« Google Maps Windows Mobile版をW-ZERO3esで使う | トップページ | ナイトライダーのライト »

2007.02.23

世の中進歩していくのね

 自転車の世界は、価格が激変したり、性能が激変したりすることは少ないが、電子機器の世界は別だ。
 しばらくチェックをしてないと、いろいろな変動がある。ここは、GPSなんかの電子機器類の情報も流しているのだが、外部バッテリーやSD、ミニSDメモリなんてのは、過去の記事より価格や製品が激変してきている。
 
 外部バッテリーの日本トラストテクノロジー「MyBattery」シリーズだが、「MyBattery Pro n」「MyBattery Expert n」と新製品になっていた。この2、3月発売だ。
 出力仕様だが
------------------------------
MyBattery Pro n
【出力電圧】  【容量】
DC7.2V    4,400mAh
DC6V     4,800mAh
DC5V     5,800mAh

MyBattery Expert n
  【容量】
DC7.2V    8,800mAh
DC6V     9,600mAh
DC5V     11,600mAh
--------------------------------
 となっている。5Vで使うMioシリーズやW-ZERO3では、かなりな大容量の外付けバッテリーとなる。
 3Wや4WLEDライトの外部バッテリーにも使えるのと違うかなぁ?(責任もてないので、独り言として聞いてねん)。

 SDカードやミニSDも、昨年よりかなり安くなってきている。昨年は1GBの容量で4000円台だったと思うが、いまや1GBで1400円。2GBで2000円台半ばだ。昨年メモリを買った者としては、ぎょえーと驚愕しガックリとする。
 1GBのミニSDはあるけど、2GBも買ってしまおうかと思う。使える機器は少ないので、メモリが余ってもったいなくなるのだが。この価格の激変、しかも安い方へ動くのは半導体関係の宿命だろうね。
 大昔は、パソコン用に16MBのメモリに7万円を出して買った記憶がある。その後、32MBが4万円ということで安いと4枚ほど買った。
 そんな時代から考えれば、いまのメモリは安いが、より多くのメモリを必要とする時代だ。パソコンでは1GBのメモリが快適に使う最低限の容量となった(^_^;)。
 携帯電話、PDAのたぐいでもストレージ用に2GBはメモリが欲しい。
 わずか10年前、メモリチップでのCDの代替は無理ではないかと思っていたが、いまや楽勝だ。1970年代のマンガではチップでの音楽提供を描いているけど、「うそでー」と思っていた。
 この先、魔法が実現すると言われても、信じていた方がよさそうだ。「よく発達した科学は魔法と変わらない」とアーサー・C・クラークも言っていることだしね。

|

« Google Maps Windows Mobile版をW-ZERO3esで使う | トップページ | ナイトライダーのライト »

コメント

本当ですね。今は昔...
Win95が一番好きだったEzでした。
だって32MBもメモリがあれば軽い軽い!サクサクでしたもんね~(笑)

投稿: Ez | 2007.02.23 01:52

>16MBのメモリに7万円
すごい^^
今デジカメに256MBを入れてるんですが、しょっちゅう容量が足りなくなるのでその都度画像を消してます(ちゃんとPCに移してるか時々不安なときもあり^^;)
そろそろ大容量のSDカード私でも買えそうですね^^

投稿: ayako | 2007.02.23 10:49

○Ezさん
 DOSなら640KBでっせー(笑)。うちのWin95マシン、最大の32MBにしてますが、最近のWEBは重たすぎです。

○ayakoさん
 ヨドバシとかだと安くないのでご注意を。1GBが1400円ぐらいなのは通販価格です。

投稿: 米田裕 | 2007.02.24 00:02

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世の中進歩していくのね:

« Google Maps Windows Mobile版をW-ZERO3esで使う | トップページ | ナイトライダーのライト »