« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.28

W-ZERO3[es]のケースを買う

 W-ZERO3[es]を持ち運ぶ場合、ポケットに入れるとはならない、その大きさからカバンの中へ入れることになる。
 その場合、むき出しで入れるのはやはり不安だ。
 純正の収納ケースが付属しているが、袋に入れるタイプなので、使う場合にはケースから出さないといけない。これは少し面倒だなぁと土曜の未明に考えていた次の瞬間、検索してケースをさがし、3秒後にはポチっとしていた。

Pict2568
付属の純正ケース。しまって取り出すのは面倒


 さて、買ったのはPDA工房で販売している「HTT スリムケース for W-ZERO3[es]」という製品。今なら送料がタダで、液晶防護シールがおまけでついてくる。
 夜中だから、その日のうちに在庫確認の返事があり、出荷された。そして、翌日の午後には宅配されてくるのだ。早い。

Pict2565
やってきたHTT スリムケース for W-ZERO3[es]

 ケースは、カメラのレンズ部に穴が開いていて、スライド式キーボード部に皮のバンドで止めておくと、ケースをつけたままで操作ができる。

Pict2570
ケースをつけたまま使えるようになっている

Pict2571
キーボードも使える

Pict2573
電話スタイルのときにはちょっと使いづらくなる


 フタ裏にはminiSDを2枚収納できるポケットがあるが、自分としてはあまり使わないと思うなぁ。
 届いたケースをサクっと装着、液晶防護シールを貼った。
 これで無造作にカバンへ突っ込んでも安心だ。

----------------------------------------
【送料無料!】HTT スリムケース for W-ZERO3[es]
【送料無料!】
HTT スリムケース for W-ZERO3[es]

3,654 円【PDA工房】

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.08.26

W-ZERO3es購入

 ついに、とうとう、待ったあげくに「W-ZERO3es」を購入。
 ウィルコムの代理店である「ウィルコムカウンター大宮」でお盆あけに「即納!」とあったのでポチっとしてみた。
 機種変更で、店頭で待つのがとてもイヤンなのは、過去に織り込み済みだから、通販にしてみたのだ。正規の代理店なので、なにかあっても安心だろうという理由で夜中にポチっとなである。
 auのときの機種変更と違い、WILLCOMは規約がきびしいのか、機種変更依頼書の発送、こちらでの記入、返送して初めて機種が送られてくる。
 土日をはさんだおかげで、たっぷりと6日かかってしまった。
 auのときの2日とはえらい違いだ。
 それでも待っていれば機種は届く。「ウィルコムカウンター大宮」では、誠実に対応してもらったが、それでも機種変更の手続きは面倒だった。
 なんとか注文から6日めの朝には宅配便で届いた。それから充電をする。最初の満充電までは約3.5時間ほどかかる。
 電源を入れてからもプロバイダの接続設定、メール設定、ブラウザの「お気に入り」を移す作業などでどんどん時間をつぶす。
 初日は気がつくと、翌日の午前3時となっていた。
 小さな画面を見続けていたので目が痛い。
 2日めも設定作業を続ける。ベストなセッティングがまだ見つからない。

PICT2530
やってきたぞ「エス」

 皆さんの気になるのはキーボードと画面だろうが、画面の文字は小さい。近眼のため、眼鏡をはずして顔前で見ている分にはいいが、今度は眼鏡をかけて周囲を見るとピントがなかなか合わない。
 眼鏡をかけたままではきびしい文字の大きさだ。
 キーボードは爪先で打てば問題ない。ここらへんはPC110みたいな感じだが、シフトとファンクションとで1つのキーを打ち分けるのは面倒だ。左右対称デザインにこだわらずに、キーをもう少し増やしてもよかったような。

 画面は「京ポン」より確実に広い。かといって、いまのWEBの全体を見渡せるほどは広くない。
 搭載ブラウザのOperaとIEのどちらも、痛し痒しといった表示となる。これはもう、表面は全面液晶で1024×600ぐらいの表示でないといまの時代のWEBを多少なりとも快適に見ることはできないようだ。

 日本での第2世代スマートフォンであるW-ZERO3es、足りないとこもあるが、WEB閲覧端末としての楽しさにあふれている。メールも複数アカウントを一気にチェックできるので便利だ。

 これからはいつでもどこでもWEBにつながる機器の方が重要に思える。そのぶん、パソコンの価値は落ちていくんだろうな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.08.11

W-ZERO3とPocket Mapple Digital Ver7で現在位置表示

 気がつくと、8月もお盆休みの時期となっていた。物流は止まり、民族大移動の季節だ。
 暑さやら台風やらで、何もできない日々が続いていたが、今度はお盆休みで何もできない。なんだか今度の土日は晴れのち雷雨だとかいってるしなぁ。へんな夏だ。

 Mio168シリーズやP350にも同梱されているSuper Mapple Digitalだが、Ver.7のサービスパック1に含まれるPocket Mapple Digitalでは、WILLCOM W-ZERO3とW-ZERO3[es]の位置情報取得に対応したそうだ。
 GPSのかわりにWILLCOMの基地局を使っておおよその位置を特定する仕組みとのこと。
 PHSはだいたい100メートル単位で基地局がある。それらをつかえば、おおよその位置がわかる。その位置情報を地図と連動させて表示させるということらしい。

p-map
昭文社サイトより 位置情報取得設定画面

 ちょっと面白いかもしれない。W-ZERO3やW-ZERO3[es]を持っていれば、Super Mapple Digital Ver.7の追加だけで、現在位置がわかる地図表示ができる。都市部であれば、PHS基地局は密集しているので、ほぼ現在位置がわかりそうだ。
 GPSとは違うので、地方へ行ったり、山へ行くとまったく位置がわからなくなるので要注意であるが。
 W-ZERO3[es]であれば、USBホスト機能があるので、USB接続のGPSユニットがあれば、GPSでの現在位置取得もできそうだ。そのままではドライバー類もないが、フリーウェアでなんとかなるそうである。
 いずれも現物がないので現状では確認できない。そのうち手に入れたら検証してみたい。お盆明けにならないとなにもかもストップ状態だけどね。

-----------------------------------------

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.08.09

大雨と河川敷のサイクリングコース

 各自治体では土地の確保が簡単なためか、自分たちの管理地域だからか、河川の堤防上や、河川敷にサイクリングコースを作っている。
 国土交通省で進めている大規模自転車道の総距離数は、そうしたサイクリングコースによって、だいぶ距離を稼いでいるようだ。
 本来ならば、一般の道路に付設して、都市間の移動に使えるような自転車道が望ましいのだがね。
 さて、すでに台風7号が東海、関東地方にも大雨をもたらした。それほどの被害も出なかったのはなによりだ。
 過去には、多摩川や荒川の河川敷が水没してしまうほどの大雨もあった。京浜河川事務所のライブカメラで見ていても、鶴見川などはかなりあぶない状態にまで水量が増えた。

 台風一過、その日が土日で、晴れたりすると、人々は河川敷へと繰り出す。サイクリングコースは一部が水没したりしている。
 しかし、こんな日に河川敷へ行くことはおすすめしない。
 それは、都市部を流れる川には、下水が流れ込んでいるからだ。多摩川の中流地域もすでにベッドタウン化されて人口も多い。下水処理施設も各市町村にあるが、雨水と下水を分けて川へ流している分流式のところは少ないという。
 下水が早く普及した東京都では現在82%が下水と雨水をいっしょに処理する合流式だ。
 そして、雨水が増えて、処理しきれなくなると、浄水場からの氾濫とならないように処理しない状態で雨水と下水をいっしょに川へ流してしまう。
 大雨後の府中の処理場放出口付近には、トイレットペーパーが白い花のように浮かんでいるとのことだ。
 こうした上流からの下水を含んだ水は、増えた水量では河川敷にまで流れる。河川敷には草も生えているし遊具もある。そうしたものに下水の内容物はからみつくのである。
 大雨後の河川敷はちょっと臭うのだが、あまり気にしないのだろうか?
 サイクリングコースにも水溜りが残り、その水をはねるように自転車は走っていく。最近のスポーツ車はドロヨケがついてなかったりするので、ジャージに泥をはねあげていたりする。
 そうした光景を見ると、下水の仕組みを知らないんだなぁと複雑な気分になる。
 大雨の翌日でも、その日は乾いている草の上にビニールシートを敷いて、ピクニック気分もいいが、おにぎりやサンドイッチを手づかみでそこで食うかと思ってしまう。
 河川敷まで水没するような大雨後には、たとえ晴れてもしばらくは近づきたくないものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.03

小さなペットとサイクリングしたいのなら

 かねてより発売が予告されていたRIXEN&KAUL社のDOGGYが発売になった。猫や犬などの小動物を入れられるバッグだ。

doggydog  doggyfrauvb1
www.klickfix.comより DOGGY

 ベースとなっているのはショッパーだが、リードをつけておけるフックや、レインカバーというか風防もついていて、完全に閉めてしまえば動物が飛び出すこともないそうだ。
 ハンドルバーに取り付けられるので、ペットを見ながらいっしょにサイクリングができる。積載荷重は7Kgまでとklickfixアダプターで固定するので、制限がある。
 ペットにとっては迷惑かもしれないが(笑)、こうしたことがしたい人にとってはとてもほしいアイテムではないだろうか。

doggy01

ショッパーのようにヘナヘナではないとのこと
doggyzu
完全にカバーをかけることができる


 ペットを載せなくても、大容量のバッグとしてちょっといいかもしれない。ショッパーの上部に空間ができ、レインカバーにもなっている。
 シヨッパーはわりとたくさんの荷物が入るので、旅行にどうかと思ったが、中身が丸見えになるのと、雨には弱いのが欠点だった。
 DOGGYなら、荷物は入りそうだし、雨でも大丈夫だ。価格は8500円程度。マッチパックとどっちがいいだろうか。

----------------------------------

RIXEN&KAUL DOGGY ドギー フロントバッグ/ペット乗せ
RIXEN&KAUL
DOGGY ドギー
フロントバッグ/ペット乗せ
8,505 円
【スポークネット店】
 
RIXEN&KAUL KM823 マッチパック リヤバッグ
RIXEN&KAUL
KM823
マッチパック リヤバッグ
7,371 円
【スポークネット店】
 
RIXEN&KAUL KF810 リクセンカウル フロントバッグ取り付けアダプター
RIXEN&KAUL
KF810
リクセンカウル
フロントバッグ取り付けアダプター
1,890 円
【スポークネット店】

 
 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.08.02

MioMap修正プログラムの提供開始

 マイタックジャパンよりMioMapの修正プログラムが提供されていた。
 Mio168RS、P350、C310とそれぞれの修正プログラムがあるようだ。
 MioMap上の一部地域(地点)で中域表示上の道路が標示されないというバグの修正版とのこと。たまたまその地域に住んでないとわからないものだろう。今のところ、道路が表示されなかったことはない。

 対応機種とバージョンのアナウンスは以下のとおり。
----------------------------

Mio168RS用MioMap Ver.1.30.05j以前のバージョン
(Mio168RSユーザ様でMioMap Ver.1.3以前のバージョンをご利用になっている場合は、ご提供バージョンを導入する前にMioMap Ver.1.3にアップデートしてください)。
Mio P350用MioMap Ver.2.00.12j(工場出荷バージョン)
C310のMioMap Ver.2.00.15j(工場出荷バージョン)です。

-------------------------------------
 ダウンロード申請と詳細はサポート掲示板へ。

 修正プログラム申請ページは暗号化もなにもされていないが、電話番号やメールアドレス、製品シリアル番号の入力が必要となる。セキュリティ的には不安だなぁ。

 Mio168RS用MioMapはVer.1.30.05jとなっているが、Ver.1.30.04j以降はアナウンスがなかった。最新の製品に添付されているものだと思うが、以前はバージョンアップ時にアナウンスがあったので、「ん?」てな気分だね。
 以前のようなサポートに疲れてしまったのか? 

【追記】
 申請して数分後、アップデーターのダウンロードURLがメールで送られてきたので落としてインストールしてみた。

Miomap1306

 バージョンは1.30.06Jだった。
 Mio168RSのMioMapはVer2.0にはならないのかねぇ(T_T)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.01

青春18切符には年寄りすぎるか?

 不意打ちのように「梅雨明け」宣言してくれおってからに気象庁め。なんの予定も立ってない。
 輪行を前提にして、前から買ってみたいものがある。JRで期間限定で売っている「青春18切符」だ。
 全国のJR線の普通列車が1回2300円で1日乗り放題となるもので、1人で5回分使ってもいいし、5人のグループで利用ができるというものだ。。
 この夏の発売期間は、平成18年7月1日~平成18年8月31日まで。
 利用期間は、平成18年7月20日~平成18年9月10日となっている。
 梅雨がなかなかあけないので、なにも考えずにモタモタしていたら、もう8月1日ではないか。高原のある土地へ行って、さわやかにサイクリングなんて夢だけどねぇ。
 使用期限はあと40日。
 遠くへ行くための切符と思われているが、関東近郊でも、片道1200円以上なら、切符1枚2300円の方がお得だ。
 この1200円の運賃が微妙だ。ウチのある川崎から小田原へは1110円、これでは往復して元がとれない。
 熱海で1450円、沼津で1890円となる。高崎2210円、大月1450円、小淵沢2940円とここらへんは往復すれば元が取れる。
 しかーしである。青春18切符は5枚つづりでしか売ってない。つまり2300円×5で11500円なのだ。
 問題は、あと40日のあいだに、5回出かけることができるかどうかだ。それができるなら、普通電車にしか乗れないが、この切符を買う価値はあるだろう。
 日本全国、どこまでも行ける夢を買うか、現実的に「おっちゃん」としては楽な旅を考えるか(それには金がかかる)というとこだが、自転車をいっしょに持ち運ぶとなると、行動範囲も制限されるわなぁ。
 日帰りできて、12インチ車輪で楽に走れて楽しい土地ってあるのかねー? もちろん、メシも安くてうまいとこ(笑)。
 そんなとこが関東近郊に5ヶ所あれば青春18切符を買ってみようかと思っていたりするのだ。

【8/1 15時追記】
 梅雨明けなんていいながら天気はよくない日が続くようだ。この1週間の予報でも、関東甲信圏では降水確率も40%~70%の日が大半だ。出かけられるチャンスも少ない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »