« MimicGpsでPNDもどき? | トップページ | 弟ができちゃった?! »

2007.08.14

空調ざぶとん付デイパックその後とリカンベントでの空調ざぶとんの効率の考察

 暑い、暑い、暑い~! というぐらいに関東の気温は高い。34度だ35度だ、えーい、もってけ泥棒! おいらはやくざなドラマーだぜ。
 などと暑さで全身汗だらだらな日々が続いている。自転車に乗っているかと問われれば、夕方の買い物時にまわり道をして、 1日10Km弱は走っている。まー、脚は退化していくわなぁ。
 そんなわけで、買った空調ざぶとんだが、最初に付けたマジックテープはあっさりと剥がれてしまった。粘着力というよりも、布にはつかないのだった。
 そこで、現在では安全ピンで留めている。両側5箇所ずつ。ぴったりとバッグの背面と一体化しているぞ。
 こないだは、気温34度、湿度60%で使ったが、まぁ効果はあった。背中がスースーとするね。全身汗だらけだったけど(泣)。

PICT2962
安全ピンで留めたぜよ

 で、コメント欄を読むと、夏場はリカンベントも暑いらしい。背もたれ付の椅子に座っているわけだし、背中には空気が入り込まないからだろう。
 そこで、空調ざぶとんを試してみたらしいが、あまり効果がないとのこと。
 これは、背中への密着度が影響しているのと違うかなぁ?
「空調~」シリーズの特徴は、人間の汗を蒸発させるときに気化熱を奪っていくという理屈の上に成り立っている。
 デイパック側に付けた空調ざぶとんは、背中に密着させないと効果は半減する。なので、ウェストベルトとかを締めて、できるだけ背中に密着させている。
 暑いと全身に汗をかく、もちろん背中にも汗をかく。その汗がシャツを伝わり、空調ざぶとんの布へと浸透していく、そこへファンによる強制的な気流で気化熱を奪い、冷えるという仕組みだ。
 なので、空調ざぶとんのケースとなる布はいつでも取り外して洗濯したい。そのための固定方法が求められるつーことやね。
 さて、わしはリカンベントに乗ってないのでわからないが、背もたれと背中の密着度ってどうなっているのだろう? この密着度が弱いと、間に空調ざぶとんを入れても、それほど効果が出ないように思える。
 空調服のシリーズを見ると、「インナースペーサー」という製品がある。背もたれのついた椅子に座っても気流を確保して涼しいという製品だ。
 もちろん、これは「空調服」を使うという前提の商品だ。
 リカンベントの場合、空調ざぶとんで冷却効果がなければ、インナースペーサーを付けて空調服を着てみるということも考えてみてはどうだろう?
 背中は放熱面としては大きい。そこを熱的にふさいでしまうリカンベントは、夏場は熱中症の危険もあるんと違うやろか? (夏場は全ての運動する者に危険があるけどね)
 あくまでリカンベントには乗ってないので想像になるんだけどね。速度が出るなら、エアインテークをつけて背中へ気流をまわすとか、なんとか涼しくなる方法を見つけて欲しいものだ。その昔、ホンダはF1で空冷エンジンをやろうとして失敗した。自転車のエンジンは人間なんで、どうやって冷やすかだな。


空調ざぶとん涼風 快適な風が入ります
4,980 円
【空調服】 

|

« MimicGpsでPNDもどき? | トップページ | 弟ができちゃった?! »

コメント

はじめまして、ZERO[es]GPS化では参考にさせていただきました

ザブトンについてですが、現在、自動車用のものを自宅作業椅子に使っております。
これにはそもそも背中まで空調が伸びていたんですが、椅子背もたれがバケット状のため
今ひとつ座り心地が悪く、先日切り飛ばしてしまいました

結果は失敗、たいして空気の吹き出しが無かったため、冷却に大きな影響は無いと思っていたのですが
直接の吹きつけよりむしろ背もたれが暖まることによる二次輻射を防いでいてくれていた事が
快適に座るための効果としては大きかったようです

コレを鑑みるに、リカンベントでも最低限『常に乗りたてのドライ感』は得ることができると思います
冷房効果はそう期待できないかもですが、少なくとも背中から炙られる感じは無くなるんじゃないでしょうか

実は以前の職場でザック用スペーサーの試作までは行ったんですが弾性ポンプだけでは効果はもうひとつで…
今、仕事や整備で空調服を堪能してますが、あの時、動力を仕込むまで頑張れていたら今頃は~(笑

それでは、今後とも良質の情報を期待しつつ、失礼いたします

投稿: Geinin | 2007.08.14 08:49

リカンベントはシートにしっかり体重をあずけないと上手く乗れないので、密着度は問題ないと思います。
私の場合、試した環境が悪かったのであまり効果は感じられませんでしたが、他の人リカンベント乗りの方は「効果があった」と言っています。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=526836744&owner_id=907940

通常の空調ざぶとんでは、リカンベントで使うにはやっぱり長さが足りないのがネックですね。
500kカロリーのファンパーツとインナースペーサーを買って、自分でカバーを作るのが一番良いのかなと思います。
ウチにミシンないんでやりたくてもできないんですけど…

背中に気流を回すという方法ですが、実際にやった方がいます。
http://home.att.ne.jp/wind/clocker/kousaku.htm
しかし、最近はハードシェルシートが主流なので、この方法そのまま使えるリカンベントは少ないですね。

投稿: おき@浦和 | 2007.08.14 10:48

○Geinin さん
 仕事で空調服を使っているのですね。ファンと服地が別売りなのはいいですね。身体は大きくなりますし(^_^;)

○おき@浦和 さん
 拝見した定吉さんは、500Kカロリーのファンに換装しているのかな? あとは、シートの形状も関係あるかもしれませんね。ZOXですか? シートに横方向の列がありますが、これが空気の縦方向の流れを邪魔しているかもしれませんね。

 空調ざぶとんを縦に2枚をくっつけて、片方を吸気、片方を排気になるように配線を変えてみるとか。
 男の工作はミシン使わないです(泣)。
 いい報告を待ってますよ。

投稿: 米田裕 | 2007.08.15 01:27

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空調ざぶとん付デイパックその後とリカンベントでの空調ざぶとんの効率の考察:

« MimicGpsでPNDもどき? | トップページ | 弟ができちゃった?! »