« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.02.28

さようなら、ドイツ本国のFrog

 ついにこの日が来たかと、しょんぼりとした気分だ。リーズ&ミューラー社の2007年度ドイツ版カタログ(8MBあるので注意)とWEBサイトからFrogが消えていた。
 つまり、本家ドイツではFrogという自転車はなくなってしまったわけだ。

rm2007
カタログをめくってみると……

 現在のラインナップは「Avenue」「Birdy」「Culture」「Delite」「Homage」「Intercontinental」の6車種。
 リーズ&ミューラー社はアルファベット順に車種名をつけてきたので、E、F、G分がなくなったことになる。なくなった車種は「Equinox」「Frog」「Gemini」だ。やっぱり売れなかったんだろうね。
 広い家に住み、電車へもそのまま自転車を載せられるかの国の人には、まったくアピールしない自転車だったのかね。
 2007年モデルのFrogは日本とアジアにしかないのと違うだろうか? 日本やアジアでのBirdy等の販売権は製作しているパシフィック社が持っているので、本家ドイツではなくなったFrogが日本では売られているのだ。

CIMG0011
ウサギ小屋に住んでいる日本人用に開発したとR&M社はいう

CIMG0030
BD-1よりデザイン的に好きだったんだよなぁ

 2008年も日本でFrogが売られるかどうかはわからない。欲しい人は早めに買っておいた方がいいだろう。
 フレーム破損時のスペアパーツは、まだあると思うが、いつまであるか不安ではある。そのうち、大事に飾っておく自転車になってしまいそうだ。
 さびしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.27

Frog2007のサドルは改善されている

 Frogに乗っているとケツが痛くなる。それは、発売当初から、2006年モデルまではその通りだと思う。なんたって、子供用のサドルがついていたのだから
 しかし、2007年モデルでは改善されているはずである。VELOのコンフォートサドルが装備されているからだ。それでもケツが痛いのなら、別の問題があると思われる。
 1969年発行の『サイクリング百科』(鳥山新一著 集英社刊)では、サイクリングで「お尻が痛くなる」のは、自転車の調整不足か正しい乗り方を知らないとバッサリと切り捨てている。「そんなー」と思ったが小学生だった私はすぐに洗脳された。
 その記事では、自転車のサドルは、馬における鞍であり、けっして椅子ではないと結んでいる。
 つまりはサドルに体重をのせて走るのは「ケツが痛く」なるぜと書いているのである。
 自分も自転車に乗っていてお尻が痛くなったときに、自転車のせいにしないように考えた。
 それなら、どーするのかということだが、サドルは身体が左右に振れないように支えるもので、体重をかけるものではない。サドル高、前後位置、ペダル、ハンドルとの関係などで、体重は分散させるものとしている。
 サドルにドカっと座るタイプだと、必ずケツは痛くなる。
 走っているときには自転車全体に体重を分散させるべきとのこと。となると、自転車の各部を綿密に調整しないといけない。
 また、乗り方もある。段差があれぱ、腰を浮かし、ペダルに体重をかける。
 普段はサドルとハンドルに体重を分散させる。そのための調整が必要だ。
 アップライトハンドルはサドル高よりハンドルを5センチほど高くするのがいいと言われているが、フラットバーであれば、同じ高さでいいと思う。これはドロップハンドルの上端を持つ場合、ドロップハンドル上端はサドルと同一の高さというのといっしょだ。
 わがFrogも、買ったときから、そのようなハンドルとサドルの位置関係で乗ってきている。

031228
買ってきた翌日。着いていたのは子供用サドルだった。

Pict0603
すぐにルイガノLGSサドルに替えた


041228
買ってから8ヶ月。サドルは190グラムのウィザード製に

051228
2年後。すでにセラSMPのコンフォートモデルに

061228
3年後。サドルはいまのとこ満足している。

 最初のサドルは子供用だったので、ケツが痛くなったが、大人用のサドルに替えてからは体重を分散させていれば、それほど痛くなることもない。
 市街地なら、信号待ちなどでは積極的に地面に足をつけてサドルから降りてしまう。
 こうした乗り方をしていれば、ケツがさほど痛くはならないはずだ。
 Frogも2007年モデルからは、まともそうなサドルに変更されている。それで走ってみて不満なら、サドルを替えてみるべきだろう。
 カタログで見るかぎり、それほど悪いサドルには見えない。
(お尻に合わないということは別問題ね)
 私がサドルを替えたのは、お尻の病気をしたからだ。普通に家で座る椅子もクッションをつけて接地面? を変えているのである。そこんとこを誤解しないようにね。



SELLE SMP strike TRK MAN
4,850 円
【ワールドサイクル】 

SELLE SMP strike TRK LADY
4,850 円
【ワールドサイクル】 

  

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007.02.24

ナイトライダーのライト

 ナイトライダーと言われれば、われわれおっさん世代では、しゃべる自動車で悪と戦うドラマのテレビ番組と思ってしまうが、アメリカでは警察でも使う、ダイビング用に信頼のある防水ライトということになるらしい。
 そのナイトライダーの自転車用ライトが日本でもボチボチと売られるようになったが、びっくりするのはその価格だ。
 LEDを使った3000円台のものから、もっとも高いものはHIDの9万円台と「高級自転車買えるやん」という価格だ。
 ダイビング用でも有名なので、50m防水といった製品から、電池ケースセパレート型でも、しっかりと防水仕様らしい。
 高いものは激しく明るいのだろうか? 気にはなるけどね。そこまでの価格のものはなかなか買えない。そりゃ無理というものデス。

 でもまー、わしのようなビンボー人に手が届くのはクロップスのNR-X25ぐらいだね。3WLEDで、単三電池が使えるのでコストパフォーマンスはよいし、発表時は品薄で値引きもなかったが、最近では製品も出回り、価格もこなれてきたみたいだし。
 キャットアイの新製品HL-EL520も出たけど、1WLEDなんだよね。レンズ形状が変わって明るくなったとはいうけど。がんばってほしいなぁ。



Nite Rider
[コミューターライトシリーズ]
ULTRAFAZER 3.0

3,020 円
【ワールドサイクル】  

Nite Rider
[コミューターライトシリーズ]
ULTRAFAZER 5.0

3,780 円
【ワールドサイクル】 

Nite Rider
[コミューターライトシリーズ]
ULTRAFAZER MAX

6,230 円
【ワールドサイクル】  

Nite Rider
[ハイパフォーマンスライトシリーズ]
ROAD RAT

11,340 円
【ワールドサイクル】

Nite Rider
[ハイパフォーマンスライトシリーズ]
MINEWT LED

20,790 円
【ワールドサイクル】 

Nite Rider
[ハイパフォーマンスライトシリーズ]
MINEWT LED DUAL

28,350 円
【ワールドサイクル】  

Nite Rider
[ハイパフォーマンスライトシリーズ]
FLIGHT

75,600 円
【ワールドサイクル】  

Nite Rider
[ハイパフォーマンスライトシリーズ]
MOAB

92,610 円
【ワールドサイクル】 

キャットアイ
HL-EL520 ヘッドライト

3,960 円
【ワールドサイクル】
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.23

世の中進歩していくのね

 自転車の世界は、価格が激変したり、性能が激変したりすることは少ないが、電子機器の世界は別だ。
 しばらくチェックをしてないと、いろいろな変動がある。ここは、GPSなんかの電子機器類の情報も流しているのだが、外部バッテリーやSD、ミニSDメモリなんてのは、過去の記事より価格や製品が激変してきている。
 
 外部バッテリーの日本トラストテクノロジー「MyBattery」シリーズだが、「MyBattery Pro n」「MyBattery Expert n」と新製品になっていた。この2、3月発売だ。
 出力仕様だが
------------------------------
MyBattery Pro n
【出力電圧】  【容量】
DC7.2V    4,400mAh
DC6V     4,800mAh
DC5V     5,800mAh

MyBattery Expert n
  【容量】
DC7.2V    8,800mAh
DC6V     9,600mAh
DC5V     11,600mAh
--------------------------------
 となっている。5Vで使うMioシリーズやW-ZERO3では、かなりな大容量の外付けバッテリーとなる。
 3Wや4WLEDライトの外部バッテリーにも使えるのと違うかなぁ?(責任もてないので、独り言として聞いてねん)。

 SDカードやミニSDも、昨年よりかなり安くなってきている。昨年は1GBの容量で4000円台だったと思うが、いまや1GBで1400円。2GBで2000円台半ばだ。昨年メモリを買った者としては、ぎょえーと驚愕しガックリとする。
 1GBのミニSDはあるけど、2GBも買ってしまおうかと思う。使える機器は少ないので、メモリが余ってもったいなくなるのだが。この価格の激変、しかも安い方へ動くのは半導体関係の宿命だろうね。
 大昔は、パソコン用に16MBのメモリに7万円を出して買った記憶がある。その後、32MBが4万円ということで安いと4枚ほど買った。
 そんな時代から考えれば、いまのメモリは安いが、より多くのメモリを必要とする時代だ。パソコンでは1GBのメモリが快適に使う最低限の容量となった(^_^;)。
 携帯電話、PDAのたぐいでもストレージ用に2GBはメモリが欲しい。
 わずか10年前、メモリチップでのCDの代替は無理ではないかと思っていたが、いまや楽勝だ。1970年代のマンガではチップでの音楽提供を描いているけど、「うそでー」と思っていた。
 この先、魔法が実現すると言われても、信じていた方がよさそうだ。「よく発達した科学は魔法と変わらない」とアーサー・C・クラークも言っていることだしね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.02.10

Google Maps Windows Mobile版をW-ZERO3esで使う

 imrさんの「Mio活用日誌」で知ったGoogle MapsのWindows Mobile版
 PC用のGoogle Mapsとは違い、アプリケーション形式だ。ネットにつないで地図をダウンロードして表示する形式となっている。日本の地図はないが、衛星写真が使える。
 さっそくW-ZERO3esへとインストール。GPSのコメットUSB/3といっしょに使ってみると面白いこと。
 自分のいる位置が白と青の点滅ポイントで示される。

SCRN0003
これが日本だ

SCRN0001
GPSでの位置を表示している

 移動をすると衛星写真も一緒に移動する。
 しかし、ネットへつないだ状態でないと使えないので、W-ZERO3esは通信しまくり状態だ。GPSへの給電もあり、あっという間にバッテリーがなくなってしまった。それでも1時間以上は使っていたと思う。面白いので時間を忘れていたのだ。
 外部バッテリーは必須となるだろうね。

SCRN0002
つねに衛星写真データを受信しているのでバッテリー消耗が激しい

 ただ、地図として使えるかというと、いまのとこ、日本は衛星写真でしか詳細がない。これでは、どこがどこやらわからないのだ。したがって、ナビには使えない。
 楽しいことは楽しいが、早く日本でも地図が使えるようになって欲しいものだ。



4400mAhのバッテリー
W-ZERO3対応

PowerBank slim 2.0(FPS440U)
6,980 円
【ビザビ 楽天市場店】  

USB接続のGPSユニット


【そのまま内税】
SiRF StarIII搭載
コメットUSB/3
(USBインターフェース)
♪SuperMappleDigitalfor...

10,500 円
【パソコンGPSショップ】  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.02.09

青春18切符がこの春8000円!

 貧乏旅行者の友、「青春18切符」だが、この春の分は、JR発足20周年記念とのことで、通常の11500円よりも3500円安い8000円で発売されるとのこと
 発売期間は平成19年 2月20日~平成19年 3月31日で、使用できるのは平成19年 3月 1日~平成19年 4月10日までとなる。
 5枚つづりで、1人で5回、5人で1回使える。1回は始発~終電となる。その時間内なら距離は関係ない。JRすべての路線に乗れるので、北海道から九州への移動もできる(1日じゃ無理かも)。
 普通電車しかのれないが、8000円だと元がとれる感が強い。
 あんまり遠くまでだと、年寄りにはきついので、片道1000円ぐらい(ウチからだと小田原ぐらいね)のとこへ5回往復してもお得な感じだ。
 
 とりあえず買っとけか?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007.02.08

自転車保険その後

 昨日で自転車保険が切れた。これからは自転車で外出するときは、パンツをはかないで外を歩くぐらいスースーと不安な気持ちだ。

 さて、コメント欄に寄せられた保険情報によると、「君の瞳に乾杯」さんによればチューリッヒ生命の「スーパー傷害保険Lite」は交通事故を保障してくれる保険とのこと。オプションで個人賠償がつけられる。最大で5000万円だ。個人タイプで1年7400円程度の保険料となる。しかし、ネットで申し込むと割引があり、5300円程度ですむ。
 1年の保険料だが、3年で考えるとかなりな額にはなる。「ゼネラリ保険」の自転車総合保険で最高ランクでも3年で18000円程度。これで賠償額は倍だ。

「aiz」さんご加入の、損保ジャパン「自転車総合保険」だが、ネットで見る限りメニューにはない。検索してやっと見つかる。ネットじゃ紹介したくないのだろうか?
 そして、契約には代理店か営業所へ尋ねろとのこと。これでは保険料がわからないので検討できない。
 このように、ほとんどの保険会社では、「自転車保険」を商品として持っていながら、その存在を隠しているようだ。うまみがないのだろう。
 保険代理店も、保険契約者の支払う保険料から○パーセントが自分の収入となるシステムだ。3年で8000円の保険料のものだと、仮に10%としても800円しか入らない。それも3年間でだ。
 こんな保険は扱いたくないということになるのだろう。

 保険金の支払い等は、間にたった代理店の人間の働きによるものだと思っている。
 ネットで相手の顔も見ず誰だかわからずに契約したり、見知らぬ代理店へこちらから頼むなんてことで大丈夫なのか、ますます考えてしまうのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.07

自転車保険をどーするよ!

 Frogを買ってから、わりとすぐに自転車総合保険へ入った。自分のケガ対策というより、他人にケガをさせた場合がこわいと思ったためだ。
 入ったのは、日動火災の「自転車総合保険」。
当時から大っぴらではなく、友人の勤めている保険事務所でさがしてもらったものだ。
 死亡保険金2000万、入院日額3000円、通院1500円、賠償責任額2000万円で、3年契約で8180円という保険料のものに契約した。
 幸いにも、この3年で事故もなく、保険金は無駄になったわけだが、まぁ、そういうたぐいのものだ。
 で、この7日で保険が切れるので、また同じ保険に入りたいと友人に連絡を取ると、保険会社が商品の取り扱いをやめてしまったとのこと。どひー!
 さっそく他の商品をさがしてみると、自動車保険は山ほどあるのに、自転車保険はほとんどない。というか皆無に近い。
 時速20Kmで走るものが人にぶつかれば、最悪死亡ということもある。それでなくても骨折などのケガをさせればどうなるかという感覚がないのだろうな。自転車乗りには。
 たとえばオレに自転車でケガをさせたとしよう。右手を使ってイラストを描いているわけだから、右手の骨折や、後遺症の残るケガなんかをさせたら1億円ぐらいは賠償請求ができるのと違うか?
 以前に、女子高生が歩道で介護業務のおばさんに追突、背骨を損傷させて、以後の介護の仕事ができなくなったとして、女子高生に5000万円の賠償金を払えという裁判判決があった。
 自転車だからと、安全に気をつけないとこーなるという判決であろう。なので、いままでの個人賠償2000万円では心もとない。
 で、おいらはビンボー人なので、他人様にケガをさせた場合、スゲー金額を賠償金として請求されると払えないのだ。
 だから、自転車保険に入ろうと思ったのだった。
 その保険がなくなってしまった。
 やっとのことでネットでさがしあてたのは2件。
 ひとつは有限会社F&F福田保険が扱う「自転車総合保険」で引き受け元は「ゼネラリ保険」とのこと。
「ゼネラリ保険」なんて聞いたことないぞと調べると、イタリアに本社があるそうな。日本支社もある。
 自転車大国イタリアならではの保険なのだろうか? 3年契約のみなので、そこそこな保険料となる。

 もひとつ見つけたのは、自転車専用ではないが「モンベル野外活動保険」というもの。あのアウトドアウェア会社のモンベル関連会社で扱っている保険だ。
 トレッキング、ハイキング、サイクリングなど、野外活動中の事故を保障してくれる。
 安いプランからでも個人賠償は1億円とドドーンと大きい。そのかわり、安いのは入院とか通院の保険金はないけど。それらをつけると、うひゃーという保険料となる。

 さて、それぞれのリンク先からプランと保険金を見てもらうとして、どちらにしようかいろいろと迷っているのだ。なにせビンボーなので、保険金は安い方がいい。他人のケガだけが心配と思っていたが、最近は歩道を歩いている歩行者としても、自転車にケガさせられるのでは? と思う場面も少なくない。
 きゃつらは絶対、保険などには入ってないだろうから、ケガをすればこちらが損だ。
 ということで、どちらにしようか、いくらのプランにしようか悩んでいる。
 人にケガをさせることも、自分がケガをすることも。さらには命を運び、命を奪うこともできるのが自転車だと考えていた方がいいジョー!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007.02.05

楽しく乗れない日々続く

 ここんとこ、買い物へ行くとき以外は自転車に乗らなくなってしまった。
 乗っていて楽しくないからだ。楽しくない原因は道路における自転車の現況である。
 歩行者としても、自転車乗りとしても、最近の近所の自転車の無秩序、無責任、ノーモラルさは目に余る。
 赤信号無視、右側走行、無灯火、二人乗りはもちろん、歩道での並走、蛇行運転など、枚挙にいとまがない。
 個人的に注意していたが、あまりの多さにくたびれ果てた。
 さらに、スーパーマーケットまでのルートを変えると、自転車専用道付の道路があるのだが、これが交通法規的にはより難しい走行を求められる。
 自転車専用道のある場合は、自転車はそこ以外を走ってはいかんのだ。車道も歩道も走行禁止である。
 ところが、自転車は歩道も車道も適当に走り、右側でも左側でも関係なく走る。
 さらには自転車道でジョギングをしたり、犬の散歩をさせたりしている者までいるのだから、無秩序もはなはだしい。
 
 こんなことだから、自転車に乗るだけで精神的にまいってしまう。混沌とした自転車群に1人では無力だ。

「僕たちは歩道を走りたくない」と昨年末から大騒ぎしたが、わが川崎市には「歩行者用道路」をサイクリングコースにしているたいへんな道がある
 歩道をロードバイクがビュンビュン走っていることになるのだ。
 これは「いちおう」サイクリングコースとされているので、歩行者にも覚悟があるだろうが、川崎市幸区では歩道を驚異的な速度で走る自転車もいる。
 JRの大規模な操車場があるため、道路は分断され、東西がわずか3本の陸橋でつながっているのがわが幸区だ。この陸橋のために道路は斜面となっている。
 ここの下りを自転車が歩道を走ってくるのだ。歩行者として歩いていて、わずかな距離しかない横をズァーっと走られると恐怖心とともに冷や汗が出る。
 すぐ横の車道には右側走行の自転車がいる。
 これはひどい。

 あまりのひどさに、駅前の交番の警官に取り締まるように言ったり、警察署へ電話をしたが、なにも改善されない。
 
 無力感だけがつのる毎日だ。
 多摩川青少年サイクリングコース(川崎市)へも行きたくなくなってしまったし、自転車に乗る無数の犯罪者(交通違反は自転車の場合、罰則刑ではないので実刑なのだ)と同様に見られることは大いに気になる。考えてしまう。
 
 これから暖かくなると、自転車イベントも増えてくる。それらの大半は「歩道」を走るのだ。みんなが「歩道」を走りたくないとパブリックコメントまで出したのに、なんだか矛盾してないか? それらには「参加」したいのだろうか?
 
 なんだかバカらしい今日この頃である。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »