« 知ってた? | トップページ | PSP-290のGPSコアはSIRF StarIIIだった »

2007.01.20

悲しきGPSレシーバー

 昨年の12月の半ば、PSP用のGPSレシーバーが発売された。「MAPLUS」というソフトと組み合わせるとカーナビになるそうだ。
 PSPは持ってないので「ふーん」と見ていたが、GPSレシーバーの接続端子がミニUSBであることがわかると、ちょっとそわそわとした気分となった。
 ひょっとしたらW-ZERO3esでも使えるかも? などというむちゃくちゃな発想が浮かんだが、どこへ行っても現物を見ることはできなかった。通販でもモノはナシという時期が続いた。クリスマス商戦と年末にぶつかったためらしい。
 現物がないと妄想だけがふくらむ。今年になって通販をチェックしていると、モノはまた出回っていることがわかった。そして、とうとう先日の夜中、思考力の落ちているときにポチっとしてしまった。
 すばやく出荷され、届いてきたPSP用GPSレシーバーだが、ここでソニーの排他的な仕様を思い知ることになった。

 届いたGPSはこぎれいなパッケージに入っている。5000円台と、もしW-ZERO3esで使えたら、かなり安いGPSレシーバーとなる。
 パッケージから出して現物をしげしげと見る。このUSBコネクタの両脇の端子は何だ? いやな予感がした。

PICT2772
やってきたPSP-290 GPSレシーバー

PICT2774
USBコネクタの両脇の端子がくせものだ

 そのままでは形状的にW-ZERO3esのUSB端子へはささらない。どうしたものかと底面を見るとネジがあった。
 このネジをはずすが、底面のパーツははずれない。ツメで組みつけられているようだ。なのでマイナスドライバーをスキマへ入れてこじってみる。バリっという音とともにパーツがはずれた。
PICT2778
底面のネジをはずして分離を試みる

 コネクタと内部のGPSとはフィルム配線で結ばれている。これを切ったらおしまいだ。
 W-ZERO3のUSB端子へさし、232USBを使ってみるが何の反応もない。フィルム配線を見ると、どうやら電源はUSBからではなく、USBコネクタ両脇にある端子からとっているようだ。
 USBって、端子からそのままで電源もとれるので便利なのに、ソニーはその仕様は使いたくなかったらしい。あくまでもPSPのオプション品で、汎用的には使えないようにしているのだ。
 電源をなんとかすれば動くかもと、むき出しのUSBコネクタをW-ZERO3esからはずそうとしたとき、ちょっと手がすべってGPSレシーバー本体がグキっと曲がる形となった。
 やべーと、コネクタ部をしげしげと眺めると、フィルム配線が裂けていた(>_<)。

PICT2779
やってもーた! フィルム配線を切ってしまった

 GPSレシーバーの入っている本体はピッチリと接着されている。破壊しない限り、中のチップも出てこない。
 ここまでくれば後はいっしょとドライバーでこじってみると、あちこちがはずれた。両面テープで固定してあったようだ。

PICT2782
こうなりゃあとはいっしょと分解

PICT2781
どーするのよ、オレ?

 とりあえず分解したものの、今日のところはどうしようもない。これにハンダ付けできるのか、オレ? つーか、どーすりゃいいかね?
 ハッキリしているのは、今のとこゴミを作っただけということだ。ああ、もったいない。

|

« 知ってた? | トップページ | PSP-290のGPSコアはSIRF StarIIIだった »

コメント

う、何かとてつもない悲しさがこみ上げて来た...

投稿: Danjun | 2007.01.20 09:01

あ”~^^;まさに人柱ってこのこと!?
やっちゃったって感じですね。修復できるのでしょうか(汗)
お大事に~

投稿: ayako | 2007.01.20 10:21

○Danjun さん
 おもちゃを買ってもらって、その日のうちに壊した子供の気分です(笑)。
 世の中は悲しいなぁ。

○ayako さん
 W-ZERO3esで使うには直すだけではダメで改造しないといけません。PSP関係の仕様とか、USBのピンアサインとか、いろいろと調べてますが、ソニー製品の壁は厚いです。
 おまけに技術系でも電気系でもないので、誰かくわしい人、なんとかしてというとこですね(笑)。

投稿: 米田裕 | 2007.01.20 15:49

あらら〜。(涙涙涙)
そのケーブルだったら、治せるかも?です。
PowerBook Duoのモニタの同じようなケーブル、
治してました・・・。

投稿: しんちゃん | 2007.01.20 16:14

さらにそれに追い打ちをかけるコメントをさせていただきます ^^;)。

それ以前に、あのGPSはPSP以外では使えないという問題もあるです。買う前に書いてくれれば.......

PSPは、本体の方がUSBスレーブ、オプションの方がUSBホスト扱いになっています。一般のPDAやPCはUSBホストですから、PSP用の周辺機器だとUSBホスト同士になってしまって接続できません。

http://www.itmedia.co.jp/anchordesk/articles/0404/09/news001.html

W-ZERO3[es]はUSBスレーブにもなれますんで、ハード的には接続可能ですが、デバイスドライバをどうやって開発するかという問題が.........

投稿: tosh | 2007.01.20 23:54

○しんちゃん さん
 ケーブル直しても仕方がないことがわかりました(T_T)。

○tosh さん
 えー? 周辺機器をホストにしているって? ソニーはよほど転用されるのがイヤだったんですな。
 W-ZERO3もスレーブだけど、ドライバはきびしーか?

投稿: 米田裕 | 2007.01.21 14:43

> えー? 周辺機器をホストにしているって? ソニーはよほど転用されるのがイヤだったんですな。

というより、PCとかPS3に接続するためにPSPの方をスレーブにしたってだけだと思うけど。W-ZERO3[es]みたいに、ホスト、スレーブ両対応にするのはコスト的に合わなかったんじゃないかな。

投稿: tosh | 2007.01.21 17:56

○tosh さん
 PSP用GPSレシーバーも、USBホスト機能を持たせるためにプロセッサが1つ入っているし、オシレータも別にあるみたい。
 これで5000円台って、他のGPSレシーバーから考えるとメチャ安。コスト的にあってないんじゃないかなぁ。
 それとも、他のGPSレシーバーが高すぎ?

投稿: 米田裕 | 2007.01.21 23:35

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲しきGPSレシーバー:

« 知ってた? | トップページ | PSP-290のGPSコアはSIRF StarIIIだった »