« 自転車の交通取締りを強化 | トップページ | 天気悪いねー。 »

2006.04.08

輪行袋にキャスターをつけた

 気のむくままに改造を続けているFrogだが、その弊害というか、だいぶ重量が増えてしまった。
 正確には計ってないが、13Kgは超えてしまったと思える。こうなると、輪行時にかつぐのも大変だ。
 少しでも輪行時の負担を減らしたいと考えていたが、輪行時に転がして運ぶとなると、諸先輩方のアイデアがいろいろとある。
 まずは、ジオポタリングのサイダーさんのアイデアで、和田サイクルオリジナルのBD-1用のセキサイダー。リアキャリアとローラー車輪の組み合わせたものだ。
 また、『地図ソフト作者のGPSサイクリング』の茅沼さんのアイデアによる輪行コロがある。リアスイングアームのエラストマー装着ボルト部を使って、そこにアルミや鉄で支柱をたて、ローラーをつけてしまうというものだ。今では多くの方々によって色々なタイプが作られている。
 この両者とも、Bromptonのように、折りたたんだ状態でローラー車輪が地面につき、ころがして移動できるというものだ。

 この場合、輪行袋は上からかぶせるイージーカバーか、袋の底部に穴を開ける必要がある。自転車本体に輪行用のローラー車輪をつけるのでそれを輪行袋から出す必要があるからだ。
 Frogを買ったときに、純正の輪行袋をいっしょに買った。どのサイズの輪行袋が使えるかわからなかったのと、買った日に輪行して持ち帰る必要があったためだ。


純正の輪行袋で初輪行

 純正の輪行袋は、Frogより少し大きめで、内部にスペースができ、そこにヘルメットやリクセンカウルのバギープラスをいっしょに入れておけるので便利だ。そして輪行袋を使わないときはオストリッチのLP-02に入れてシートポストに装着している。


サドルバッグのオストリッチLP-02にはいつも純正輪行袋が入っている

 貧乏性なので、せっかく輪行袋を持っているのだからイージーカバーには買い換えたくない。また、イージーカバーだと肩から下げるときにも工夫がいるし、輪行袋の底面部に穴を開けるのは、強度的にもどうなのかと、なかなか輪行用コロにはふみきれなかった。
 ずっと輪行時の転がし方を考えていたが、輪行袋自体にキャスターをつけてはどうかというアイデアが浮かんだ。実際にキャスター付きの輪行袋もあるが、完全にキャスターだけで支える形式でない方がいいと考えた。
 輪行袋に入れた自転車が、キャスターだけで支えられていると、電車などに乗せた場合に、加速やカーブの遠心力で転がって動いてしまいそうだ。それを防ぐために、手すりにバンドでくくりつけるなど、手間が増える。


こんな風に輪行袋のなかに入っている

 そこで、袋の半分だけキャスターをつけ、普通においておけば、半分は袋自体が接するので摩擦で動かず、キャスターのない方を持ちあげて動くようにすればいいではないか。
 現在のFrogは後輪のインター8のせいで、折りたたんだときにはそちらへ重心が寄っている。その部分にだけキャスターをつければいいのだ。
 これをひらめき、近所のスーパーへ材料を買いに行くことにした。材料といっても、木材板とキャスターとネジだ。板はオストリッチLP-02に入る大きさということで、20センチ×15センチの長さのもの。外部に出すものだから、塗装もすることにしてペイントスプレーも買うことにした。

 板は20センチ×15センチで厚さ1センチが231円、3ミリ厚のベニヤが163円、この2枚。キャスターは車輪径が25ミリで84円。これを4つ買った。あとは4ミリ径で長さ10ミリのネジの50本セット242円を買う。ここまでの材料費はわずか972円。あと、銀色のペイントスプレー缶が714円と単体ではこれがいちばん高かった。合計では1686円だ。


買ってきたキャスター。84円と安いものだ。猫印がイカス(笑)

 さて、買ってはきたものの、アイデアが正しいのか、確認のために両面テープで借り組みしてみる。これを輪行袋の下へ入れて引っぱると、まぁ、軽く引っぱれることがわかった。それならいよいよ製作だ。


仮組みしてみた

 まずはキャスターを付けて外部に出す板にスプレーで色を塗る。木なので何回か重ね塗りしないと吸い込んでしまう。結局、4回ほど重ねた。


水性アクリル塗料の銀色スプレー缶


4回ほど吹き付けた

 塗装した板の四隅にキャスターをつけていく。4本のネジで止めるので、計16回、ドライバーをくるくると回転させた。けっこう手が痛くなるものである。
 板にキャスターがつけば完成したのも同然。あとは輪行袋へどう付けるかだが……。


キャスターをつけていく


手の痛さとともに完成(笑)

 Frogは後輪にインター8を入れたせいで、折りたたみ時の重心位置は、後輪あたりになっている。ここが地面に接触する場所でもあるので、輪行袋の中で後輪がくる場所の外側にキャスター付き板をつければいいことになる。
 マジックマーカーで、輪行袋内部より位置のあたりをつける。そして、Frogを輪行袋から取り出し、底部外側にキャスター板をあわせる。
 同じ大きさに切ったベニヤ板を輪行袋の内側に当てる。木板とベニヤ板で輪行袋の布をサンドイッチにした格好だ。
 ベニヤ板へ躊躇せずネジをねじこむ。これで布を貫通し、下の板とベニヤ板がネジ止めされることになる。計9本のネジで固定した。


この位置でネジ止めしていく。細かいことは考えない豪快さんだ


合計9つのネジで固定した


こんな風に付いている

 これで輪行袋は完成だが、はたしてオストリッチLP-02に入るのだろうか? キャスター部を中心に袋をたたんで、LP-02へ入れると、ちゃんと収まった。これで使わないときにはシートポストへつけておける。


サドルバッグに入らないとどうしようもない


キャスター付でも無事に収まった

 つぎは、輪行袋にFrogをいれてみた。ちゃんとファスナーも閉じる。そのままでは動かないが、サドル部を輪行袋の外から持って持ち上げてみる。重心位置はサドル側にないので軽く持ち上がる。


接地している右側を持ち上げればコロコロと動く

 そして、引っぱると、コロコロと動いた。室内のカーペット上で引っ張ったので動きは悪いが、駅のコンコースなどの硬い床面なら、もっとスムーズに動くだろう。
 これで、輪行時の対策も7割がたできた。あとは、サドル部を持ち上げて引っぱるのに便利な取っ手を考えるだけだ。
 輪行時には取っ手として使い、走行時には邪魔にならないようにしまえるか、何かのパーツとして使えるのがベストだ。
 茅沼さんのようにS字カンを使う手もある。最終的な保険として他の方法も考えてみよう。
 さて、もう一息で完成だ。

材料費一覧

材料 価格
200×150×10 板 231円
3ミリ厚ベニヤ板 163円
キャスター25ミリ車輪 84×4=336円
ネジ 径4ミリ長さ10ミリ 50本 242円
ペイントスプレー 714円

合計

1686円

------------------------------------------

オーストリッチ

オーストリッチ LP-02サドルバッグ3,770円
 BD-1 イージーカバー(Q012382)

 BD-1 イージーカバー(Q012382)

価格:2,310円(税込、送料別)

|

« 自転車の交通取締りを強化 | トップページ | 天気悪いねー。 »

コメント

いつかやりたい企画のひとつでした^^
完成を楽しみにしています

投稿: ayako | 2006.04.08 01:05

オストリッチに入っちゃうんですねぇ。
すばらしいっす。
内側の板の四隅は角をとっておいた方が良さそうですよ。
袋が破けないように...

投稿: Danjun | 2006.04.08 10:22

○ayako さん
 輪行はなんだかんだいっても持ち運ぶのが大変ですね。置いてしまえばいいけど、階段や長い連絡通路など敵は多数ありますね。

○Danjun さん
>内側の板の四隅は角をとっておいた方が良さそうですよ。

 やっぱり? もう付けちゃったのと、木ねじは何度も締められないので、角をニッパーで切っておきました。切り口が汚い(^_^;)

投稿: 米田裕 | 2006.04.08 15:19

すばらしい!(^-^)//""ぱちぱち

投稿: cherio | 2006.04.08 20:36

輪行袋にコロをつけるという手もあったのですね(^^) 袋を畳むときにも便利そうですね。
折りたたみ時の高さはBD-1よりも低くなるのでしょうか?そうなると、背の高い人にとっては取っ手をいかにつけるかがポイントになりそうです。

投稿: 茅沼 | 2006.04.09 21:37

○cherio さん
 ありがとうございます。なにかの参考にでもなれば幸いです。

○茅沼 さん
 コメントありがとうございます。折りたたみ時の高さはだいぶ低いです。48センチぐらいでしょうか。そのままだとかがんで持ち運ばないといけないので、取っ手をどうするかですね。サドルを袋から出して、そのまま上げておくという手もあるんですが。

投稿: 米田裕 | 2006.04.09 21:46

初めまして、noriと申します。
コロ関係で連絡したのがきっかけで、ある時は「nori-コロ」です。ははは。

米田さんのアイディア、私も初期の段階で考えました。
携行性=小さく、軽く。その為に・・・
車輪を小さく=ギャップやラフな路面での走行性が悪い。
車輪が大きい=重い。かさばる。
しかし、走行性=良い。
袋>軽い=弱い、強い=重たくかさばる。

よって、折りたたみのキャリアーを使う方法を思案中です。キャリアーに簡単な袋でカバーした自転車をくくりつけるのが良いのではないかと思っています。

米田さんのは上手く出来ていると思います。
完成して、実際にお使いになった時のインプレッションが楽しみです。
がんばって下さいね。

投稿: nori-コロ | 2006.04.11 03:36

○nori さん
 初めまして。カート輪行ならすでにやっている人がいますね。
http://www.geocities.jp/bd1_dahon/CA.htm
 あと、
http://www.geocities.jp/bd1_dahon/op.htm
の下の方。

 輪行袋の取っ手ですが、袋自体も持ち上げないといけないので、車体だけにつけるわけにもいかないようです。うーむ。

投稿: 米田裕 | 2006.04.11 21:37

カート輪行情報、ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

投稿: nori | 2006.04.26 12:26

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/9479829

この記事へのトラックバック一覧です: 輪行袋にキャスターをつけた:

» 輪行袋コロ(試作) for BD-1 [地図ソフト作者のGPSサイクリング]
米田さんの「FrogBlog-輪行袋にキャスターをつけた」を見て、ひらめいたアイ [続きを読む]

受信: 2006.05.27 21:08

« 自転車の交通取締りを強化 | トップページ | 天気悪いねー。 »