« 2009年2月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.04.28

極小径車の終焉か

 一時期は氾濫していた極小径車だが、気がつくとほとんどの車種がなくなってしまっている。
 6インチ車輪はKomaの製造終了でなくなってしまったし(新型がでるようだが)、8インチもブリヂストンのHandyBike8がなくなり、キャリーミーかLGS-CM、エクスウォーカー(ミニウォーカーは同一だよね)しかない。
 12インチ車輪も、わがFrogはとっくの昔に生産終了で、トランジットコンパクトも生産終了だ。残るはmobiky geniusぐらいか。
 14インチ車輪のトレンクルも一時カタログ落ちしていて心配したが、チタンとカーボンフォークで復活し、とてつもない値段となって帰ってきた。
 いくら軽くても、ちょっと手のでない価格だ。
極小径車はブームなのだろうか?」というエントリーを書いたのは2006年6月のこと。
 わずか3年で極小径車は終焉へと追い込まれている。あのころの極小径車たちは時代のあだ花だったのだろうか?

| | トラックバック (0)

2009.04.22

更新やめたわけじゃないのよ。

 2月初旬に親友が亡くなり、葬儀の手伝いなどをして、その後、年度末のもろもろの事務仕事や確定申告、その間にもやってくる締切をこなしていたら、とうとう自分が入院するハメになってしまった。
 手術までしたので、しばらく世間からは遠ざかった生活を強いられていた。
 病院では、夜9時には就寝、朝は6時半に起こされる。
 入院中にはテポドン2が発射されるが、病院内は平穏そのもの。そんなことより点滴が早く終わらないかと見つめる日々だった。
 点滴中にトイレに行きたくなると、点滴パックを引きずって歩くのですな。
 ノートPCも持ってないので、入院中のネット閲覧やら更新はできない。例年のエイプリルフールネタもできなかった。
 それどころか、4月1日に仕事関係方面へ「入院しました」とメールしても「ウソ」だと思われるので、連絡を控えたほどだ。

 退院してきても通院の続く日々で、とぼとぼと歩道を歩いていると、歩道を走ってくる自転車はとても怖い。
 こっちは自転車にも乗れないし、歩行者として歩道を歩いているのに、なんで自転車に脅かされるのかと寂しくなっていく。
 ママチャリだけでなく、クロスバイクにヘルメット、レーパン、サングラスとフル装備な輩も歩道を走ってくる。
 おっちゃんは病人なんだから、ベル鳴らさないでくれんかなぁ。
 退院後、GPS系も久々にチェックしたら、いろいろとトホホなことになっていた。そのうち書くのでお待ちを。
 とにかく社会復帰だなぁ。

| | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年7月 »