2011.01.26

セラSMPハイブリッドサドル

 うわー、もう今年も1ヶ月近く経っちゃったよ。
 去年の年末にFrogを気持ちだけ軽量化したけど、気分的にはまだモヤモヤとしている。
 もう少し軽くできんかいなと正月の酒飲み頭の中は、軽量化でいっぱいになっていた。

 いや、RIXEN&KAULのアタッチメントを外せば、その分軽くなる(なんと251gもあった)のはわかっているが、荷物を運ぶのには必需品だし、つけておこう。
 スタンドははずしてもいいかもしれないが、あると便利なので悩む。

 となると、やっぱりサドルだということで、年始にポチっとしてしまった。
 やってきたのはセラSMPハイブリッドサドル。セラSMPのサドルでも2万円台ではない。
 どこがハイブリッドなのかわからないが、そういうものだろう。
 以前からあったようだが、入手したのは新デザインのモデル。
 表面にシボが付いたり、模様も入ってなかなかかっこいい。

IMG_0844
MTB用とのことだが……
IMG_0846
表面にはシボがついている
IMG_0848
レールは後部がかなり広がっている
IMG_0856
模様や文字が入り、前モデルとはだいぶ変わった

 さて、気になる重さはカタログ値で300gだが、実測値では287gだった。
 もともと使っていたセラSMP TRKサドルはカタログ値420gだが実測値387gだったので、マイナス100gということになった。
IMG_0857
TRKに重ねてみた。だいぶ幅が狭いが135ミリある。

 しかし、まだ取り付けてはいない。100g減るだけではガッカリなので、ここまできたらシートポストも軽量化することにしたからだ。
 現在、ポチっとして到着を待っているので、乞ご期待。


 

| | トラックバック (0)

2006.03.27

衝動買いしてしまった

 天気もめまぐるしく変わるし、花粉症か風邪かでノドも痛い。咳も止まらない日々が続いているが、最近のフロントディレーラーってどうなっているのだろうと思うと、寝ても頭にディレーラーがちらつくようになった。これではいかんと夜中にポチっとしてしまった。
 さて、やってきたフロントディレーラーは、シマノのアルテグラFD-6600。上から2番目のグレードだ。それでも、パソコンのパーツなんかよりは安いので、太っ腹な気分となって買ってしまったのだ。
 自転車店では、パーツ類の展示は少ないし、ガラスケースの中にあったりする。実車についているものは動かすといかんと書いてあったりするので、じっくり見るには、やはり実物を手に入れるしかない。


いきおいで買ってはみたものの

 買ってみて驚いたのは、このフロントディレーラー(以下FDと略)は、ローノーマルなのね。
 変速機では、ケーブルをいちばんゆるめた状態の位置でトップノーマルとローノーマルがある。ケーブルがもし切れたとしても、その位置がホームポジションとなるわけだ。
 昔から、ロードレーサーのようなレース用自転車はトップノーマルで、ツーリング車など荷物を積むことが多い自転車はローノーマルとされてきた。
 ロードレーサーで、レース中に万が一シフトケーブルが切れたときに、トップギアに入っていれば、脚力があればレースについていける。そのためのトップノーマルなのだ。もしローノーマルなら、軽いギアとなってしまい脚をくるくるくると回しても速度は出ない。
 反対にツーリングで重い荷物を積む自転車では、同じようにシフトケーブルが切れた場合、トップギアに入られては重くて漕げなくなる。遅くてもいいから、確実に走れる側へシフトするということでローノーマルだった。
 これが1970年代に覚えたことなんだが、アルプスのクイックエースというランドナーの1970年ごろのモデルは、後変速機にサンプレックスプレスティジを使っていて、これがトップノーマルなのだった。どひゃーと驚いたものだ。
 そして、今回のアルテグラFD-6600は、ローノーマルだ。これって、レース用のパーツではないのか? とまたまた驚いた。最近のシマノのFDはどうやらローノーマルが標準らしい。シフトケーブルが切れたら、リタイヤするしかないわけね。

 まぁ、それはどうでもいいが、買ってはみたものの、Frogにつけるにはかなりきびしいことがわかり、悩む日々が続きそうだ。。
 その昔、和田サイクルでFDをつけてと頼んだときに、なかなかやってくれなかったワケがわかった気がする。

このスキマしかない


シートチューブからは38ミリぐらいかな


リアスイングアームからは11ミリね

 シートチューブも40.2ミリあるので、既存のバンドは使えない。3ミリ厚のアルミを自在に加工できる工具類があれば、ちょっとしたアイデアはあるのだが、現物あわせで作っていくしかないような複雑な形状となる。図面などとても書けないので、外注もむずかしい。
 しばらくあーでもない、こーでもないと考えて楽しむことにしよう(T_T)。

----------------------------------
【15%OFF】'06 SHIMANO ULTEGRA シマノ アルテグラ FD-6600-F
【15%OFF】'06 SHIMANO ULTEGRA
シマノ アルテグラ
FD-6600-F
3,221 円
【自転車のきゅうべえ】

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.12.23

フロントバッグホルダーで重心を下げる

 リクセンカウルのアタッチメントをつけて、フロントバッグを装着しているわけだが、アダプターはハンドルの位置についている。
 Frogの重心から見ると、かなり高い位置についていることになる。
 ハンドルポスト(というのかステムというのか)は、前に傾くように角度がついているので、ハンドル位置に重みがかかると、ハンドルが回転しやすい。
 走っているときには、つねに手で押さえ込んで走ることになる。
 このバッグの取り付け位置をどうにかできないかと思っていたところ、タイオガのフロントバッグホルダー(BAP014)なる製品を発見。2,380円と手頃なこともあり、すぐさまポチっとクリックして購入してしまった。
 ステムに装着し、バッグ装着用のアタッチメントをつけられるように、横にギザギザのついた円柱がついているという構造の製品だ。
 6061アルミ製で、65g、35ミリのステムに装着でき、スペーサーが付属しているので31.8ミリ、28.6ミリのステムにも対応する。
 ポチっとしてから5日で届いた。早いぞ「QBEI」。ちなみにこの店の正式名称って「有限会社谷口久兵衛自転車店」というのね。さぞかし由緒ある店かと思い、社史を見ると昭和32年ごろ創業とのこと。うーん、オレと同じか。名前だけだと、明治ぐらいに創業かと思っていたのでちょっと残念。

PICT1987
届いたタイオガフロントバッグホルダー

PICT1988
自作できる人にはなんともないパーツかもしれないが

さっそく装着

 さっそくフロントバッグホルダーをステムに取り付ける。重心を低くするために、なるべく下部につけたいのだが、Frogのステムは伸縮式なので、下部は外側のパイプとなる。
 ここへフロントバッグホルダーをつけて、伸縮するかどうかが不安である。もし、縮めることができなかったらどうしようと思いつつ、ホルダーをつけ、どんどんとネジを締め付ける。
 その結果、まったく問題がなかった。縮めるのにひっかかることもない。これでひと安心だ。
 となると、ハンドルバーについているリクセンカウルのアタッチメントをはずして移動だ。延長パーツをつけているので、その分ネジの取り外しも多くちょっと面倒だ。
 例によって午後からの作業なので、試走しにいくには、なるべく早く家を出たい。なんたって、昨日が冬至であるぐらいだから、午後4時半ごろには日没となる。
 こまかな仕上げはすっとばし、とりあえずアタッチメントをつけて、Frogを展開。フロントバッグを装着して家を出たのが15時42分。とほほほほ。日没まで45分ほどしかない。
 とりあえず、めざすは多摩川サイクリングコースだ。

PICT2003
あわてて装着したのでゴムなんかははみ出したままだ

PICT2004
位置もまだ適当

重心はちょっと下がったかな

 久々にFrogに乗ったので、5速でギアが重く感じられる。以前は5速でスタートし、6速、7速と上げていったものだが、今日はおとなしく5速でゆっくりと走る。
 なんといっても身体に心配事項が多いので、無理はしないのだ。
 祭日なので、多摩川の河川敷では催し物でもあったのか、ものすごく人が出ている。信号では行列になって待っている。
 後片付けの様子を見ながら、こちらはこれから上流をめざす。近場で撮影しようと思ったのだが、近くの河川敷は人があふれているので仕方がない。
 上流へ向かうと、すでに走り終えたロード乗りたちと次々とすれ違う。みんなが帰る時間に出発するので肩身が狭い。
 さて、バッグの位置が下がったことで、わずかだが、ハンドルを押さえつけていなければならない感覚がなくなった。手ばなしは無理だが、短時間なら片手で走行ができる。
 重心位置が下がった効果といえるだろう。
 日没までの時間は限られている。どこで撮影するか思案していたが、丸子手前のJRの鉄橋付近で妥協することにした。すでに16時をまわっているためだ。
 野球のグラウンドへ入り込み、フロントバッグホルダーをつけたFrogを撮影する。
 バッグをつけたままでも、重みでハンドルが急に回転することがなくなった。位置を決めておくと、そのまま止まっていてくれるのは、重心が下がったためだろう。
 見た目も、バッグが下に移動したので安定感が出てきた。だが、乗車したままバッグのフタを開けるということはできなくなった。どちらにしろ、バッグの中身に用があるときは止まることになるだろう。

PICT2008
バッグの位置が下がっている

PICT2022
少し安定感があるでしょう

 小径車で、アタッチメント式のバッグをつけた場合、どうしても重心位置が上になってしまうので、このタイオガのフロントバッグホルダーは便利な製品だ。以前、似たものを自作しようとして挫折しただけに、見つけたときには「うひひひひ」と喜んだものだ。
 ブロンプトンなんかは、アタッチメントの取り付け位置が、ヘッドチューブにあり、かなり低くできるが、その他の小径車ではむずかしい。モールトン用のお高いアダプターも発見したが、専用パーツだった。
 バッグの取り付け位置で悩んでいる人は、使ってみてはどうだろうか?

PICT2025
以前はバッグの位置が高く不安定な感じだ

PICT2026
バッグの位置が下がって低重心化した

 さっさと撮影し、日没前に帰路についた。 念のためにサイクロコンピュータをつけてきたが、走ってもなんの反応もなし。ついに電池切れだ。今日はサイクロコンピュータがダメだったので、Mio168RSによるGPS計測だ。トラックの記録や距離、時間、速度なんてのも記録されている。積算距離はないけど、とりあえず今日の走りがわかるし、GoogleEarthに軌跡も表示できるので面白い。

point01
本日の撮影ポイントをGoogleEarthで見る

走行距離 7.98Km
走行時間 46分
平均速度 10.4Km/h
最高速度 37.7Km/h

---------------------

【オプションパーツ】TIOGA Front Bag Holder (YBA00100) タイオガ フロントバッグホルダー(...
2,793 円【自転車のQBEI 楽天市場支店】

タイオガ フロントバッ...

タイオガ フロントバッ...
価格:2,337円(税込、送料別)

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2005.11.26

お尻に優しいサドルはヘンな姿?

 FrogBlogをよく読んでいるスルドイ読者なら気づいていたかもしれないが、この9月からFrogに乗っていなかった。
 それには理由があって、ちょっとお尻の病気をしてしまったからなのだ。おできができて膿がたまり発熱した。結局は切開したのだが、3センチほど切った。
 血だらけのガーゼをお尻につけ、1日数回取り替えるなどという、女性なら月イチで当たり前? かもしれないが、いい年した男にはショックの大きな日々を送ることになった。
 お尻を切っているので、座ることもままならず、かといって立ちっぱなしではくたびれる。結果、寝てすごすという状態となった。
 1週間はガーゼを見るのがコワイ日々が続き、2週間、3週間でやっと、ガーゼをお尻につけていてもきれいな状態となった(最後にはガーゼ付絆創膏だけど)。
 この間、自転車に乗ってもいないし、それほどの歩行もしなかったら、お尻の筋肉がげっそりと落ちてしまった。
 イスに座っても、骨盤がとんがっているのがわかる状態だ。2箇所がポツンとへこんだイスの表面を見るととても悲しかった。

 そんなわけで、Frogにまた乗るには、お尻に優しいサドルを探さないといけなくなった。使っているサドルはウィザードの190gのサドルで、クッションはほとんどなくペラペラのものである。お尻に肉がついてたころはよかったが、現在では痛いサドルとなってしまったからだ。

スペシャライズドBGサドルからさがしてみたが

 スペシャライズドのBG(ボディジオメトリ)シリーズは、手袋で使っているが、とても調子がいい。手への振動をゲルが吸収してくれるのだ。
 ということから、サドルもBGシリーズにしようと考えていた。
 大柄なオレは、一般男子より骨盤の幅がありそうだ。骨盤のとんがった部分を測ってみると120〜130ミリほどの間隔がある。幅のせまいサドルでは骨盤が乗り切らない気がする。
 そこで、できるだけ幅のあるモデルをさがしてみたが、男性用だと155ミリぐらいが最大だ。
 しかし、ミラノというモデルは180ミリの幅がある。「これだ!」と調べていくと、2006年モデルは、さらにゲル入りのミラノ2というモデルが出るらしい。
「これに決定しちゃるけんね」と注文しようと見ると、なんと来年1月入荷予定とのことだ。
 待っていると、ますますFrogに乗れなくなる。少しずつでも年内に乗っておきたい。
 こうして、サドル探しはふりだしに戻ってしまった。

【2006モデル 続々入荷!先行予約受付中】【20%OFF】SPECIALIZED スペシャライズド '06 MIRA...

斬新なデザインの穴あきサドル

 そのうち11月となり、サドルをどうしようかと悩む日々は続いた。
 そんなときに、斬新なデザインの穴あきサドルが発売されたことをネットで知った。
 Selle SMPのStrikeシリーズだ。Proと名前のついたレース用はとても高いがコンフォートモデルのStrike TRKシリーズなら5000円以下だ。

 使用レポートを読むと「便座に座っている感じ」だという。これなら、お尻にも優しそうだと夜中にポチっとしてしまう。
 自転車のパーツ類は、なぜか店頭に揃っている店は少ない。店頭で見られないのなら、賭けでもあるが通販で買うしかない。今までもそうだったので、今回も賭けに出ることにした。
 Strike TRKシリーズは、幅155ミリのMensと幅179ミリのLadysがあるが、店によってはLadysを幅広モデルと表記している。
 もちろん注文したのは幅広のLadysモデルだ。各部のスペックを見ると、幅が広いだけで、穴アキ部分や全体の長さにほとんど差はない。重さは10g増えて400gとなっているだけだ。
 ポチっとしてから1週間、本日、やっとサドルが到着した。

PICT1931
コンコルドの着陸状態か?

PICT1934
裏はこんなカタチでレールが広がっている

PICT1937
中央部分はかなりへこんでいる

PICT1939
どっしりと幅広だ

 さっさと付け替え作業をしたかったが、買い物へ行かされたりして、とりかかったのは夕方。日没は16時半ぐらいだから、さっさと作業をしないといけない。
 リクセンカウルのエクステンダーをつけたりしているので、はずす物も多い。
 400gのStrike TRKでも、最初に持ったときには軽く感じたが、はずしたウィザードの190gサドルは、めちゃくちゃ軽い。新サドルで重量増になるが、お尻の状態にはかえられない。再発させてはいけない病気だし、全てお尻優先で考えることにした。

PICT1940
外した元のサドルとはこんなに大きさが違う

PICT1942
幅もこれだけの差だ

 サドルを外し、付け替える。Strike TRKではかなりレールの角度があるので、その分後ろ側へ傾けないとサドル上面の水平が出ない。
 仮締めをして、またがり、角度を調整し、またまたがる、これを繰り返して角度を決めた。
 作業が済んだのは、すでに16時半すぎ、日没ギリギリだ。それでも、乗ってみないと様子がわからないので、多摩川の河川敷へ行ってみる。

PICT1943
斬新な形状も、それほど違和感はない

PICT1944
へさきは大きく曲がっているけどね

 サドルに座った感じは、ほんとに骨盤の骨の先で支えられているようだ。他の部分はほとんど接触しないので、「便座」というレポートも納得してしまう。睾丸、尿道、肛門部は宙に浮いている感じで圧迫感はない。
 土手のサイクリングコースを1Kmほど走ってみる。みるみるうちに真っ暗になっていくので、電池式ライトでは、サイクリングコースを走るのは無理だ。
 往復2Kmと少しだけ走って帰ってきた。長距離でお尻に優しいかは、後日検証することにしよう。
 デザイン的には斬新なSelle SMPのStrike TRKだが、見慣れてしまえば違和感はない。座ってしまえば、外からは見えないので、誰も気づかないだろう。
 サドルでお尻の痛い人は、検討してみる価値はあると思う。

※2011年、セラSMPハイブリッドサドルに変更した

PICT1943
あっという間に真っ暗だ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.07.30

ハードスプリングを買ってみた

 仕事が続いてFrogに乗れない日々が続いている。毎日モニターの前に座りっぱなしだと、つい通販でポチっと買い物をしてしまう。
 かねてからBD-1乗りに評判のいいサイクルハウスしぶやのハードスプリングと、リアスプリング、スプリングプロテクターを注文してしまったのがさきおとといの夜中。それらが本日届いた。
 Frogのスプリングが赤なので、同じ赤を発注したのだが、サイクルハウスしぶやのものは、わずかにオレンジがかっている。朱に近い赤だ。
 リアエラストマーのかわりのスプリングがどういう走行感になるのか、すぐにでも試したいが、仕事が終わってからの装着となる。しばらくはおあずけだが、楽しみではある。

PICT0665.jpg
ハードスプリング2500円、リアスプリング4500円、スプリングプロテクター800円

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2004.07.09

重くなったカエルをダイエット

 8速化にともない、車体重量がかなり重くなった。実際にどれぐらいになったかと量ってみると、なんと13Kgちょっとあるではないか。
 これは担いで運ぶのにかなりしんどいわけだ。どこかで軽量化を図らないといけないわけだが、Frogは専用パーツのかたまりのようなものなので、おいそれと部品を替えるわけにもいかない。
 現状で替えられるのは、サドル、ペダルぐらいだ。調べてみると、使われているペダルはNEXT-FLD50で、ペアの重量は396gとそこそこ軽い。
 評判のいいミカシマのFD-6は428gと、重量増になってしまう。これではダメだ。EZYシリーズでも352gと40グラムほどの差しかない。チタン製モデルだと302gとなるが、価格も32000円ととても買えるものではなくなってしまう。結局ペダルは見送ることにした。
 でもって、つぎに目をつけたのがサドルだ。現在はルイガノのカジュアルサドルがついているが、これが420gほどある。これを軽くしようとさがしていると、セラサクセスの2106というサドルを見つけた。
 カーボン、チタンレール、ケブラーでできていて、重量は190g、価格も5208円と激安だ。
 夜中にポチっと注文してしまった。
 それから約1週間、やってきたサドルは軽かった。梱包の箱を持つと、中は空ではないかと思ったぐらいだ。
 サドルは277ミリ×150ミリと、ルイガノに比べると幅は狭い。クッション材はほとんど入ってないようだが、サドル自体がしなるため、それがクッションになるらしい。
 さっそくFrogに取り付けてみた。

PICT0612.jpg
薄いサドルとなったためシートポストは少し上げることに

PICT0615.jpg
チタンレールにカーボン、ケブラーで190gだ

 少しだけ、乗ってみたが、最初についていた子供用サドルのように、座れてないという感覚はない。狭いながらも骨盤はちゃんと上に乗るようだ。
 まだ長距離を走ってないのでわからないが、おしりは痛くなるのだろうか? 今後の検証となる。
 都合230g軽くなったわけだが、他に軽量化できる部分も少ない。カタログ値10.5Kg、現在13kgと、かなり太ったカエルとなってしまった。

PICT0618.jpg
少しはダイエットしたもののまだ重い?

 スタンドなど、無理してパーツをはずせば軽量化できるが、便利さが損なわれる。快適性と重さのバランスでいじっていくしかないようだ。
 軽いパーツは値段も高い。ダイエットにはやはり金がかかるのであるな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)