« LOWRANCE iFINDER H2Oの総括 | トップページ | 改正道路交通法施行後もなにも変わりなし »

2008.05.31

6月1日改正道路交通法とヘルメット

 いよいよ明日、6月1日より改正道路交通法が施行される。
 自転車に関するものでは、幼児と高齢者の歩道走行が認められることと、幼児と児童のヘルメット着用について保護者の努力が必要になることが改正に含まれている。

 法令文はむずかしい。改正により追加されたヘルメット着用に関する該当箇所は第六十三条の十だが、元本を読んでみよう。
-----------------
(児童又は幼児を保護する責任のある者の遵守事項)
第六十三条の十 児童又は幼児を保護する責任のある者は、児童又は幼児を自転車に乗車させるときは、当該児童又は幼児に乗車用ヘルメットをかぶらせるよう努めなければならない。
-----------------
 児童又は幼児を保護する責任のある者とは誰か? 親はまず問題ないが、親が保護者責任を放棄している場合、幼児、児童が養護施設にいる場合は誰なのか?
 幼稚園、保育園、学校の教員は含まれないのか?
 まずわからなくなってしまう。
 つぎに「遵守」だが、言葉の意味を調べると「規則や法律などにしたがい、それをまもること」とある。
 つまり、この法律は守りなさいということと理解していいのだろう。
 そして、本文内容だが児童は何歳までとは書かれていない。警察庁サイトでも見つけられなかった。
 社団法人自転車普及協会自転車文化センターサイトでは、児童を6歳以上13歳未満とし、幼児を6歳未満と規定している。
 努めるは努力すると同義だろう。そして、努力とは辞書(大辞林)によれば「骨を折って事の実行につとめること」とある。これは本当に骨を折るのではなく、労力を要してと読み取るものだろう。

 となると、13歳未満の者を自転車に乗せるには保護者がヘルメットを着用させるよう労力を要して、事の実行につとめなければならない。ということになる。
 義務ではないから、守らなくてもいいが、その場合の保護者は努力が足りないということになる。
 とはいっても、着用させるにはヘルメットを買わなければならないので金銭的負担もおきる。
 幼児用のものは、スーパーなどでかなり安く(3000円程度)売っているし、自治体によっては補助金の出るところもある。
 では児童の場合はどうなのだろう。
 児童は13歳未満だから、12歳までとなる。12歳は中学1年生となるようだ。この12歳の体格はどのぐらいなのだろう。
 文部科学省の統計発表によると、平成18年度の全国平均身長、体重は男子159.92cm/44.77Kg。女子は152.3cm/43.76Kgになるという。
 これだけの体重があれば、転倒時に頭を打てば、かなりの衝撃が加わることが考えられる。
 自転車事故での死亡は頭を強打することによって起こることが約65パーセントあるとのことだ。
 ではヘルメットとなると、12歳では幼児用では入らない。統計が見つからなかったが、12歳での頭のサイズは55~56cm程度になるとのことだ。

 こうしたサイズのヘルメットはユースサイズか、女性用、または大人用のSかXSサイズとなるだろう。
 そうしたヘルメットは幼児用と違い、かなり高価となる。スーパーの自転車が買えるぐらいの価格のものもあり、ビックリすることだろう。
 では、児童へのヘルメットの購入補助があるかどうかというと、中学生では、学校指定のヘルメット(約1500~1700円程度)の半額を限度に補助をするという自治体をいくつか見つけることができた。
 学校のヘルメットというと、通気口も少なく、暑くて蒸れるだろうし、かっこよくもないので、それでヘルメット嫌いになる子供も多いだろう。
 それに、樹脂製のものが多いので、発砲スチロールのヘルメットと違い、衝撃はかなり頭へ伝わるのではないだろうか?


OGK
通学用ヘルメット

2,919 円
【自転車のトライ】
これは暑いだろうし蒸れそう

 かといって、市販のユースヘルメットは約5000~8000円、半額の補助はできないだろうし、800円程度補助してもらっても焼け石に水だ。

 準備がされているかわからないが、明日から、自転車に乗車させるなら保護者による幼児児童へのヘルメット着用の努力が必要となる。もうあと数時間後のことだ。
 義務ではないので、罰則もないが、児童や幼児が自転車で事故にあったときの怪我や死亡が、最大の罰則となることにしてはいけない。

 もうひとつ、歩行者はヘルメットをかぶることはないが、自転車と歩行者の事故でも、歩行者の転倒による頭部強打が死亡原因となることが多いようだ。
 12歳までと70歳以上はどこの歩道でも走れるようになる。前出の12歳児童の体重と自転車の車重をあわせれば60Kg近く、70歳以上の場合は80Kgはいくかもしれない。
 その重さの物が、時速10数Kmで走り、人にぶつかればかなり危険だ。
 歩行者にもヘルメットをなどというばかげた法改正がでないように、法改正施行初日から、警官や民間の交通指導員を数多く配置して、指導に努めてもらいたい。


幼児・児童ヘルメット参考価格


ブリヂストン 
安全で可愛くカッコイイ キッズヘルメット CHKD4551 (XSサイズ)

45~51cm
3,192 円
【自転車のトライ】  

OGK
「J-CULES」
子供用ヘルメット

52~56cm
2,950 円
【PALMY】  

レーザー
JUNIOR

ユニサイズ52-57cm
3,980 円
【ワールドサイクル】
 
MET メット 2008年 クラッカージャック(ジュニア用)(Q007577)
ユニサイズ
52~57cm
6,615 円
【自転車のQBEI 楽天市場支店】 

BELL ベル
2008年モデル ALIBI アリバイ(Q004863)

50~57cm
5,386 円
【自転車のQBEI 楽天市場支店】 

GIRO
YOUTH FLUME

ユニバーサルユース
50-57cm
5,480 円
【ワールドサイクル】  

OGK 
REGAS(リガス) レーシングヘルメット 
Sサイズ

7,875 円
【自転車のトライ】  

OGK
リガス ヘルメット
Sサイズ

7,760 円
【ワールドサイクル】 

|

« LOWRANCE iFINDER H2Oの総括 | トップページ | 改正道路交通法施行後もなにも変わりなし »

コメント

ご無沙汰しています。
子供の命と天秤かけてるように言われるので、ヘルメットやチャイルドシートなどの価格を云々するのはなかなか難しいです
そうは言っても、探せば必要充分な性能ながら安価なモデルはあるものです。
最近、子供用ヘルメットを新調しました。インラインスケート用として販売されているK2のATHENAというモデルです。
先に購入して使っているBELLのAmigoに比べると細部の使い勝手は劣りますが、基本仕様は変わりなく、デザインはまずまず。子供も満足しています。

投稿: 蝉時雨 | 2008.06.13 20:14

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月1日改正道路交通法とヘルメット:

« LOWRANCE iFINDER H2Oの総括 | トップページ | 改正道路交通法施行後もなにも変わりなし »