« LOWRANCE iFINDER H2OのGPSログを使う | トップページ | 6月1日改正道路交通法とヘルメット »

2008.05.24

LOWRANCE iFINDER H2Oの総括

 先週の金曜に届いたLOWRANCE iFINDER H2Oだが、この一週間使った感想を書いてみたい。とはいっても、外出時に持ち歩いていただけでしか判断してないけど。

h2o

●GPSレシーバーは及第点

 GPSレシーバーとしては高感度ではないが、屋外にいるのなら、数分といわず、わりと早く衛星を捕獲する。
 日本の衛星ディファレンシャルGPSのMTSATの電波も受信するが、それが精度向上に役立っているかは不明だ。
 電車に乗ったときに、窓際にぴったりとくっつけておいたところ、かなり衛星を捕獲していた。高架の下や、完全に天が覆われる駅構内では衛星をロストするが、これは仕方がない。

大きな地図で見る
湘南新宿ライン内で取得したログ

 ただ、高架の場合は周囲に空の見える空きがあるので、もう少しねばってほしい感じだ。一瞬捕獲できてもすぐにロストしてしまうが再捕獲もするので、アラートばかりが出ることになる。
 SIRFStarIIIがこうした状況でも、かなりねばって衛星を捕らえているのを知ってしまうと物足りない感じだ。
 しかし、アウトドアでは空が開けている場合が多いと思うので、GPSレシーバーの感度としては、これぐらいでもOKだろう。

●地図には疑問が残る

 購入したパソコンGPSショップでは、「ゼンリン社」製の地図と書いてあったが、地図データ自体からは「ゼンリン社」製の確証を得ることはできなかった。
 国土地理院のデータを使っているとのことだが、かなり不自然な部分の残る地図だ。
 まず、鉄道ではJRの線路は掲載されているが、私鉄の線路が載ってない。あくまでも「道路地図」とのことだが、踏切は道路を走るうえでもランドマークとなる。
IMG_0381
東急東横線が走っているが線路データはない
IMG_0382
JRの線路のみ表示される


 いま走っている道路上で、踏切があれば、何線かを知りたいし、それによって近くの駅へと行き先を変更して輪行してしまうというのも折りたたみ自転車乗りとしてはしたいところだ。
 ところが、私鉄線の線路がないので、目の前の線路は何線だかわからない。京王線なのか小田急線なのかで後の行動にも影響をする。
 また、地図の縮尺率によってはローマ字表記の地名が地図を覆い隠してしまい、まったく使い物にならなくなる。
IMG_0380
縮尺率で画面が文字だらけになる

 これは縮尺率によって表記を間引きしたり、文字を極小にするなどの工夫がほしいところだ。
 また、実際の道路と地図とが一致していない部分も多い。道の太さが違っていたり、細い道は地図にない場合が多い。
 また行き止まりの道がつながっていたり、つながっている道が実は行き止まりだったりする。これは細い道でも走っていける自転車にとってはつらいところだ。
 走れるはずが行き止まりで引き返すことになると、時間のロスにもなるし疲労感も強くなる。

IMG_0383
001
近所の実例その1 同じ場所の表示だ

IMG_0384

002
近所の実例その2 府中街道が幹線道路として太くなっているが、実際には南武沿線道路の方が2車線の道だ

 目的地さえわかっていれば、その方向に出る矢印を頼りにしていけばいいのだが、その場所を知るのに、iFINDER H2Oの地図単体ではむずかしい。
 地図の地名は駅名のみで、町名、番地は書き込まれていないからだ。事前に行きたい場所の緯度、経度を調べてポイントとして登録しておく必要がある。
 これは他の地図を使わないとできない。
 ポイント登録がないと、走っていて、いきなり行き先の変更をすることはむずかしい。
 この地図が本当に「ゼンリン社」製であれば、国土地理院のデータを使う必要はないのではないかと思う。
 カーナビに地図を提供しているゼンリン社なので、道路地図は会社自身で持っているはずだ。
 となると、この付属地図データは、誰かの作ったフリーデータか、日本総代理店がLOWRANCE用の地図データ作成ソフトで作ったものではないかと考えてしまう。

 それでも、アメリカ全土(ハワイ含む)の中域道路地図や韓国の道路地図、全世界の都市名のみの大規模地図が入っているのはおもしろい。
 道路をあてにする走り方をするのでなく、目的地さえ設定できれば、その方向へ向かって走っていける。
 この製品は、白地図に軌跡を書いて、それを使うような使い方をするのだろう。
 日本近海の海図データもあるとのことなので、船で使うものなのかもしれない。

●国内向けへの努力に期待したい

 今回初めてアウトドアGPSを使ってみた。imrさんによると、ウチの記事を読んだかぎりでは「初代eTrex Legendくらいのモデル」とのことだ。まぁ、古い感じではあるが、最近のPNDをイメージしているとガッカリするかもしれない。
 それでも、Garminの地図付きハンディGPSよりは格段に安いし、防水である点も安心できる。
 PDA型は雨が本体内部に入るし、入った時点で壊れることがある。
 iFINDER H2Oは、水の中に沈めるのはともかく、雨ぐらいではなんともなさそうだ。
 そして、単3電池で12時間駆動は心強い。実際に寝る前に電源を切り忘れて、起きたときにも動いていたから12時間近く動くことは本当だろう。

 日本の総代理店にお願いしたいのは、地図をなんとかしてもらいたい。道路地図付きとしてバイクのライダーや自転車乗り、自動車ドライバーをターゲットとするなら、現在の地図では心もとない。
 学校や公園、その他ランドマークや町名、番地がほしいところだ。そして道路の精度もあげてもらいたい。そうでなければ安心して使えない。
 また、ファームウェアで機能が変更できるなら、GPSカーソルから目的地への方向線が出るようにしてもらいたい。
 始点と終点のみを結ぶ線では、画面から消えることもあるし、縮尺率を変えて全体を見ようとすると地名の文字が邪魔をして何がなんだかわからなくなるためだ。
 
 もともと魚探メーカーとして圧倒的なシェアを持つLOWRANCE製品だが、日本代理店が最近のPND人気にあてこんでLOWRANCE iFINDER H2Oを投入したのなら、これは安易だと思える。
 道路を走ることは山や海にないむずかしさを含んでいるからだ。
 その部分を含めて本気で取り組んでいくつもりがあるのかで、本製品の価値も変わってくることだろう。
 高価で誰もが持つことができない製品よりも、より多くの人に使ってもらえて、それによって山岳での迷子や、海での方角間違い、また道路での行き先確認の補助になるのなら、その製品の性能にかかわらず必要とされるだろう。
 日本において、どのような位置づけの製品になるのかは、まず地図をちゃんと使えるものにすることにつきると思う。日本代理店の奮起に期待したい。
 ポッと出の製品でいいと思っているのなら、購入者の期待を裏切ることになるだけだろう。


|

« LOWRANCE iFINDER H2OのGPSログを使う | トップページ | 6月1日改正道路交通法とヘルメット »

コメント

ハードはまぁ許容範囲だとしても、その地図はいただけませんね。(^^;
道路地図とは言え、鉄道が載ってないなんて...
あと、地名に覆われる図面...
国土数値データからGARMIN用地図を作たっとき、設定をミスって、そんな感じの状態になってしまったことがあります。
その地図のレベルだと、潔くイエローeTrexのような地図無しモデルを使う方が、割り切れる分、ストレスが無いような気がします。

5/6付けの某ショップのメルマガで、iFINDER H2Oをさして、「日本対応のハンディGPSレシーバがどんどんと高価になって行くのを「何となくヘンだな」と感じていた方にとっては 少しスッキリする価格ではないでしょうか?」
と書いてありましたが、スッキリどころか、かえってモヤモヤしてしまいそうですね。

いつになったらリーズナブルで"使える"製品が出てくるのでしょうかね?

投稿: imr | 2008.05.24 14:54

○imr さん
 投稿ありがとうございます。
 付属の道路地図はあまり信頼できないようです。自分の使い方に合ってなかったのですが、こればかりは買ってみないとわかりませんね。
 自動車向けPNDの方は価格競争が始まっているのですが、充電池が持たないし、外部バッテリーも充電池だと、充電器などの荷物が増えます。
 それと、自動車寄りになってきていて、自転車では使いづらくなってきています。
 リーズナブルで使える製品が本当にほしいところです。

投稿: 米田裕 | 2008.05.24 23:06

うーん、これは…。何度かアクセサリは購入していますしメールマガジンは私も受け取っていますが、SPAの商品企画というかコピーというかは…。
本国ではモノクロモデルはディスコンのようですし、国内代理店で今後の地図アップデートやサポートとか有り得るんでしょうか。

eBayやUS通販ショップの一部ではGarmin CSxシリーズが$250割れ(送料$50前後)してきている事からすると、これはしんどいですね。HCxではモデルによっては$100台です。

地図データの正確性、最新の情報に関しては程度の差はあれどuudも同様の問題を抱えていますが大筋で必要な情報は揃っています。Garminなら文字表示の問題など巧妙に回避可能ですので、米田さんにも試してみていただきたいものです。
カラーによる視認性の向上なども非常に良く出来ていると思います。

投稿: TROPICAL | 2008.05.27 15:28

○TROPICAL さん
 Garminはネットに情報も多いので、そうではないものにチャレンジしてみました。
 いろいろなメーカーの製品が競うようになってくれることがユーザーにとってもメリットが出ることと思ってます。

投稿: 米田裕 | 2008.05.30 09:03

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LOWRANCE iFINDER H2Oの総括:

« LOWRANCE iFINDER H2OのGPSログを使う | トップページ | 6月1日改正道路交通法とヘルメット »