« 続報。空調ざぶとん付デイパックの高温多湿時の性能 | トップページ | 空調ざぶとん付デイパックその後とリカンベントでの空調ざぶとんの効率の考察 »

2007.08.01

MimicGpsでPNDもどき?

 最近、とあるサイトからのアクセスが急増し、人気ページランキングの1位が「W-ZERO3[es]でGPX Loggerを使うまでの設定と手順」になることが多い。
 そのリンク元ページはMimicGpsというWEBページだ。
 MimicGpsって何? とリンク元を見てみたら、tkhshrsさん作のフリーソフトで、これが結構面白そうなソフトだった。
「Mimic」というのは模倣とか真似という意味がある。昔「トリオ・ザ・ミミック」というお笑い3人組がいたけど、最近どうしているかね。3人がそれぞれ物真似をして漫才をするというわりと好きなグループだったけど。
 それはさておき「MimicGps」というとGPSもどき、物真似GPSということになろうか?
 MimicGpsは、W-SIMを使って、近場の基地局から大まかな位置を取得、それをGPSID(GPSインターミディエットドライバ)に渡すというソフトだ。
 つまり本体だけで、GPSレシーバーをつながなくても、GPSID対応ソフトで位置表示ができるということだ。
 GPSID対応ソフトにはPocket Mapple Digital V7、V8やimrさんのGPX Loggerなどがある。これらがGPSレシーバーなしで使えるのだ。
 となると、USBホスト機能を持っていない、初代W-ZERO3やWS004SHでもPNDもどきとして使えることになる。
 これは面白い。
SCRN0001
MimicGpsを起動をするときのアラート

SCRN0002
測位中

SCRN0003
PMD v7で使ってみた。ウチの位置ではない

  WILLCOM基地局からW-SIMへ届く電波によって位置を取得するので、大まかな位置しかわからない。GPSのように数メートル単位で正確ではない。ときには数十メートル離れている場所を表示することもある。
 それでもランドマークがあれば、すぐに自分の位置を知ることができる。
 基地局の多い市街地ではおおむね位置がわかるが、基地局のないところではわからない。GPSのように山で使おうとしてはいけないものだ。
 GPX Loggerと組み合わせて自転車での移動ログをとってみたが、かなりなズレがあった。もっと精度のあがるセッティングがあるのか、これぐらいが限度なのかは、今のところわからない。

070801
自転車で移動ログを取ってみた。黄色線がMimicGpsでのログで、赤線が実際に走った道だ

 ともあれ、WS003SH、WS004SHユーザーでも、GPSごっこができる楽しいソフトだ。今後の発展に期待したい。
 

|

« 続報。空調ざぶとん付デイパックの高温多湿時の性能 | トップページ | 空調ざぶとん付デイパックその後とリカンベントでの空調ざぶとんの効率の考察 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MimicGpsでPNDもどき?:

« 続報。空調ざぶとん付デイパックの高温多湿時の性能 | トップページ | 空調ざぶとん付デイパックその後とリカンベントでの空調ざぶとんの効率の考察 »