので、ぐいぐいと回してナットをはずす。右クランクは正ネジなので反時計回りに回す、左クランクは逆ネジなので時計回りに回すとゆるんでいく

IMG_0750
チェーン切りを使ってチェーンを切断

IMG_0751
チェーンがはずれた

IMG_0753
クランク抜きをクランクにねじ込んでおく

IMG_0754
モンキーレンチで時計回りに回転させていくと、中心部が押し出されていきBB軸を押していく

IMG_0755
こうしてクランクが取れる

IMG_0757
取れたクランク。ペダルは使い回すので後ではずしておく。オリジナルのクランクは170ミリの長さだった

クランクを取り付ける

IMG_0761
クランクを取付け、クランク抜きを使ってナットを締めていく

IMG_0762
クランクが付いた

IMG_0766
買ったチェーンはリンクを使ってつなげるタイプ。最近はこうしたものが多いのかね?


ペダルを取り付ける

IMG_0769
ペダルのネジ部にグリースを塗っておく。少しでも固着を防ぎたいと思うからだが……

IMG_0770
ペダルレンチで締めて、ペダルがついたら完成だ

試乗してみる

 わりと簡単に交換はすんでしまった。かかった時間は30分ほど。あっけない感じだが、この後に問題が発生した。
IMG_0771
とりあえずできたバージョン

 家の前を走ってみるが、走りはじめてすぐにチェーンが外れた。再度チェーンをかけ直してもすぐに外れる。
 やっぱりチェーンラインか。
 元のクランクと比べると、少し外側にチェーンリングの位置があるようで気にはなったが、まずは組んでみてから様子をみよう作業を進めていたのだ。
 買ったクランクのRD2は、フロントダブルでも使えるので、インナー側へもチェーンリングが付けられる。
 後ギアとの位置を見ると、クランクのインナー側にチェーンリングをつければなんとかなりそうだと思える。
 だめならBB交換も考えるということで、さっさとチェーンリングを付けなおす。
 見た目がおかしくなるかと思ったが、そんなには気にならない。

IMG_0784
インナー側にチェーンリングをつけなおした

IMG_0779
見た目はおかしくない

 チェーンリングをつけなおして走ってみるが、今度はチェーンが外れることはない。
 様子をみるために少し町内を走ってみる。
 元のギアより6T増えたわけだが、ほんの少しギアが重くなったかもという程度。
 クランク1回転で進む距離を計算してみると、オリジナルでは3156ミリ。62Tにすると3495ミリとなった。約3.16mと約3.5mということで、距離は34cm増えたにとどまる。
 劇的には変化しなかったが、気持ち速くなったということで満足しておこう。

 

| | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

チェーンとチェーン切り届く

 あちこちへ手配しているパーツや工具類だが、本日はチェーン切りとチェーンが届いた。
チェーンはシングル用なので、1/2×1/8インチ幅のものを頼んでおいた。間違ってないだろうな?
 KMC Z410という製品だが、カラーチェーンとのことでシルバーはない。他はピンクだの白だの青だのといった色があったが、ゴールドにしてみた。あんまり不自然にはならないか?
 チェーン切りは、携帯するつもりもないので、しっかりしてそうなものということで、ホーザンC-370にしてみた。
 それらが届いたわけだ。
IMG_0700
チェーンはKMC Z410

IMG_0690
ホーザンC-370

 でもまー、肝心のパーツがないので作業はおあずけだ。
 つまらないので、家に余っているチェーンを試しに切ってみた。どっしりと手の中にあるC-370はちゃちな部分はまったくない。
 無骨ともいえる本体で、チェーンの固定もできるし、切矢を動かすにも不安は感じない。
 ぐいぐいと進んで、スッと軽くなるとチェーンのピンが動いたわけだ。
 さらにぐいぐいとねじ込んでいくと、またスッと軽くなる。
 これでピンがはずれたことになる。
 なるほど、感触はわかった。
 今日のところはこれでおしまい。
 いやー、パーツ集めにも時間がかかるねぇ。年末だからかねぇ。

| | トラックバック (0)

«気がつけばポチっとクランク