« Frog2007年モデルのフレームは3色 | トップページ | R&M社のバッグが発売になる »

2006.09.30

W-ZERO3[es]でGPX Loggerを使うまでの設定と手順

 W-ZERO3[es]でGPX Loggerを使うまでのエントリが数日に分けて書いてあるのでわかりづらいかもしれない。なので、もういちどまとめておこう。
 簡単にまとめると、以下の手順が必要となる。どれかを省いてもGPX Loggerは動かない。

・232USB.dllを使うことでUSB接続のGPSがCOMポートに割り当てられている。
・HKEY_LOCAL_MACHINE\ControlPanel\GPS SettingsのレジストリでHIDEやRedirectキーを削除してコントロールパネルにGPSが表示されている。
・そのGPS設定で「GPSを自動的に管理する」にチェックが入っている。ハードウェアポートが232usbで割り当てられたポートになっている。
・HKEY_LOCAL_MACHINE\Drivers\BuiltIn\GPSIDにDllキーをつくり、値をgpsid.dllとする。

必要なツール類(必ず入手しておこう)
----------------------
232usb - RS232 USB Serial Driver
http://www.softclub.jp/zoro/ce/
作者:ぞろよし氏
分類:フリーウェア
---------------------------
TRE Pocket PC (version 0.90)
作者:TascalSoft氏
分類:フリーウェア
http://www2r.biglobe.ne.jp/~tascal/index.htm

PocketPC用のレジストリエディタ。W-ZERO3[es]ではARM用を使用
---------------------------
GPX Logger
作者:imr 氏
分類:フリーウェア
動作OS:Windows Mobile5.0

http://etrexer.web.infoseek.co.jp/programs/gpxlogger.html
-------------------------------

まずは下準備

 最初に、どのポートへGPSが割り振られたのかを調べるために、コメットUSB/3のドライバCD内にある「GPSinfo」を事前にW-ZERO3[es]へインストールしておく。

 つぎに232usbドライバをインストールする。
 232usbを解凍すると、232usb.dllと232usb.exeの入ったフォルダができる。
 ActiveSyncでPCとW-ZERO3[es]を接続し、232usb.dllはW-ZERO3[es]のWindowsフォルダへ入れ、232usb.exeは本体でもminiSDカードでもいいので、適当な場所へおいておく。
 W-ZERO3[es]のファイルエクスプローラで232usb.exeを起動し、「New」ボタンをクリックしておく。
 ここでUSBホストケーブルを使い、コメットUSB/3を接続する。しばらくすると、自動的に接続設定が完了し、ドライバが組み込まれる。そうしたら、いちどUSBケーブルを抜き、再度接続する。

※USBホストケーブルにはうまく動かないものもあるとのことなので注意。

es005
232usb.exeでコメットUSB/3を使えるようになる

 GPSinfoを起動し、ポートのポップアップメニューを調べると「RS232_USB」と名前のついたCOMポートが見つかるはずだ。今回はCOM3に割り振られていた。
「StartGPS」をタップすると文字列がずらずらと表示される。これがNMEAデータそのものである。
 衛星測位画面で衛星の補足状況を見ると、室内にもかかわらず、6つと実用になるレベルで補足していた。

SCRN0002
GPSinfoで割り振られたCOMポートをさがす

SCRN0001
衛星を捉えた。バッチリ使える


WM5のGPS管理機能をアクティプにする

 おつぎはGPX Loggerを使う準備だ。GPX LoggerはポートからGPS情報を得ていない。OSのAPIから取得するソフトだ。
 その機能はWindows Mobile5.0(以下WM5)にもともと備わっているという。しかし、W-ZERO3[es]の設定画面には「GPS」コントロールパネルはない。それは、レジストリによって隠されているためだ。レジストリの変更にはTREを使用する。

 このGPSコントロールパネルを表示するためには、レジストリのHKEY_LOCAL_MACHINE\ControlPanel\GPS Settings以下にある、"Hide"もしくは"Redirect"キーを削除すると表示されるとのことだ
 Redirectキーがあったので削除したところ、GPSコントロールパネルが表示された。

【※レジストリをいじるので自己責任で。壊れても知りません】

GPS0000
隠れていたGPSコントロールパネルが現れた

 このコントロールパネルを開き、プログラムポートと実ポート、OSが自動的にGPSからのデータをプログラムへ受け渡しをする設定をする。これはimr氏のサイトにくわしくあるので、そちらを見てもらいたい。重要なのは「GPS設定」で「GPSを自動的に管理する」にチェックを入れておくことだ。

GPSN0001
GPX Loggerを使う設定

 この後、GPS Intermediate Driver(GPSID)を使えるようにレジストリを変更する。

GPSIDを使えるようにする

1. TREでレジストリを開き、HKEY_LOCAL_MACHINE\Drivers\BuiltIn\GPSIDをさがす。

2.「新規」から「文字列」を選択しキーを作成する。値としてDll、値のデータとしてGPSID.dllと書いておく。

SCRN0005
新しく文字列キーを作る

SCRN0006
値をDllとしてデータとしてGPSID.dllとタイプする

SCRN0007
GPSIDにDllキーができている

3. その後、リセットキーを押して再起動をすると、GPS Intermediate Driverが使えるようになる。

PICT2595
リセットをしたら使用可能になっているはずだ

 確認方法として、GPX Loggerが動作しているかどうかやPocket Mapple DigitalのGPSダイアログでシリアルポートの選択欄が消えていればOKだ。 (最新バージョンのPocket Mapple Digitalでは選択欄は消えない。「自動設定」と表示される)

SCRN0004
ポートの選択欄が消えている

 これで、GPX LoggerやWM5のGPSIDに対応したソフトが使えるようになる。

動作確認

 ちゃんとNMEAデータが[es]へ流れてきていれば、GPX Loggerを起動し「Start」させれば「記録中!」という表示となる。GPSが衛星を捕捉してなかったり、NMEAデータが[es]へ流れてきてない場合には「待機中」の表示となる。


SCRN0003
GPX Loggerも動いて記録している

GPXログは便利

 街中を自転車で適当にくねくねと走ってログをとってみた。

 W-ZERO3[es]をActiveSyncでつないで、ログができているか見ると、ばっちりと「060916_155051[950].gpx」というのができていた。サイズは105KBである。
 一方のMio168RSでのNMEAログは1.2MBほどだった。ほぼ10分の1のサイズだ。

gpx
GPX形式のログができていた


gpx03
NMEA生ログと比べるとこのサイズ

 1時間程度GPSユニットを使っていたが、W-ZERO3[es]のバッテリーインジケーター75%の電池残量となっていた。
 さて、このGPXログは、カシミール3Dでスカっと読める。何も変換することもいらない。
 さらに、日本語化されたGoogle Earthへもドロップするだけで軌跡が表示された。

gpx02
カシミール3Dでそのまま読める

060914-
Google Earthへドロップするだけで軌跡が表示される

 W-ZERO3[es]を持っているのなら、GPSユニット、1GBのミニSDカード、Super Mapple Digital v7をそろえれば、GPSで現在位置がわかる簡易ナビ付地図と、GPS移動ログを取ることが可能となる。
 バックライトを消しておいても、4時間ほどでバッテリーがなくなる。1日外でログをとりたいなら外部バッテリーは必須だろう。

【謝辞】
imr氏、niratama氏の協力がなければ、この方法は実現できなかった。また、必要な各種フリーウェアを作成された方々のご協力に感謝いたします。

----------------------------------------------

【そのまま内税】SiRF StarIII搭載コメットUSB/3(USBインターフェース)♪SuperMappleDigitalVer...
【そのまま内税】
SiRF StarIII搭載
コメットUSB/3
(USBインターフェース)
♪SuperMappleDigital

10,500 円
【パソコンGPSショップ】 
【メール便対応/送料込み】USB mini A変換ケーブル for W-ZERO3[es]
【メール便対応/送料込み】
USB mini A変換ケーブル for W-ZERO3[es]

1,000 円
【ビザビ楽天市場店】 


パソコンソフト 昭文社
【税込】
Super Mapple Digital Ver.8
全国DVD(6/29発売予定)
【でんき04...

11,800 円
【Joshin web 家電とPCの大型専門店】  

スーパーマップル・デジタル Ver.8 
DL版システム

1,890 円
【楽天ダウンロード】
全国各地の地図データはこちらから
各945 円
【楽天ダウンロード】
GPS搭載パーソナルナビ機能付きPocketPCMioP350※お得パッケージ無し※♪3wayライト付き♪
GPS搭載パーソナルナビ機能付き
PocketPCMioP350
※お得パッケージ無し※
♪3wayライト付き♪
【送料無料】

49,800 円
【パソコンGPSショップ】

4400mAhのバッテリー
W-ZERO3対応


PowerBank
slim 2.0(FPS440U)

6,980 円
【ビザビ 楽天市場店】

|

« Frog2007年モデルのフレームは3色 | トップページ | R&M社のバッグが発売になる »

コメント

Mioから新しいナビが出るそうです。
H610だって・・
http://home.businesswire.com/portal/site/google/index.jsp?ndmViewId=news_view&newsId=20060927005252&newsLang=en

投稿: 定吉 | 2006.10.02 17:42

○定吉 さん
 情報をどうもです。Mitacは全世界でPDAを売ってますから、日本へ投入されるかはまだわかりませんね。画面も小さな小型モデルのようですが、どうなりますかね?

投稿: 米田裕 | 2006.10.07 01:46

はじめまして
こちらの記事を起点に、コメットUSB/3とSMDの購入、
ツールのDL、レジストリの設定...と、スムーズに行う事が出来ました。
ありがとうございました。

私は、SiRF StarIIIでは無いガーミンのGPSも持っています。
併用して比較してみたところ、コメットは衛星ロストが少ないですね。
また、再補足が速いので、ロスト後も安心。
「さすがは、SiRF StarIII」という感じです。

投稿: 砂糖 | 2006.11.06 19:16

○砂糖 さん
 無事に動いたようでなによりです。
> 「さすがは、SiRF StarIII」という感じです。
 久々にMio168RSを動かしたら、感度が悪く感じました。街中でなかなか衛星を捕捉してくれないので十字路にしばらく立っているはめになりました。

投稿: 米田裕 | 2006.11.06 22:39

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/12101788

この記事へのトラックバック一覧です: W-ZERO3[es]でGPX Loggerを使うまでの設定と手順:

» [VerUp情報][(Tool)位置情報]GPX Logger For Mio Ver061008 [W-ZERO3 ツールMEMO]
GPSの軌跡データをGPX形式で保存するツール、GPX Logger For MioがVerUpしています。 更新履歴を引用させていただきます。 2006/10/08 SettingsEditorをタブでページを分けた。 settings.xml/SettingsEditorで、記録時の有効PDOP値を指定できるようにした。デフォルトは20。... [続きを読む]

受信: 2006.10.08 22:26

» W-ZERO3[es]でGPS [com★together]
雨の日のドライブ。ETCはもちろん、カーナビさえ付いていない我が愛車。遠出するときはW-ZERO3[es]にGPS( [続きを読む]

受信: 2007.03.24 23:28

« Frog2007年モデルのフレームは3色 | トップページ | R&M社のバッグが発売になる »