« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.10

改正道路交通法施行後もなにも変わりなし

 6月1日から施行された改正道路交通法だが、世の中に変化があったのかというと、何の変化もない。
 どうみても13歳未満の子供たちはヘルメットなしで自転車に乗っているし、親に自転車に載せられている子供も、ヘルメットの着用率は低い。
 親たちへの通知はされているのだろうか?
 警察、学校や保育園、幼稚園、PTAでは通達してないのだろうか?
 ヘルメットをしてない子供たちだけ、万一のときの犠牲になるのはかわいそうだ。
 親の愛情に希望を託したいところだ。

 その他、あいかわらず右側走行、無灯火、赤信号無視、携帯使用走行と本当に意味での交通違反の自転車乗りも減ることもなくあいかわらずだし、歩道でダンシングしている若者を見ると、あぶないとしか思えない。
 自動車後部座席でのシートベルト着用も外からではわからない。

 法律は誰もが無関心のうちに変更され、人々には通知もなく無関心となる仕組みができているとしたら、薄ら寒い気がするのはオレだけだろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »