« 6月1日に改正道路交通法施行 | トップページ | LOWRANCE iFINDER H2Oを使う »

2008.05.17

LOWRANCE iFINDER H2Oが届く

 日本でハンディGPSといえばGarminのが有名だが、海外では先日紹介したLOWRANCEなどもあるとのことだ。
 日本国内でLOWRANCEのことを書いているものを調べたが、ほとんどが魚群探知機のことばかりだった。魚探メーカーとしては圧倒的なのだろう。
 それでも、3万円以下のハンディGPSの実力は気になるところだ。
 Mio168RSを持っているので、いらないといえばいらないものだが、Mio168RSの電池の持ちに不安がある部分が気になっていた。そういうことで連休明けにもやもやとした気分になり、とうとう、この14日に、ついにポチっとしてしまった(外で飲んで帰ってきて気分が大きくなっていたらしい)。
 買ったのは「パソコンGPSショップ」 SPAで販売されている「安心パック」付きの「LOWRANCE iFINDER H2O」だ。
 通常は、関東、関西道路地図付きなのに加えて、九州道路地図、512MBフラッシュメモリ、防水パック付きとなれば買うしかないっしょ(笑)。
IMG_0333 
安心パックにおまけ付き

 さて、その「H2O」が本日到着。これは早い。1週間はかかるということだったが、わずか中1日で届いてしまった。

●届いたH2O

 やってきた「H2O」だが、ケースはブリスターパックとなっている。うーん、アメリカンだなぁ。
 入っているのは、シガーソケットからの給電ケーブル。マニュアル、なんだかハガキみたいなもの。
「安心パック」で頼んだので、すでにパッケージは開けられていて、「パソコンGPSショップ」のシールで閉じられていた。
IMG_0335
なんともアメリカ~ン(笑)

 まだ雑事もあり、本格的に使うこともできないが、「安心パック」なので、初期設定やアルマナック、地図インストールもすんでいる。
 となれば電源ONだ。
 GPSの性能は低いと思っていたが、室内でも窓際なら数分で衛星をとらえだした。しかし、ちょっと中へ移動させるとすぐにロストしてしまう。
 SIRF StarIIIが室内でも衛星をとらえていたのと比べると、ちょっと感度は低いようだ。
 ちなみに、Mio168RSと比べてみたが、窓際ではどちらも実用となるレベルで衛星をとらえているが、室内ではその数で負けている。しかもロストしやすい。
IMG_0345
Mio168RSとの大きさの比較

IMG_0346
厚さもこれだけ違う


IMG_0348
室内窓際での衛星捕獲数の違い。Mio168RSは8個。H2Oは5個

IMG_0349
もっと内部ではMio168RSは7個。H2Oは3個が精一杯


 それでもWAAS(衛星によるディファレンシャルGPS)が使えるのには「おおー!」という驚きがあった。日本の「ひまわり」6号のMTSATの電波をとらえているわけだ。

●本体レビュー

 本体はやや大きめだ。液晶もW-ZERO3[es]よりは大きくて見やすい。
 重量的にも247gなので、ずっしりと重たい。
 懸念していたモノクロ液晶だが、直射日光の下ではカラーTFTよりも断然見やすい。暗い室内でも白色LEDによるバックライトを使えばよく見える。
 本体のボタンのみで使うため、操作は階層系のメニューを使うことになる。すべて英語なので、直感的に使うことは難しい。
 付属してくる簡易日本語ガイドを見ることになるが、これがほんとに簡易であるし、印刷もよくない。

IMG_0351
なぜかグレーの背景パターンで見づらい日本語ガイド

 画像が見えないほど黒くつぶれたページもある。したがって、英語版のマニュアルにあたることになるが、英語に強くない者としては、とてもきびしい。
 日本語完訳のマニュアルを添付してもらいたいところだ。
 本体は防水7レベルとのことだ。1メートルの水中で30分放置しても浸水がないレベルだという。
 やってきた本体を見てみると、中央にゴム部分があり、それを利用して防水としているらしい。
 アンテナ端子や電源コネクタにはゴムキャップがついているが、アメリカ的おおらかさでもって、きっちり防水できるのかあやしい感じだ。
 それでも、雨が液晶部分から内部に入ったら壊れてしまうMio168RSよりはいいかもしれない。
 電源は単3電池なので、どこででも手に入る。
 ただ、地図データの入っているSDカードは電池の下にあるので、アクセスしづらい。

IMG_0337
本体背面の電池収納部分

IMG_0336
電池をはずすとSDカードにアクセスできる

 関東、関西と九州の地図の入っているSDカードだが、使用量は17MBほど。余りが40MBぐらいだから、これって64MBのSDカードか?

●使うのにマニュアルと首っぴき

 自分としては、ハンディGPS、しかも英語版は初めてだ。Mio168RSのときにはわりとすんなりと使えたが、この「H2O」に関しては、まずは日本語ガイドブックを見て、さらにわからないことは英語版マニュアルを見ている。
 まだ、ボタン操作と階層メニューを把握してないので、うまく使えてない。
 それでも単三乾電池で12時間動くことと液晶画面の見やすさは買ってよかったと思う。
IMG_0342
直射日光の下でも見やすい画面だ

 地名はローマ字表記なんですごいことになっているけどね。
 ということで本格的に使うのはちょっと先ということで、続く(>_<)。



すぐ使える安心パック付き
LOWRANCE iFINDER H2O
関東・関西道路地図プレインストールセット《GPS...

29,400 円
【パソコンGPSショップ】

|

« 6月1日に改正道路交通法施行 | トップページ | LOWRANCE iFINDER H2Oを使う »

コメント

おーっ!
米田さんのフロンティア精神に拍手!(^^)
それにしても、本体思ったよりデカイんですね。
形からeTrexぐらいかと思ってました。
続きに期待してます。

投稿: Danjun | 2008.05.17 07:22

○Danjun さん
 自分も思っていたよりも大きくてびっくり。オモチャみたいなパッケージにもビックリ(笑)。
 でも、画面が大きくてよかった。
 さわっているうちに、なかなか手強い相手に思えてきましたよ(笑)。

投稿: 米田裕 | 2008.05.18 01:35

私も全く同じ感想でした。
買ったお店まで同じで取り説には呆れてしまいました。
感度は仰られているより更に悪いです。
マンションのベランダから衛星が数個しか捕捉出来ませんでした。
作りも雑ですよね。
機能を熟知したら機能の割には安いって事になるんでしょうか。
そう願いたいですね。

投稿: のぶ | 2008.05.23 08:51

○のぶ さん
 初めまして。
 アメリカ製品なんで、雑な作りは予想してました(笑)。
 海図もあるようですから、釣りにはいいんではないでしょうか? でも地図は高いですね。
 自分の位置がわかることがなによりも重要と考えている製品のように思えます。半分正解ですが、地図も充実してほしいものです。

投稿: 米田裕 | 2008.05.24 02:57

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LOWRANCE iFINDER H2Oが届く:

« 6月1日に改正道路交通法施行 | トップページ | LOWRANCE iFINDER H2Oを使う »