« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.20

折りたたみ自転車にボトルケージ

  暑い! なんとも暑い! こんなときには水分補給は必須だ。それもイオン飲料がいいらしい。
 ようするに、水に少量の塩分と糖分を入れたものだが、面倒なら市販品を買うといい。
 さて、そうした飲料を自転車に付けておきたいとなるとボトルケージが必要だが、折りたたみ自転車の大半にはボトルケージ台座なんてのは付いてない。
 ちょいとした飲料のボトルなんてのは、バッグやデイパックに入れずに、自転車のフレームに付けておきたいものだ。
 そうすれば、すぐに飲むことができるしね。
 というわけで、ミノウラの「BH-100x」シリーズのボトルケージホルダをポチっと買った。
IMG_0619
買ったぞミノウラBH-100M

 ミノウラの「BH-100x」には、直径22~29mmのパイプに対応した「BH-100S」と直径28~35mmのパイプに対応した「BH-100M」がある。
 シートポスト用にも使うかもしれないので、「BH-100M」を購入しておいた。
 この「BH-100x」シリーズは、「ホルダ内部にギア歯機構があり、12度ごとに装着角度を変えることができます」とある。
 シートポストなどに取り付けても、回転をさせて90度近くまで動かすことができる。しかし、12度ごとなので、垂直にはならない、84度か96度となってしまうのだ。
 もっとも、わざと斜めにホルダ位置を調整したりするので、たいした問題ではないのかもしれない。

 買った「BH-100M」のホルダ部分を90度近く、84度まで曲げて固定する。これでシートポストに付けられるようになった。
 複数の自転車で利用するつもりなので、ホルダ部を固定してしまうRIXEN&KAULの「ボトルクリック」よりは使えると思う。
 「BH-100M」に付けるボトルケージだが、手持ちの「モジュラーケージ EX」にした。
 ダイヤルを回すことにより、Φ53~74mmのボトルに対応するので、缶ジュースから500mlペットボトル、通常のボトルと幅広く使えるのが特徴だ。

IMG_0623
トピークモジュラーケージ EXと組み合わせる

 ボトルケージを「BH-100M」に固定すれば、ワンタッチボトルケージの出来上がりだ。
IMG_0631
ワンタッチボトルケージの出来上がり

 あとは自転車にワンタッチで取り付ければ、ボトルを入れておくことができる。
 暑い日にはありがたい。
 近所へと買い物へ行く15分ほどの時間でも、暑いときにはけっこうのどが渇く。
 近所なのでバッグ類は持たない、だからボトルケージは重宝する。
 ポーラーボトルであれば、内部の液体は20分程度なら冷たさをキープしているので、これまたご機嫌だ。
IMG_0632
ポーラーボトルを装着。自転車が違うことには目をつぶって欲しい(笑)

 1時間後にはぬるくなっているので、本格的に冷たいままの飲料が飲みたければ、真空保温の魔法瓶をおすすめしておく。
 ボトルケージに入るサイズの500mlや、750mlのものもけっこうあるのである。

---------------------------------------------------

| | トラックバック (0)

2010.07.19

ミノウラSGS-300SでeTrex Legend HCxを自転車へ装着

 さて買ってしまったeTrex Legend HCxをどう自転車へ装着するかだが、eTrex Legend HCx自体の付属品として、各種マウント取付用アクセサリーという、裏ブタに取り付ける部品がある。
IMG_0625
各種マウント取付用アクセサリーは純正の付属品だ

 これを活かすなら、純正の「ハンドルバーマウント」を買うしかないだろう。価格もノーマルサイズ用なら2000円以下と、お手軽な値段だ。
 すぐさまこれをポチっとした。
IMG_0586
ハンドルバーマウントを買うのがいちばんのようだ

 さらに、eTrex Legend HCxは複数の自転車で使いたい。となると、ハンドルバーマウントを台数分買うかとなるが、そんな無駄なことはしたくない。
 ちょいと前から、ちょっとよさげな製品に目を付けていたのだ。
 それは。ミノウラの「SGS-300S」というライトホルダだ。
 ミノウラといえば自転車乗りとしては、つい買ってしまう「スペースグリップ」などの製品やボトルケージ、スタンド、キャリア、トレーニング機器なんかでお世話になってしまう会社だ。
スペースグリップ」にはお世話になったが、その新機軸が「SGS-300S」といったシリーズだ、ライトホルダの「SGx-300x」シリーズと、ボトルケージ「BH-100x」シリーズがある。
 今回は「ハンドルバーマウント」を「SGS-300S」に装着し、複数台の自転車で使い回そうというもくろみだ。
 GPSだけでなく、同じく高価なフロントライト「DoSun M1+」もいっしょに使い回すのだ。
「スペースグリップ」と違い、「SGS-300S」はワンタッチ装着だ。しかもボディはオールアルミで見た目もいい。なんとも進歩したものよのぅ。
IMG_0588
SGS-300Sは新製品だ

 この「SGx-300x」シリーズはハンドルバーの直径、ノーマルサイズ、オーバーサイズと、マウントバーの長さで4種類がある。今回はノーマルサイズでショートバーの「SGS-300S」に「ハンドルバーマウント」と「DoSun M1+」のマウントを装着した。
 マウントバー部分はスペースグリップと変わりがない。懐かしい気分だ。
IMG_0591
ハンドルバーマウントを取り付ける
IMG_0596
ライト用のホルダーも取り付けた

 さて、マウンターを付けた「SGS-300S」をハンドルバーへ付けるが、微妙にサイズを調整する必要がある。
 クランプで直接挟み込むとやはりすべるので、透明なシートは間にはさまないといけない。
 となると、ハンドルバーにまきつくシートで直径が変わるので微調整がいる。
 パチンとレバーが落ちてしまえば固定されている。少し固めになるように力を入れたい。
 これで完成だが、そのまま走ってみたら、しばらくしてマウントバーの付け根がぐらぐらとして動いてしまった。各部のネジは増し締めをしておきたい。

| | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »