« 携帯自転車でないとダメか | トップページ | キャスター付輪行袋で荒川サイクリングへ »

2006.05.20

道路交通法について警察へ電話してみた

 道路交通法では、自転車の酒気帯び運転については罰則がない(第117条の4)。自動車の場合は罰則がある。自転車といえど、速度が出ている場合もあるだろうし、歩行者に比べれば格段に殺傷能力は高い。これをおとがめなしというのは納得がいかない。そこで警察に問い合わせることにした。
 事件、事故でもなく、緊急性もないので110番へかけるものでもない。そこで最寄の警察の相談窓口をネットで調べる。そして神奈川県警の相談窓口へ電話をしてみた。
 何度かかけたがいつも「お話中」である。うきー! 役にたたん。
 そこでお隣の東京都の警視庁へ電話をしてみる。呼び出し音1回の途中で応答がある。こりゃ教育が違うなぁ。
 相談窓口といっても、大代表なので、道路交通法についても質問があると受付嬢へ言うと、法令指導係という部署へ電話をつないでくれた。
 こちらの名前も聞かれないし、相手も名乗らない。相談だとこんなものか?
 さっそく道路交通法の65条と、その罰則の117条について聞いてみる。
 
法令指導係 「酒気帯びの場合、軽車両には罰則はないんですよ」
オレ 「飲酒運転と酒気帯び運転の判断は血中アルコール濃度ですか?」
法令指導係 「見た目です。ふらふらとして走れないのなら飲酒運転」
オレ 「それだと、ビール1杯でふらふらとしてしまい罰則となる人と、ビール1杯ではなんともなく走れる人はおとがめなしになってしまいますね」
法令指導係 「法律ですから。そこに書いてあることを遵守するだけです」
オレ 「なぜ軽車両が除かれたのですか」
法令指導係 「昭和35年制定の古い法律ですからわかりません」
オレ 「おかしいと思いませんか?」
法令指導係 「私たちは法令文に従うだけですから」
オレ 「道路交通法は年々改正されてきてますが、117条について見直しをするつもりはありませんか?」
法令指導係 「法改正については警察庁の仕事ですので、こちらでは対処できません」

 これ以上聞いても無駄なように思えたので、電話を切った。
 それなら警察庁だと、ネットで窓口をさがすが、電話で受け付けてくれる窓口は見つからなかった。
 サイトに「ご意見箱」というメール送信フォームがあったので、文章にまとめた65条と117条の疑問点を送付した。こちらのメールアドレス、名前も書き込んでおいた。なにがしかの返事を期待してのことだ。
 それから2週間経ったが、なんの返事もない。
 その後の調べで、住所、氏名、電話番号が書いてない場合、返事をしなくてもいいらしい。しまったなぁ。氏名とメールアドレスだけしか書かなかった。かといって、HTTPSにもなってないフォームに個人情報を書くのはコワイし。

|

« 携帯自転車でないとダメか | トップページ | キャスター付輪行袋で荒川サイクリングへ »

コメント

検知機をもっていても、アルコール検知機での検査は拒否できますからね。一斉検問時以外での携帯はあまり意味がないのです。あと、測定機器なんかは法的機関の保証がないと証拠能力を持たないし。「だからバイク大好き」という本にも書きましたが、わたしの知人の歯医者は、検問で飲酒検査を拒否して留置されましたが、免許証にはいっさい傷がつかず、数日後にでてきました。かれ曰く「免許がなくなると俺が困るが、俺が診療所にいなくても困るのは患者だけ」だそうです。

米田さん、四輪の免許持ってますか? 教習書で講義を受けると、いろいろ覚えるんですけどね。

自転車の酒気帯びですが、それをすべて送検していたらたいへんなことになるので(反則金制度が適用されないため)、見かけたら、説諭して自転車から降ろし、押し歩きで移動するよう指導するというのが合理的な方法と考えたのでしょう。四輪と違い、自転車は押すことで歩行者になれますから(歩行者は酒気帯びだろうが泥酔だろうが、往来を通行できます)。その場合、警察官の姿が見えなくなったら、また自転車に乗るとは想定しません。法律は、人間は更正するものという性善説を基本としているので。

投稿: 高千穂遙 | 2006.05.20 21:52

訂正。

教習書 → 教習所。(^^;

投稿: 高千穂遙 | 2006.05.20 21:53

○高千穂 さん
 性善説にのっとった法律は、最近のモラル崩壊しているとしか思えない現状を見ると考えさせられますね。

 四輪免許はあいにくとゴールド免許を持ってます(^_^;)。今年更新です。

投稿: 米田裕 | 2006.05.22 14:47

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道路交通法について警察へ電話してみた:

« 携帯自転車でないとダメか | トップページ | キャスター付輪行袋で荒川サイクリングへ »