« BELLの新ヘルメット「CITI」 | トップページ | Frogとトラベルエージェント »

2006.01.15

ショートアームVブレーキって何よ?

 BD-1の10周年モデルで、国内100台限定というBD-1 Rにはドロップハンドルがついている。でもってもブレーキはと見るとVブレーキのままだ。
 ロードレーサーなど、ドロップハンドルを使用している自転車にVブレーキが使われることはない。ブレーキの引きしろが違うため、キャリパーブレーキやカンチレバーブレーキが使われる。
 Vブレーキ用のドロップハンドル用ブレーキレバーもあるが、STIではないので、シフトレバーを別に用意する必要がある。
 しかし、BD-1 RはSTIレバーのようだし、ブレーキはVブレーキだ。
 ワイヤーの引きしろを調整するトラベルエージェントというパーツがあるが、写真を見る限り、それが使われていることを確認できなかった。
 おもわず「なんじゃこりゃ〜」と、腹に銃弾を受けた松田優作のようにモニター画面の前でうなってしまった。
 Vブレーキのままで、トラベルエージェントもいらず、STIレバーが使える仕組みってのは、いったいどういうことだ?
 さっそく調べてみると、「ショートアームVブレーキ」という存在が浮かび上がってきた。「誰やそいつは?」なんて気分で、説明を読んでみると、通常は104〜110ミリ程度あるVブレーキのアームが80ミリしかないモデルとのこと。Vブレーキ使用のMTBなんかにドロップハンドルを装着する場合に使われるらしい。
 でやー! とワイヤーを引かずとも、少しの引きしろでブレーキパッドがリムに押し付けられる。
 このショートアームVブレーキなら、STIレバーのブレーキレバーで引くことができるのだ。
 これはいいと、さっそく購入を検討する。市販されているのはテクトロのRX-5というモデルらしい。
 これでFrogのドロップハンドル化へ1歩近づくことができると喜んだのだが、Frogに使われているVブレーキのアーム長と、車輪との距離を測って愕然とした。
 FrogではショートアームVブレーキは使えないのだ。80ミリという長さでは、タイヤの半分の位置までしか届かない。これではダメだ。

PICT2002
前輪はなんとかなりそうなんだけどね

PICT2014
後輪はまったくダメダメ。現在のでもドロヨケにワイヤー擦っているし

 BD-1でできるのに、Frogでは無理だったので、なんとなくくやしい。まぁ、トラベルエージェントを使えばいいんだけど、1個が3000円以上するし、これ以上重くしたくないというので、いろいろと悩むのだった。
 フラットハンドルとドロップハンドルを比べると、同じギアでも、坂道を登ったり、向かい風に強いのはドロップハンドルだ。持つ位置を変えることによって、効率的に走ることができる。
 シフターの問題も含め、Frogのドロップハンドル化は難しいなぁ。


|

« BELLの新ヘルメット「CITI」 | トップページ | Frogとトラベルエージェント »

コメント

12インチのタイヤって他のサイズに比べると太いですよね。そんなこんなでうちのトラコンは14インチ化した訳ですが、もし12インチで14インチ並の細さのタイヤがあったら12インチのままだったかも知れません。


で、なんで12インチに細いタイヤって無いんでしょうね?  あ、ドロップ化期待してます。

投稿: Danjun | 2006.01.15 14:46

こんにちは。
無難なところでは,ダイアコンペのVブレーキ対応レバー(287V )と,バーエンドコントローラーの組み合わせというところでしょうか…。

どのような形で実現されるか,楽しみにしてます>ドロップハンドル化。

投稿: HIDE | 2006.01.15 16:57

○Danjun さん
 12インチって自転車用のタイヤと違うんじゃないかなぁ。手押し荷車(ネコ)なんかの車輪を流用してるんじゃないかと。
 本家Frogはわざわざシュワルベに特注でCITYJETというタイヤを作らせたんだけど、日本仕様は台湾製の怪しいタイヤ。
 それにしても、太いのはパンク対策のためかも。

○HIDE さん
 そもそもインター8がどんなシフターで引けるのかわからないのです。バーエンドシフターでフリクションなんて怖いことはできません(笑)。最終手段ですけど。
 シマノのSTIレバー8速で互換性ありなんてのを試すには買ってみないといけないし、ダメだと無駄金使うことになるし……。
 ブレーキレバーは、エイドアームもつけたいので、トラベルエージェントが必要になるでしょうね。
 ものすごくゴテゴテとしそうなので、ドロップハンドルにはしたいけど、面倒だし重くなるしと踏ん切りのつかない日々が続いてます。その前にFrogに乗らないと(爆)。

投稿: 米田裕 | 2006.01.16 01:19

お久し振りです。

私は小径車をドロップハンドルからマルチポジションハンドルに交換しました。
握る場所が自由で、向い風や坂道でもドロップハンドルと遜色がないくらいに楽ですよ。
フラットハンドルから乗り換えても、ドロップハンドルのような違和感もなく乗れますし、なんと言ってもシフターやブレーキがそのまま使えるので簡単、安価に交換できます。
あまりにも快適なのでMTBとお蔵入りロードもこのハンドルで組直しました。
欠点は、見た目と折り畳み時の収納性の悪さですね。

投稿: aki | 2006.01.16 02:49

はじめまして、agoと申します。
いつも楽しく拝見させていただいてます。

最近、ショートアームVでクロスバイクをドロップ化しましたが、ワイヤの引き量が完全解決されておらず独特のブレーキタッチになります(引きは軽いけどいきなりロックするような感じ)。まぁ、慣れればぜんぜん大丈夫な感じですけど。

あとトラベルエージェント同等品(?)みたいなので安いのが
こことか↓
http://homepage3.nifty.com/askeycycle/image/cpi/flipoutercup.htm
ここに↓
http://www.ringoroad.com/mtb/parts/brake/other.htm
有りますね。

DropFrog期待してまっす!

投稿: ago | 2006.01.16 07:40

こんなのもありますがいかがでしょう?>Paul motoBMX
http://www.paulcomp.com/

これならパッドの位置をある程度動かせるので、使えるかも。

私自身はトラベルエージェントを使って、105STIでXTのVを引いてますが、タッチに不満があるのでminiV化を探っています。

投稿: Riki | 2006.01.16 13:00

○aki さん
お久しぶりです。またまた自転車増えましたね。

> 私は小径車をドロップハンドルからマルチポジションハンドルに交換しました。

 幅が最低で540ミリですか。ブレーキレバーをあちこちにつけたくなりますね。ブロンプトンでは縦につけちゃってますけど、そうしないと折りたたみ時の可搬性がよくないのかな。

○ago さん
 はじめまして。

> 最近、ショートアームVでクロスバイクをドロップ化しましたが、ワイヤの引き量が完全解決されておらず独特のブレーキタッチになります

 ブレーキテクニックで解決ですか?

> あとトラベルエージェント同等品(?)みたいなので安いのが
 
 安いですねー。
>
> DropFrog期待してまっす!

 前途多難です。

○Riki さん
> 私自身はトラベルエージェントを使って、105STIでXTのVを引いてますが、タッチに不満があるのでminiV化を探っています。

 効かないとか、当たりがわからないとか、重いとか、そんなことですか?
 miniVがすんなりとつく車体だといいんですけど、Frogは手ごわいです。

投稿: 米田裕 | 2006.01.17 02:05

お久しぶりです。
ははは、いまだインター8を手に入れていません。
だから、8速のバーエンドバーで引けるか未確認です。
年末に田舎に引っ越しをした為、いろいろとあり、しばらく確認できそうにありません。もうしばらくお待ちください。
たまたま、見つけましたが、Vブレーキを引くのにこんなのもあります。一個990円だそうです。
http://homepage3.nifty.com/askeycycle/image/cpi/flipoutercup.htm

投稿: てっちゃん | 2006.01.17 18:19

○てっちゃん さん
教えてもらったURL、agoさんのと同じですね(笑)。
8速のバーエンドシフターで引けるのか? はたまたシマノなら8速用STIで互換性があるのか? ダメだったときの出費の大きさにちょっと腰砕けです。

投稿: 米田裕 | 2006.01.18 00:45

米田さん
>効かないとか、当たりがわからないとか、重いとか、そんなことですか?
>miniVがすんなりとつく車体だといいんですけど、Frogは手ごわいです。

はい、ブレーキを引いたときのぐにゃっという感覚と、引ききってもロックするところまで行かないのがどうにも嫌で。(笑)

ちなみにVにこだわらないのであれば、カンチ受け不要のカンチもありますね。Paulでも古いモデルなどにはあったようで、今もeBayに出品されてます。

投稿: Riki | 2006.01.18 10:03

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショートアームVブレーキって何よ?:

« BELLの新ヘルメット「CITI」 | トップページ | Frogとトラベルエージェント »