« BAAマークとはいったい? | トップページ | 衝動買いしてしまった »

2006.03.23

Timbuk2の発音は?

 自転車用のメッセンジャーバッグで有名なメーカーに「Timbuk2」がある。
 日本では「ティンバック2」と表記しているところが大半だが、どうもあやしい。
「buk」をバックと読めるだろうか? それと、袋となる入れ物は英語で「Bag」である。日本語表記で間違えやすいバックとはならない。
 となると、「Timbuk2」はいったいどのように発音するのであろうか?

 たぶん「ティンブクツ」であろう(何もったいつけてんだか)。これではバッグとはまったく関係がない。
 なにか英語の呪文かと思って調べてみると「Timbuktu」という単語が浮かび上がってきた。14世紀から16世紀に栄えたアフリカのマリ中部にある都市の名前だという。発音はやはり「ティンブクトゥ」もしくは「トンブクトゥ」だった。
 サハラ砂漠南縁にある隊商路の終点の街で、現在は伝説の街となっているそうだ。そのため、英語での「Timbuktu」は非常に遠い場所という意味があるらしい。「from Timbuktu to Tallahassee」というと「世界の果てから果てまで」という意味だそうだ。
 荷物を入れて、遠いところまで行ける。
 これが正解に近いだろうと、「Timbuk2」サイトで会社概要を見る。そして会社の歩みのページに

1990
Rob decides "Scumbags" lacks the necessary credibility for a real bag business. Inspired by the legendary African city, Timbuktu, and a popular indie band, Timbuk3, the name "Timbuk2" is born.

 という表記を見つけた。アフリカの伝説の都市からとったとあるのはいいが、今度は当時ポピュラーだったインディーズバンドの「Timbuk3」(非公式サイト見っけ)からも影響を受けたとある。
 この「ティンブクスリー」というと何か意味があるのだろうか? 謎だ。ちなみに日本語表記では「ティムバックスリー」となっているようだ。

 このように日本人ではピンとこない英語圏の言葉がある。「ティンブクツ」「チンブクツー」、どんな発音がされているのだろう。
 アメリカ人にとっては日本は遠い土地だ。だから「ティンブクツ」であると思っているかもしれない。
「ニホン」「ティンブクツ」、ソレ「ニホンチンブクツ」デスカ? 「ニホンチンボツ」。チガウ?
 そういや今年夏には「日本沈没」のリメイク版も公開されるのよな。2001年に人類は宇宙旅行をしていると思いきや、まだ日本でうだうだと沈むなどと言っている。
 21世紀だというのに寂しいものである。

----------------------------
自転車に乗っているときにバッグを肩からかけるのはオススメしないけど。

Timbuk2のバッグが欲しい人はこちらからどうぞ。

|

« BAAマークとはいったい? | トップページ | 衝動買いしてしまった »

コメント

欲しいんだけど買っていないと言うか、買い時を逃したものがTimbuk2のメッセンジャーであります。

投稿: Danjun | 2006.03.23 21:36

from here to Timbuktuだけかと思ったら、from Timbuktu to...もあったんですね。てっきり、こちらの話につなげるのかと思ってました。
http://www.netopia.com/software/products/tb2/

投稿: koya | 2006.03.23 22:11

koyaさんも書かれてますが、古くからのMac使いで、なんとかネットワークを組もうと思っていた連中には結構馴染みのある名前ですよね。

投稿: くりはら | 2006.03.23 22:51

○koya さん
○くりはら さん
 昔からのMac使いが反応しましたな(笑)。おっとDanjunさんもMac使いだ。
 リモートデスクトップのソフトがなんでTimbuktuなんやねんと不思議で仕方がありませんでした。
 toを2、forを4と書くアメ人のことだから、Timbuk2はティンブクツとすぐにわかったけど、日本の自転車屋さんたちはティンバックなどとなんとかバッグに近づけたいみたいですね(笑)。

○Danjun さん
 ポケロケにバッグつけたくないなら、自分の身体につけるしかないス。オストリッチLP-02じゃダメ?
http://www.ostrich-az.com/catalog-p10-sdl_bag2.html#8
 

投稿: 米田裕 | 2006.03.26 02:56

ども。
 インディーバンドのティムバック3(当時日本盤CDの表記はこうだったと思います)は、「遠い場所」としてのティンブクトゥから取った名前です(当時のインタヴューでメンバーが言っているので間違いありません)。トゥを2と変えて、更に3に変えて、という二度のひねりを加えたので、日本人には意味が分かりにくくなりました。夫婦バンドなので、2じゃあまんまだから3にした、みたいな理由だったんじゃなかったかなあ。
 しかもそこに影響を受けた人が、Timbuk2を会社名にして「Timbuk3にもインスパイアされてます」なんて書かれると、歴史上の経緯を知らないと(おおげさ)更に何がなんだか、って感じですねえ

投稿: ahoki | 2006.03.26 15:35

○ahoki弟子へ(間違ってたらごめん)
 知らないとTバックかと思うな(笑)。
 Tバック4とか、Tバックねーちゃんのユニットを考えるのはイエローキャブかも?

投稿: 米田裕 | 2006.03.27 01:00

>ahoki弟子へ(間違ってたらごめん)

当たってます(笑)
インディーバンドネタがちょっとでも絡むということは自分にふられていると判断し(勝手な思い込み)、久々に出てきました。
Timbuk3って良いバンドでしたよー。当時、Tバック3という読み間違い、マジでされてましたよ、はい。
ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツとかあの辺のちょっと変わったアメリカインディーバンド、消えるか大御所になってしまって、時の流れを感じるざんス。

投稿: 弟子ahoki | 2006.03.27 09:45

Plusからのユーザーです。家を建て替える前には電話線を使ったPhoneNetとかが家中を走り回ってました。

先日、横浜の東急ハンズに行ったら「ティンバック2」の様に書いてあったような気がします。

リナックスという表記を見た時と同じくらい気持ち悪かったんですが、まぁ、所詮外国語にうつされたらそんなもんなんでしょうね、どっち方向でも。

どうも輸入元が「ティンバックツー」と表記してるようですね

http://www.intertecinc.co.jp/timbuk2/index.html

投稿: くりはら | 2006.03.28 17:01

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/9225902

この記事へのトラックバック一覧です: Timbuk2の発音は?:

» 「TIMBUK2」は「ティンバックツー」ではなく「ティンブクツー」と発音する [ネットに書かれていないことを綴る]
カメラバッグ探しのことを書いた記事で、サンフランシスコ発のメッセンジャーバッグ「TIMBUK2」の発音を「ティンバックツー」と書いた。日本公式サイトのタイトルバーに「TIMBUK2(ティンバックツー)」と書いてあったからだ。 だが、先日ビックカメラ有楽町店へ行ってみると、「ティンブクツー」と書かれたポップがあるではないか。確かに、よく考えると「TIMBUK2」を「ティンバックツー」と発音するのは無理がある。公式サイトで沿革を見ると、1990年の個所にこんな記述がある。 伝説的なアフリカの都市「Tim... [続きを読む]

受信: 2012.09.14 23:16

« BAAマークとはいったい? | トップページ | 衝動買いしてしまった »