« 納得のいかない交通法規 | トップページ | LOWRANCE iFINDER H2Oの総括 »

2008.05.18

LOWRANCE iFINDER H2OのGPSログを使う

 GPSを持って移動をした場合、帰宅後の楽しみはGPSログを地図に表示することだ。
 こんなとこを走っていたのかとか、走りやすい道を発見したとか、景色のいい場所を見つけたとか、そうした場所が後からわかるところが便利だ。
 他人に教える場合でも、googleMapを利用すれば簡単だ。

 H2Oでは、最大9999ポイントの移動ログが保存できるということで購入にふみきったのだが、H2O本体からデータを移すのには、SDカードを使って移動するしかない。
 ところがその方法は、日本語簡易ガイドには記載されていない。英語のマニュアルにあたるしかないのだ。なんとか理解をしたので、その手順を説明しておこう。

●データをSDカードへ保存する

 移動ログはメニューの「My Trails...」にある。カーソルをあわせて「ENT」キーを押すと保存されているTrailが見える。
IMG_0364
Menuを押してメインメニューを表示
IMG_0365
Trilsを選択すると記録されている移動軌跡が表示される

 このログは本体メモリ内にあるので、そのままでは外へ持ち出せない。そこで、メニューから「System Setup」にカーソルをあわせてENTを押す。
IMG_0366

 メニューの階層が下がり「Transfer My Data」という項目が現れる。そこにカーソルをあわせてENTを押す。
IMG_0367

 SaveかLoadかを尋ねてくるので、Saveを選択しENTを押す。ファイル名をつける画面となる。文字はカーソルキーで1字ずつ送っていくので面倒だ。デフォルトのDataのままでもかまわない。
 SaveにカーソルをあわせてENTを押すと、SDカードにデータが書き込まれる。
IMG_0370
データ名は面倒なのでデフォルトのまま

IMG_0372
SDカードに保存された

●SDカードを取り外す

 H2O背面の電池カバーを開けて電池を取り出すとSDカードにアクセスできる。
 留め具を回転させてSDカードをスライドさせて取り外す。

IMG_0375
IMG_0376
IMG_0377

取り外したSDカードはカードリーダーを使ってPCへ読み込む。

IMG_0378

●データを変換する

 さて、SDカードに保存されているのは「DATA.USR」というLowrance独自形式のデータだ。このままでは利用することもできない。
 どうしたものかと考えていたが、世界3大メーカーというのなら、きっとデータコンバーターがあるはずだと、「GPSBabel」(うちにあったのはVer1.3.4)の対応データ形式を見てみると「Lawrance.USR」という形式があった。
001
GPSBabelでデータを変換する

 これで変換ができる。GoogleEarthで使うには「Keyhole Markup Language」形式、拡張子は「Kml」にすればいいし、カシミール3Dで使いたいなら、「GPX XML」形式に変換すればいい。
 GPSBabelは読み込みファイル形式を指定し、ファイルの場所を指定。出力ファイル形式を指定し、場所を指定。あとは「Let's Go」をクリックするだけだ。成功すれば成功したというメッセージが出る。
 今回はKmlとgpx形式の2つを作ってみた。gpx形式をカシミール3Dに読み込むと、パッと軌跡が表示された。
004
カシミール3Dに表示された軌跡

 しかし、編集メニューからデータを見てみると、緯度、経度情報しかないようだ。日時時刻の情報はなく、変換時についたらしい1980/01/01となっているし、高度の情報もない。
003
データには位置情報しかない

 H2OのGPSログは位置情報しかないことになる。
 これだと、デジカメで写真を撮った場所を後でさがすときに、時刻で位置を発見することはできない。
 また、峠を越えたような走りをした場合に、どれだけの高度差を登ったのかを確かめることもできない。
 軌跡はわかるが、楽しみは半減というところだ。
 米国では160~170ドルと1万円台で地図がついているハンディGPSとなれば、それほどの機能はないということなのだろうか。
 魅力は価格だけなのか? 次回は総括してみたい。


大きな地図で見る
Google Mapでの表示



すぐ使える安心パック付き
LOWRANCE iFINDER H2O
関東・関西道路地図プレインストールセット《GPS...

29,400 円
【パソコンGPSショップ】

|

« 納得のいかない交通法規 | トップページ | LOWRANCE iFINDER H2Oの総括 »

コメント

ん~、僕も気になっていたのですが、ログデータが微妙なんですね・・・

ツーレポを書くことを考えると日時データは必須だし。

この価格で地図付きは非常に魅力的なんだけどな~

投稿: ina | 2008.05.25 21:37

○ina さん
 どーも。
 ログのタイムスタンプがないので寂しいです(>_<)。
 安いし、地図付きだし、これで「使え」れば大ヒットだったんですけどねぇ。
 ファームウェアと地図データの問題だと思うので、がんばってもらいたいですよ。
 世界3大メーカーのひとつなら、それができないことはないと思ってます。

投稿: 米田裕 | 2008.05.27 01:50

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LOWRANCE iFINDER H2OのGPSログを使う:

« 納得のいかない交通法規 | トップページ | LOWRANCE iFINDER H2Oの総括 »