« GPSデータロガーもブーム? | トップページ | 続報。空調ざぶとん付デイパックの高温多湿時の性能 »

2007.07.22

デイパック背面に強制吸気システムをつけた

 エアストライプシステムに惹かれ、買ってしまったドイターの「クロスバイク」だが、実際には背中が蒸れて暑くなるので使うのをやめてしまった
 自然吸気に頼らない、人工的な吸気システムがあればなぁと思っていたところへ、株式会社空調服より「空調ざぶとん涼風(すずかぜ)」なる商品が発売されたのを知った。
「空調服」とは、ファンによる強制的な気流を内部に作ることにより、気化熱を使って体を冷却する服のことだ。
 夏場の自転車乗りに使えないか、以前に記事にしたことがあるが、自転車が走るときに受ける風の量の方が多いので、効果としてどうかという意見を聞いて買わなかった。
 その株式会社空調服が発売した「空調ざぶとん」は、内部に体重がかかってもつぶれないスーパースペーサーで気流の通り道を確保。単三電池4本で22時間駆動という椅子につけてつかう座布団だ。
 空気が流れるのでおしりはさらさらとして気持ちいいとのこと。

img10343714197
空調服サイトより「空調ざぶとん」

 この商品を見た瞬間に、デイパックの強制冷却に使えないかと思った。値段も4900円、試してみるには手ごろな価格だ。気づいたときには反射的にポチっとしていた。
 7月11日に発売が発表され、7月20日以降に発送開始ということだったが、21日にはウチへやってきた。

PICT2945
やってきた「空調ざぶとん」

 さっそく電池を入れて動かしてみる。お尻の下に敷いてみると、空気がスースーと流れていくのがわかる。ひんやりとする。ちなみに長崎弁ではスースーとすることを「すーすーすー」と言うそうだが……、お呼びでないね。
 銀色と紺色の布が使われているが、銀色の部分は空気を通さないようだ。紺色の布の方を体につけたときだけ涼しく感じる。この紺色の布方向を背中に当たるようにしないといけない。

PICT2946
単三電池4本を装着
PICT2947
バッテリーケースをセット。スイッチで2段階の風量調節ができる

PICT2948
パイルダーオン! じゃない、スイッチオン!

 本格的にきれいに作るには、この「空調ざぶとん」をベースにして、背中に当たる部分を、きちんと形に切り取り、ミシンがけをして作るのがいいのだろうが、気持ちははやる。はたして効果があるのか一刻も早く確かめたい。早く、早くということで、すべて仮止めで作ってみることにした。切ったり縫ったりはなしだ。
 マジックテープを買い込み、四隅にテープをつけ、中央近くにもつけて空調さぶとんを「クロスバイク」の幅に折りたたむ。
「クロスバイク」と空調ざぶとんの両方にマジックテープをつけて、とりあえず固定した。
 ファン部にはバッテリーパックがついて重みがある。排気する布の方向から、ファンは背中についてしまうので、この部分を外側へ折り、「クロスバイク」の底面に安全ピンでくっつけた。
 これで、デイパック「クロスバイク」と背中の間に「空調ざぶとん」がはさまった格好になる。スーパースペーサーが入っているので、どれだけ荷物を入れても気流が流れないことはない。人の体重がかかってもOKなのだ。

PICT2949
マジックテープを四隅につける
PICT2961
クロスバイクの幅に合わせて折りたたむ

PICT2950
クロスバイク背面に仮止めしてみた
PICT2952
紺色の生地の部分しか空気を通さない
PICT2954
ファンとバッテリーを支えるために安全ピンでバッグ底面に固定

 背負ってみるが、「空調ざぶとん」は電池ケースを入れても300グラムほどの重さなので、バッグがずっしりと重くなった感じはしない。

 さて、実際に使ってみよう。22日のウチ付近の気温は約27度ほどだったが、日差しもあり、かなり暑かった。
「クロスバイク」を背負っていると、もやもやと背中が温かくなってくる。このままだとびっしょりと汗をかきそうだ。
 そこで、ファンのスイッチをオン!
 うわー、涼しい、涼しいよー。文明の力だ。科学の力だ。強制吸気だ。ターボだ。と脳内麻薬が出て快感を感じるほどに涼しい。
 気化熱と気流が熱を奪っていくので、わずかに汗をかいた方がめちゃくちゃ涼しく感じる。
 これはいいわー。

PICT2956
驚異的に涼しいのだった

 さらに、最終的に吐き出される風が、首筋に当たるので、またまた涼しく感じる。
 とりあえず仮止めで試してみたが、こんなに効果があるとは想定外だった。
 充電式バッテリーを使えば経済的だし、背中はいつも冷え冷えだ。これで夏場の汗びっしょりの背中ともおさらばだ。
 きちんと加工して、デイパックと一体化させてしまえば、持ち運んでも違和感はないだろう。工作が得意で、ミシン掛けが得意か、してくれる人がいるなら、ぜひとも試していただきたい!

【補足】
 より背中に密着させる方が効果が大きい。ウェストベルトなどを締めて、できるだけ背中にぴったりとつけたい。いまどきの若者風にルーズに背負っていると冷却効果は半減だ。


|

« GPSデータロガーもブーム? | トップページ | 続報。空調ざぶとん付デイパックの高温多湿時の性能 »

コメント

おーこれはすごい!
自分は自転車で走る時に強制的に風を背中に入れるという事を考えてまだ実行出来ていませんが、これなら歩いていても大丈夫ですね。
WEBで公開する案にしたら勿体ない。
株式会社空調服さんに提案してインセンティブ契約をしましょうよ。

投稿: Danjun | 2007.07.23 06:28

メカニカルに改造したところが米田さんらしいですね~!
自分用にカスタムすることがいい製品を生み出す第一歩だもんね。
こうなったらタイアップなりインセンティブなりどんな方法でも製品化して欲しいです。

投稿: Ez | 2007.07.23 15:48

すばらしいアイデアですね。
空調服はしっていましたが、空調座布団があるとは知りませんでした。
自作素材としては十分なパフォーマンスで、仮止めでも十分実用的なところがGoodです。

投稿: うめ吉 | 2007.07.23 21:33

○Danjun さん
 背負ってファンをまわしているだけで涼しいス(笑)。ネットで輪行コロとかリクセンクイックとか、いろいろとみなさんがアイデアを公開していて、それをもとに改良が進みますから、ネットで公開しました。いろいろなアイデアを公開してくれた先人たちに申し訳ないですし、いろんな人に改良をしてもらいたいですね。

○Ez さん
 すでに空調ざぶとん自体が製品としてあり、それをつけているだけですから、誰にでもできます。あとは見た目のカッコよさと洗濯に備えて、取り外し用の加工だけですね。Ezさん、ミシン使えますか?(笑)

○うめ吉 さん
 空調ざぶとんは、この11日に発表になった新製品です。期間限定品だとか。
 バッグには、仮止めですが、このままでも結構使えます。

投稿: 米田裕 | 2007.07.23 22:53

>脳内麻薬が出て快感を感じるほどに涼しい。
おめでとうございます^^

先日ハンズでソーラーパワーつきメッセンジャーバッグ見ました。
連動すればさらにエコ^^

投稿: ayako | 2007.07.24 06:21

お久しぶりです。
拍手拍手!!!
思いついたらすぐに実行!
流石です。

投稿: nori−コロ | 2007.07.24 10:14

これいいですね!
リカンベント乗りの汗対策の決定版になるかも!
と思いひとつ買ってしまいました。
今日届いたので、日曜日にでも試してみます。

投稿: おき@浦和 | 2007.07.25 16:08

あー、これ見返せば見返す程欲しくなっちゃうなぁ。
それにしても米田さんは見返せば見返す程でっかいなぁ。(^^;

投稿: Danjun | 2007.07.25 23:15

はじめまして。
空調座布団のすばらしい活用法だと思います。
空調服さんでも、空調リュックを開発中との事ですが、
座布団の流用でもいけるんですねぇ・・・すごいや。

投稿: にろ | 2007.07.26 00:35

○ayako さん
 ソーラーパワーのメッセンジャーバッグは、その電力を何に使うんですか?
 電飾? または暴漢よけの電気うなぎ化とか(笑)

○nori-コロさん
 思いついたら、すぐにやってみないと気分悪いですよね(笑)。ネット時代、商品開発の時間もきびしくなりますねぇ。

○おき@浦和 さん
 あ、リカンベントも夏場は背中が暑いですか。これは盲点でした。
 空調座布団1枚で足りますか?

○Danjun さん
 ミシンが使えるんだから、もっと完成度の高いものを作ってくださいよ(笑)。
 全長43センチのバッグが小さく見えるので、我ながら驚いてます(笑)。

○にろ さん
 はじめまして。
>空調服さんでも、空調リュックを開発中との事ですが、
 どこで聞いたのですか? ネットではそういう情報が集められなくて。
 ちゃんとした空調リュックで、自転車乗りにも使いやすい製品が出てくるなら大歓迎です。加工をともなうと、なかなか面倒ですからね。
 貴重な情報ありがとうございます。

投稿: 米田裕 | 2007.07.26 02:33

>どこで聞いたのですか?
2年ほど前の取材記事です。
ただ、空調服さんに伺うと
2年ほど前にリュックの構想はあったが、
優先順位の関係でベッド、ざぶとんの後
との事でした。

生理空調システムは応用範囲が広く、
いろんなことに活用できるのですが、
いかんせん、株式会社空調服さんは
さほど大きな会社ではありませんし、
生理空調のノウハウは持っていても
バッグやふとんのノウハウをお持ちな
わけではないので、単独ですべて開発
とは、なかなか行かないのでしょう。

多方面からアイデアの持込や提携話が
あるとの事ですが・・・。

どこか、空調服さんに協力を申し出るような
かばんやさんがあると製品かも早まるかも
しれません。

ではでは。

#大変良いアイデアに思えましたので、mixiの
空調服コミュに紹介させていただきました。
事後で申し訳ありません。

投稿: にろ | 2007.07.26 17:40

> あ、リカンベントも夏場は背中が暑いですか。これは盲点でした。

常に背中とシートが密着しているので暑いです。
たまに背中を浮かせ、袖口から空気を取り入れる
といった行動をしています。

> 空調座布団1枚で足りますか?

一枚ではちょっと長さが足りないかもしれません。
あと、ファンの位置を首の方にしなくてはいけないので、
髪の長い人はNGかも。
実験したら報告します。

投稿: おき@浦和 | 2007.07.26 23:16

○にろ さん
 なるほど。最初から展開を考えていたけど、手が回らないということですね。
 デイパックやリュックは種類も多く、それぞれのメーカーに固定客がいると思うので、汎用性のある空調パッドにした方が簡単そうですね。
 バッグへどうやって取り付けるか? という問題だけで、基本は空調ざぶとんですから。バッグメーカーと提携しなくていい分、勝手に作れそうです。
 いくつかの解決策は思いついてますが、縫製とミシンが苦手なもので(笑)。


○おき@浦和 さん
 リカンベントも夏場は苦労するわけですね。こーなったら、空調ざぶとん2枚でいっちゃいましょう(笑)。
 実験報告楽しみにしています。

投稿: 米田裕 | 2007.07.26 23:38

 にろさんから、紹介されて訪れました。

 こういう工夫は大好きです、ちなみに、工作も、縫製も大好きなので、私もいろいろつくってみますね。

投稿: ぷりちょいす | 2007.08.04 19:46

○ぷりちょいす さん
 縫製が得意とのことでうらやましいです。どんな加工をされるか楽しみにしてます。

投稿: 米田裕 | 2007.08.05 14:31

 いつも楽しく拝見させて頂いております(^_^)。
 この座布団はいいですねえ! 私もリカンベント乗りなもので、夏場はシートに人工芝を敷いているのですが。私もいっちょ試してみます!
 やっぱり背中用とお尻用が欲しいんだけど、二枚はちょっと高いなあ…(^_^;)。

投稿: しろう@大阪 | 2007.08.08 12:52

○しろう@大阪 さん
> 夏場はシートに人工芝を敷いているのですが。
 背中痛くなりませんか? 
 リカンベントだと、空調ざぶとんではあまり効果がないかもしれません。空調シリーズは気化熱を風で移動させるため、身体に密着させるほど効果がありますが、リカンベントのシートと背中はそんなに密着しないように思えます。そこへ空調ざぶとんを挟むわけですから、どうでしょうね?

投稿: 米田裕 | 2007.08.09 13:57

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/15849582

この記事へのトラックバック一覧です: デイパック背面に強制吸気システムをつけた:

« GPSデータロガーもブーム? | トップページ | 続報。空調ざぶとん付デイパックの高温多湿時の性能 »