« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.17

MioMap2.0をさわってみた

 この11月1日より「Mio168RS対応MioMap用更新地図データ」が発売されているが、マイタックジャパン社のご好意により、MioMap2.0を評価する機会をあたえていただいた。
 MioMap用更新地図データは、Mio168RSの地図データをMio P350なみにするアップデータである。収録されているゼンリンの地図データは2005年3月版。最新とはいえ約1年半も前の道路情報となる。

●データインストールには時間がかかる

 ActiveSyncを使ってMioMap2.0のシステムにバージョンアップし、地図データは新規に2GBのSDカードに入れることにした。付属のSuperMapple Digital v7(以下SMD7)以外にSMD7 DL版で詳細地図を買ってあるので1GBでは収まらないためだ。
 MioMapとPocket Mappleの地図データの切り出しに、まるまる6時間近くかかった。この時間が面倒な人は、最初からSDカードにデータがインストールしてあるものを買うといいだろう。

 さてMioMapを起動すると、アイコン類が変わり、暖色系の色使いになっている。バージョンは2.00.16Jだった。
 設定画面の6回タップでNMEAボタン表示も健在だ。

MrscapX2
バージョンは2.0016J

MrscapX3
NMEA裏ワザも健在

●新機能の部分だが

 MioMapの新機能として、駅が見やすくなっているという。
--------------------------
★新機能★ 駅/鉄道の所在地をわかりやすく!
街歩きでのランドマークとなる駅を赤色、鉄道路線を緑色の縞模様に変更しました。
--------------------------
 さっそく、鉄道と駅を表示してみるが、駅が赤く表示されるのはかなり拡大率をあげないと赤くは見えない。また、暖色系の地に緑のラインもあまり見やすいとは思えない。

MrscapX1
駅と鉄道は見やすい?

MrscapX0
拡大していくと駅が赤く見えてくるが……


自分としては自転車に乗るときのナビとして使っているので、自動車時のルート設定アルゴリズムが変わっているかはわからない。
 ナビに頼ることはなく、行く方向だけわかれば、途中で道をどんどん替えて走って「ルートを再検索します」と言わせっぱなしの使い方しかしてないので、自転車で使っている分には、いままでと変わりないように思える。

001
近所を走っているかぎりは変わりはない

 家の近所では市町村合併をしたところもないので、地図も変わりがない。いままででも不便は感じない。
 だが、市町村合併をした地域に住んでいる方なら、新しい地図は必要だろう。町の名前までが変わっているので、そうした町を訪ねるときにも新しい地図は欲しいところだ。
 惜しむらくは地図データは2005年3月時点のもの。その後も現在まで、市町村の合併は続いている。そうした土地の地名表記は2005年3月のままなのだね。

 また、実際に走ってみて、GPS捕捉の状態が低く感じられた。現在、コメットUSB/3というSiRF StarIII搭載のGPSセンサーも使っているが、それと比べると、Mio168RSのGPSセンサーは1世代前のものだ。曇りの日では、建物の陰でGPS衛星をうまく捉えてないときがあった。買った当初は高感度だと思っていたが、時代の流れは早いものである。

map
建物に挟まれた狭い道では精度がかなり落ちてしまう

 システムとしてのバージョンアップは実感できなかったが、地図データは欲しい人には欲しいものだろう。できるなら、半年ぐらいで地図データのみ更新してほしい。差分だけの販売とかで、なるべく安い価格で提供してもらいたいものだ。
 日本でのPND(パーソナル・ナビ・デバイス)の先駆者として、マイタックジャパン社には頑張ってもらいたい。



MioMap
更新地図データ
【DVD-ROM】

12,000 円
【PDA工房】 

MioMap
更新地図データ
【DVD-ROM】 + SDカード 1GB
【MioMap2.0+Mapple7インストール済】

17,000 円【PDA工房】   

MioMap
更新地図データ
【DVD-ROM】 + SDカード 2GB
【MioMap2.0+Mapple7インストール済】

19,000 円
【PDA工房】  

Transcend SDカード 2GB
【週末家電11027】

税込 1790 円
【上海問屋】
  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.11.09

コインロッカーに入らなくなったFrog

 Frogを買ったあとの思わぬプレゼントとして、中型コインロッカーに入るというのがあった
 このおかげで、輪行時にトイレへ行くときや、食事に行くときにも、Frogのことを心配せずに用を足したり、ゆっくりとゴハンが食えたりしたのだ。
 アヘッドステム化したときにも、なんとか大型ロッカーには収まった。中型では無理となったが、大型ロッカーがあれば入れておけた。400円のロッカー代が500円になったわけだ。

008
折りたたんだFrogは

009 
大型ロッカーには入っていたのになぁ

 そして、今年の2月にドロップハンドル化した。折りたたみ方を工夫して、なんとか輪行袋には収まるようになったのだが、コインロッカーでは試してなかった。
 先日、コインロッカーに入るか試すことができた。
 結果は惨敗(T_T)。
 大型ロッカーにも入らなくなっていたのだ。ハンドルの幅というか、曲がりのある厚みというか、とにかく、ロッカーの横幅よりもかなり厚くなっていた。
 ハンドルステムを抜けば入るかもしれないが、ステムが抜けるほどのブレーキワイヤー長、シフトワイヤー長がない。
 都市部のトイレだと、車椅子用の「だれでもトイレ」や、子供のおむつ替えスペースのあるトイレがあるが、どこの駅にもあるものではない。これからはトイレに行くときにも苦労しそうだ。せめて、床がびしょびしょに濡れてませんように。
 Frogユーザーの方々、改造はほどほどに。無理のない大きさと機能のバランスを考えましょう(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.02

カエル色のジャージがやってきた

 先日の夜中にポチっとしておいたウィザードのジャージが届いた。冬用である。
 色は、Frogの色に近いが、やや濃いめといったところか。
 さっそく袋から出して確認をする。背中にポケットは3つ。その中央には、さらにジッパー付のポケットがある。
 胸ポケットのあるのはありがたい。自転車ジャージは胸ポケットのないものが多く、つい、普通の服のくせで、胸ポケットに物をしまおうとして不便な思いをするのだった。これならデジカメや携帯電話をしまっておける。

PICT2660
こんなパッケージで届いた

PICT2662
ちょっと緑が濃いかもね

PICT2663
背中のポケットは3つ

PICT2664
中央のポケットの上にはジッパー付のポケットがある

PICT2665
胸部分にもジッパー付ポケットがある

 XLということで着てみたが、細めな作りだ。腕の長さはパールイズミの3Lと同じぐらいだが、胴体はパールイズミの3Lより細身である。
 冬用ということもあり、肌着の上に着てみても寒さは感じない。ウラは白い布で、2重になっているので、きっと暖かいのだろう。

PICT2666
裏地があって暖かい

PICT2667
ロゴは光を反射する

PICT2669
Frogの色とかなり近いでしょ?(笑)


 カエル色が珍しいのでポチっとしてみたが、6色あるし、サイクルウェアとしては安い部類になる。ユニクロのウェアがサイクル用になると代替しているなら、こっちは2倍~2.5倍ほどの価格だが、自転車に乗ることを前提としたウェアだ。
 まぁ、悪くないと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.11.01

MioMap2.0 for Mio168RSと更新地図データが発売

 本日より、Mio168RS対応のMioMap用更新地図データとMioMap Ver.2.0、Super Mapple Digital Ver.7 for Mioの入ったバージョンアップDVDが発売となった。
 地図データは2005年3月版のゼンリン全国道路地図だという。
 DVD以外にも最初からソフト類と地図データのインストールされているSDカードも発売されるという。

miomap2
やっとMio C310/350なみにMio168RSも進化する

 価格はニュースリリースには書いてないが、PDA工房のサイトを見ると

MioMap 更新地図データ【DVD-ROM】11,429円 (税込 12,000円)

MioMap 更新地図データ【DVD-ROM】インストール済 SD2GB 18,096円 (税込 19,000円)

MioMap 更新地図データ【DVD-ROM】インストール済 SD1GB 16,161円 (税込 17,000円)

 となっている。
 Mio168RSでは初となるメジャーバージョンアップなので、やはりある程度の金額を予想していたが、少し高いかなと感じる。
 データもDVDしか用意されないようなので、DVDドライブを持ってない(いまや少数派?)となると、ブレインストールSDを買うしかない。
 機能的にも、それほどの変化はなさそうだ。欲しかった電池残量表示もないし、地図表示時の速度表示もない。アイコン類がきれいになり、配色が暖色系になり、Mio P350のソフトなみになったというぐらいか。

 都内や近所で使っている限り、地図が古くて困ったことはない。つい最近、Super Mapple Digital Ver.7も買っちゃったしなぁ。
 ここんとこ、いろいろと散財してしまったので、MioMap2.0の値段に、ちょっと悩むとこである。
------------------------------------------------

MioMap 更新地図データ
【DVD-ROM】

12,000 円
【PDA工房】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »