« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.30

MioMap1.3J発表

 11月下旬の発売といわれていたMioMap1.3Jおよび、MioMap1.3J搭載のMio168RSの発売が12月5日となったことが28日にマイタックジャパン社より発表された

 MioMap1.2Jからの追加機能は以下のとおり。

-----------------------------------
1. MioMapと昭文社地図(Mapple)との連動
MioMapのゼンリン地図から昭文社Pocket Mapple Digital for Mioに同じ緯度経度、同等の縮尺、同等の方角で切り替えが可能になり ます。MioMap上に新たに追加したりんごマーク(Mapple)のアイコンをクリックすると、昭文社地図に切り替わりますので市街の状態などより詳細な地図情報を参照することができます。また、両方のソフトウエアの併用により、今まではできなかった駅名検索ができるようになりました。

2. 地図表示色の変更
これまでの昼モード、夜モードに加えて、「アウトドアモード」を装備しました。 屋外など、日光が画面にあたるような状況でも見やすい色合いになっております。

3. 音声案内のタイミングをチューニング
これまでよりも早めに音声案内するようチューニングが行われました。

■昭文社SuperMappleDigital for Mioのバージョンアップ
最新の「SuperMappleDigital Ver.6 for mio」を同梱します。MioMapとの連携が可能なMio専用バージョンです。地図データの収録範囲は全国ですが、中域図は全国県庁所在地周辺のみ、詳細図は全国政令指定都市 中心部のみとなります。(機器に付属のSuperMappleDigital Ver.4 for mioと同じ)

-------------------------------------
 追加機能は、ベータ版で試用したのと変わってはいない。試用記事はこちらで。
 案内音声のチューニングは、ベータ版より変化があったのか楽しみなところだ。

 既存ユーザーには無償でバージョンアップ(送料別)となる模様。2枚のCD-ROMで提供される。また、販売店によっての対応も異なるので、購入店からの連絡を待つか問い合わせてみるといいだろう。

 MioMap1.3Jへのバージョンアップ時には、再度地図データの切り出しが必要となる。

 12月5日以降に新出荷となるMio168RSは、フルインストールのMio168RSと、SDカードなしのMio168RSベーシックプラスの2製品となった。
----------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.26

お尻に優しいサドルはヘンな姿?

 FrogBlogをよく読んでいるスルドイ読者なら気づいていたかもしれないが、この9月からFrogに乗っていなかった。
 それには理由があって、ちょっとお尻の病気をしてしまったからなのだ。おできができて膿がたまり発熱した。結局は切開したのだが、3センチほど切った。
 血だらけのガーゼをお尻につけ、1日数回取り替えるなどという、女性なら月イチで当たり前? かもしれないが、いい年した男にはショックの大きな日々を送ることになった。
 お尻を切っているので、座ることもままならず、かといって立ちっぱなしではくたびれる。結果、寝てすごすという状態となった。
 1週間はガーゼを見るのがコワイ日々が続き、2週間、3週間でやっと、ガーゼをお尻につけていてもきれいな状態となった(最後にはガーゼ付絆創膏だけど)。
 この間、自転車に乗ってもいないし、それほどの歩行もしなかったら、お尻の筋肉がげっそりと落ちてしまった。
 イスに座っても、骨盤がとんがっているのがわかる状態だ。2箇所がポツンとへこんだイスの表面を見るととても悲しかった。

 そんなわけで、Frogにまた乗るには、お尻に優しいサドルを探さないといけなくなった。使っているサドルはウィザードの190gのサドルで、クッションはほとんどなくペラペラのものである。お尻に肉がついてたころはよかったが、現在では痛いサドルとなってしまったからだ。

スペシャライズドBGサドルからさがしてみたが

 スペシャライズドのBG(ボディジオメトリ)シリーズは、手袋で使っているが、とても調子がいい。手への振動をゲルが吸収してくれるのだ。
 ということから、サドルもBGシリーズにしようと考えていた。
 大柄なオレは、一般男子より骨盤の幅がありそうだ。骨盤のとんがった部分を測ってみると120〜130ミリほどの間隔がある。幅のせまいサドルでは骨盤が乗り切らない気がする。
 そこで、できるだけ幅のあるモデルをさがしてみたが、男性用だと155ミリぐらいが最大だ。
 しかし、ミラノというモデルは180ミリの幅がある。「これだ!」と調べていくと、2006年モデルは、さらにゲル入りのミラノ2というモデルが出るらしい。
「これに決定しちゃるけんね」と注文しようと見ると、なんと来年1月入荷予定とのことだ。
 待っていると、ますますFrogに乗れなくなる。少しずつでも年内に乗っておきたい。
 こうして、サドル探しはふりだしに戻ってしまった。

【2006モデル 続々入荷!先行予約受付中】【20%OFF】SPECIALIZED スペシャライズド '06 MIRA...

斬新なデザインの穴あきサドル

 そのうち11月となり、サドルをどうしようかと悩む日々は続いた。
 そんなときに、斬新なデザインの穴あきサドルが発売されたことをネットで知った。
 Selle SMPのStrikeシリーズだ。Proと名前のついたレース用はとても高いがコンフォートモデルのStrike TRKシリーズなら5000円以下だ。

 使用レポートを読むと「便座に座っている感じ」だという。これなら、お尻にも優しそうだと夜中にポチっとしてしまう。
 自転車のパーツ類は、なぜか店頭に揃っている店は少ない。店頭で見られないのなら、賭けでもあるが通販で買うしかない。今までもそうだったので、今回も賭けに出ることにした。
 Strike TRKシリーズは、幅155ミリのMensと幅179ミリのLadysがあるが、店によってはLadysを幅広モデルと表記している。
 もちろん注文したのは幅広のLadysモデルだ。各部のスペックを見ると、幅が広いだけで、穴アキ部分や全体の長さにほとんど差はない。重さは10g増えて400gとなっているだけだ。
 ポチっとしてから1週間、本日、やっとサドルが到着した。

PICT1931
コンコルドの着陸状態か?

PICT1934
裏はこんなカタチでレールが広がっている

PICT1937
中央部分はかなりへこんでいる

PICT1939
どっしりと幅広だ

 さっさと付け替え作業をしたかったが、買い物へ行かされたりして、とりかかったのは夕方。日没は16時半ぐらいだから、さっさと作業をしないといけない。
 リクセンカウルのエクステンダーをつけたりしているので、はずす物も多い。
 400gのStrike TRKでも、最初に持ったときには軽く感じたが、はずしたウィザードの190gサドルは、めちゃくちゃ軽い。新サドルで重量増になるが、お尻の状態にはかえられない。再発させてはいけない病気だし、全てお尻優先で考えることにした。

PICT1940
外した元のサドルとはこんなに大きさが違う

PICT1942
幅もこれだけの差だ

 サドルを外し、付け替える。Strike TRKではかなりレールの角度があるので、その分後ろ側へ傾けないとサドル上面の水平が出ない。
 仮締めをして、またがり、角度を調整し、またまたがる、これを繰り返して角度を決めた。
 作業が済んだのは、すでに16時半すぎ、日没ギリギリだ。それでも、乗ってみないと様子がわからないので、多摩川の河川敷へ行ってみる。

PICT1943
斬新な形状も、それほど違和感はない

PICT1944
へさきは大きく曲がっているけどね

 サドルに座った感じは、ほんとに骨盤の骨の先で支えられているようだ。他の部分はほとんど接触しないので、「便座」というレポートも納得してしまう。睾丸、尿道、肛門部は宙に浮いている感じで圧迫感はない。
 土手のサイクリングコースを1Kmほど走ってみる。みるみるうちに真っ暗になっていくので、電池式ライトでは、サイクリングコースを走るのは無理だ。
 往復2Kmと少しだけ走って帰ってきた。長距離でお尻に優しいかは、後日検証することにしよう。
 デザイン的には斬新なSelle SMPのStrike TRKだが、見慣れてしまえば違和感はない。座ってしまえば、外からは見えないので、誰も気づかないだろう。
 サドルでお尻の痛い人は、検討してみる価値はあると思う。

※2011年、セラSMPハイブリッドサドルに変更した

PICT1943
あっという間に真っ暗だ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.11.23

Amazonでの自転車用品は安いか?

 この11月から、Amazon.co.jpでスポーツ用品の取り扱いが始まった。スポーツカテゴリの中には自転車関係もある。
 リクセンカウルのバッグ類もあったのだが、ちょっと高いかなと見ていた。しかーし、Amazonは1500円以上送料無料なのだった。 おまけにAmazonは税込み表示である。楽天ショップの場合は、商品金額+送料×消費税となるので、見た目の金額ではない。

 楽天にあるショップで同じ商品の最安値の店とAmazonとの価格を比べてみた。
 まずは安い小物である「フロントアタッチメント KF810」で比べてみる
 Amazonでは

税込み1990円
送料無料

 一方、楽天で一番安いTWO WHEEL MANIAでは、単体の値段は190円安いが、送料と消費税でぐんと高くなってしまう。

RIXEN KAUL フロントアタッチメント

1800円(税込み1890円)【TWO WHEEL MANIA】
送料735円
計2662円

 Amazonの方が672円安い。

 つぎに、ちょっと高めのマッチパックで比べてみよう。このマッチパックは、口が巾着なので、たくさん物が入って便利なバッグである。
 金属の輪を使ったアダプターで、垂れ下がりのないのもいいが、1本のショルダーベルトで担ぐので、ちょっとずり落ちてくるのが難点といえば難点だ。
 まずはAmazonの価格は

税込み7780円
送料無料

 つぎに楽天でいちばん安かったTWO WHEEL MANIAでは、

RIXEN KAUL マッチパック

7020円(税込み7371円) 
【TWO WHEEL MANIA】

送料735円
計8143円

 またまたトータルでは、Amazonの方が363円安いことになった。しかし、その差は縮まった。

 ならば、リクセンカウルのなかでも高い部類となるフリーパックスポーツも比べてみよう。
 デイパックタイプで、ヘルメットも収納できるのだが、アタッチメント部が弱く、垂れ下がるのが気になるバッグだが、Amazonにはフリーパックメタはなかったので、こちらで比較してみた。
 Amazonでは、

税込み13,760円
送料無料

 楽天でいちばん安かったのは「自転車のトライ」だ。

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) KM821 フリーパックスポーツ リヤバッグ

12,420円(税込み13,041円) 【自転車のトライ】
送料735円
計13,813円

 トータルでの差は53円Amazonが安いにとどまった。だいぶ接近したが、ほんの少しだけAmazonが安かった。恐るべしAmazonだ(笑)。

 結論としては、安い小物類で1500円程度のものなら、圧倒的にAmazonで買うのが安い。
 高額なものになるほど、どちらが安いか、よく見比べないといけないだろう。あと、Amazonでは、入荷までに日数がかかる商品も多数あるし、まだ品揃えも多いとはいえない。
 それでも、リクセンカウルのバッグは、なかなか店頭で見かけないし、あっても定価販売のところが多い。自分でも、通販で買ったりしているが、どこが安いのか、信用できるか、よーく考えて利用したいものである。
 Amazonなんかは、一度登録しちゃうと、ポチっとワンクリックで買えるのがコワイなぁ。夜中にいきおいでポチっとしてしまいそうだ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.19

サーカスの熊

 蝉時雨さんのとこで、極小径自転車に乗っている姿を「サーカスの熊」状態と、写真入りで説明しているが、Frogを買うときに和田サイクルさんで試乗した際、たまたまその場にいたイラストレーターの米田仁士さんに、「サーカスの熊やね」と言われたのを思い出した。
 乗っているときの自分の姿は、なかなか見る機会はないが、今年の3月にマーカス・リーズ氏が来日した際、BD-1乗りといっしょに荒川サイクリングロードを走ったのだが、その様子がミズタニ自転車のサイトにあった。
 なんと左側の一番上にオレの姿が写っている。奥はサイクルハウスしぶやさんとこの掲示板で有名な「蛙」さんだ。
 身長が違うので、「蛙」さんは、わりと普通に見えるが、オレの場合は、うーん、やっぱり「サーカスの熊」か(笑)。
 もっと車輪の小さな自転車が欲しくなっているのだが、あまりにご近所で「サーカスの熊」状態を見られると、恥ずかしいかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.16

MioMap1.3Jのカーナビ機能を検証

 Mio168RSは自転車用のナビとして買ったので、実際にカーナビとして使えるかという部分を検証してなかった。
 先週末に友人のクルマで八ヶ岳へ行く機会があったので、八ヶ岳から茅野市までの一般道でMio168RSとMioMap1.3Jのカーナビ機能を試してみた。
 友人のクルマにも、元値で20数万円のカーナビはついているが、地図データは2001年のもの。地図データだけで2万円以上するので、頻繁には買い換えられないとのこと。
 そのカーナビとMio168RSとでナビゲーションを比較してみた。普段は「自転車モード」にしてあるMio168RSを「自動車モード」にして出発だ。
 最初からの大きな違いはMio168RSは頻繁に喋るということだ。直線の道を道なりに進む場合でも、横から合流する道があると、「○○キロメートル、道なりです」と喋る。
 大きなカーブがあると、「右ななめ方向です」などとやかましいほどに喋る。
 深夜、ひとりで運転しているときなど、寂しくならないのではないだろうか。
 おおむね、20数万のカーナビと互角のナビだ。しかし、MioMapの方が道路地図が新しい分、実際の道路状況に即した道をナビしてくれる。この数年でできた道なんかもあるからね。
 ナビの案内とと違う道へと向かうと、Mio168RSは、先読みをしているのか、ナビしている道の先のことを話す。「○Km先右折です」などという感じだ。しばらくして、道が違うので「ルートを再検索します」となる。
 リルートまでの距離を短く設定した方がよかったかもしれない。今回は初めてでわからないので、初期設定のままだ。
 それでも、カーナビとしておかしな道を案内することもなく、かなり優秀で使えることがわかった。7万円台で買えることを考えると、かなりお買い得感は強い。
 ただ、GPSによる位置の捕捉しかないので、トンネルの多い道へ行くとお手上げである。ここらへんがジャイロ付きの本格的カーナビとの差となるだろう。
 トンネル内では衛星をロストするが、トンネルより出ての再補足はわりと早い。しかし、トンネルが連続すると、また衛星をロストする。
 永遠に目的地までトンネルが続くこともないので、実用上は問題ないともいえるが。

 今回は車載用キットを持っていくのを忘れたので、カップホルダーにはさんでいた。なぜかピッタリとおさまるのだった。
 また、シガーソケットからの電源ケーブルも忘れていったので、電源がとれなかった。
 この3月に買ったMio168RSなので、半年以上使い、内蔵バッテリーも減ってきた感じだ。フル充電しても、2時間ほどで、電源をつなぐか終了しろとのアラートが出る。ここでバックライトを消すと、あと1時間は使えるが、今回は4400mAhの大容量外部バッテリーを持っていったので、それをつないだ。
 本体容量の3倍以上あるので、半日外で使うには十分だった。
 自転車乗りなら外部バッテリーは必需品だろう。クルマならシガーソケットから給電すればいいのでいくら使っても安心だ。

帰ってからもお楽しみあり

 MioMap1.3Jでの裏ワザを使ってNMEAログをとっているので、ドライブから帰ってきてからも楽しめる。
 まずは「カシミール3D」で軌跡を表示。その方法はこちらでね。
 カシミール3Dを持ってない人は、地図データも同時に入手できるので、書籍で買うのがオススメだ。地図データの入手がわりとやっかいなのだ。
 日本全国分の地図データを持っていると便利だろう。
----------------------------------

【そのまま内税】カシミール3D入門  カシミール3D入門  1,900 円

【そのまま内税】カシミール3DGPS応用編  カシミール3DGPS応用編  2,300 円

以上全て【パソコンGPSショップ】
この2冊で日本全国分の地図データを入手できる

yatsu
カシミール3Dでの軌跡表示

Google Earthで表示

 最近はGoogle EarthでGPS軌跡を表示させるのが流行っているという。
 実際の衛星写真と3Dデータを持った地図だから、そこへ自分の移動軌跡を表示すると、とても面白い。
 NMEAログがあれば、あとはGoogle Earthで読み込めるデータに変換するだけだ。シェアウェアなどがいろいろとあるそうだが、フリーウェアの「GPSBabel1.2.8」を使ってみた。
 GPSBabelは、さまざまなGPSデータを相互に変換するツールで、GoogleEarth用には「Keyhole Markup Lunguage」で出力すればいい。拡張子は「kml」となる。
 変換は変換元と形式を指定し、変換先のファイル名と形式を指定する。

gb
GPSBabel

 Google Earthは日本語のパス名のあるディレクトリからはデータを読めないようなので、Cドライブなどのルートへ保存するといいだろう。
 で、「File」の「Open」からkmlファイルを開くと、地球がぐるぐると回り、目的地にGPS軌跡が表示される。
 角度や倍率を変えて楽しめる。
 いやー、Mio168RSを持っていると、ナビでも使えて、帰ってからも楽しめる。2度おいしいアーモンドグリコ的製品ですな。これはオススメですぞ。

yatu02
Google Earthで表示したGPSの軌跡

【11/19追記】
GoogleEarthで軌跡のみを表示する

 GoogleEarthでGPSデータを表示すると、緑の△がたくさん表示される。これはポイントを表しているのだが、軌跡だけを表示することもできる。

ge01
△の表示が邪魔だ

■手順
1.GoogleEarth左部の「Place」欄にある「GPS Device」を開く。

ge02

2.「Tracks」を開くと、「Points」と「Path」があるので、「Point」のチェックをはずすと、「Path」のみが表示される。または右クリックして開いたメニューから「Delete」で消してしまう。

ge03

3.「Path」上で右クリックし、開いたメニューより「Edit」を選択する。

ge04

4.「Advanced」にチェックを入れると、色の変更やラインのサイズ、不透明度が設定できるようになる。

ge05

ge06
すっきりと軌跡だけが表示された

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2005.11.10

カッコ悪いー!

 本日、午後8時ごろ、駅からの帰り道、脇を自転車が走り抜けていく。
 なんとリカンベントだった。しかし、無灯火で右側走行。信号のある交差点から歩道へ乗り上げて歩道を走っていく。もちろん、右側走行になる側の歩道だ。
 運転者はノーヘルメット。

「え? ………………」と、15秒ほど注視してしまいましたよ。
 そして「カッコ悪いー!」などと思ってしまいましたな。
 リバイブなんかと違う、れっきとしたリカンベントで、ママチャリ並の走りをしているのって見たことがなかったので、あきれはてるやら、なさけないやらで、足どりも重く帰宅するはめになってしまった。
 リカンベントって、自転車に乗る意識の高い人の乗り物だと思っていたけど、一般化したということなんでしょうかね?

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005.11.07

フロント内装5段?

 ネットをうろうろとしていたらフロント用内装5段変速機なんてのを見つけてしまった。
 シマノ製だが、もはや製造もされていない幻の製品だとか。製品名はFM-5らしい。
 装着されているのは、ミヤタ製のブリットという自転車。20インチ車輪だが、子供用か?
 1987年の製品らしいことはわかったが、詳しいことはまったくわからない。シマノのサイトにも、ミヤタ自転車のサイトにも何の情報も残ってないのだ。
 まったく売れなかったというのが、幻の製品となった理由かもしれないが、昨今は様子が変わってきている。
 あまりに小径タイヤで、リアに変速機をつけられない自転車も出てきているのだ。
 スピードドライブやマウンテンドライブなど、2速のフロントギアはあるが、5速はない。
 今売り出せば需要はありそうだけど、復刻しませんかねシマノさん。
 もしくは軽量化して再製品化とか。ギアが取り替えられれば文句なしだけど。
 つって、何に使いたいのやら(笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.11.01

RIXEN KAULの新顔バッグ

 ココログ、いきなり容量10GBになっちゃったよ(笑)。

 なんて、知らないうちに世の中は進んでいくが、ちょっと見ないうちにRIXEN KAULのバッグにも新顔が出ていたのね。

 リアのバッグとして最初に欲しかったのはFreePack Sportsだが、使っている人から「垂れ下がる」だの、「アダプター部が弱い」との報告をきいてMatchpackしてしまった
 口を閉めなくてもいいので、予想以上に物が入り、外へあふれた部分を含めると、かなりな分量が入るのでとても便利なのだが、1本のベルトだけで担ぐので、やはり持ちづらい。
 片方の肩に輪行袋、もう片方にMatchpackを担ぐと、ずれてくるのが困るところだ。おまけにアダプターの金属の輪も背中に当たると痛いのである。
 FreePack Sportsだと、両肩にリュックのようにしょえるので便利なのだがと思っていたら、双方の問題を解決したようなバッグが売り出されていた。
 FreePack Metaという製品だが、日本へは9月ごろに入荷して以来、品不足が続いているとのことだ。
 FreePack Sportsのように普通のデイパックのようなカタチで、アダプターがコの字型の金属となっている。これでアタッチメントにつけても垂れ下がりなしというのだ。
 容量は21LのMeta1と26LのMeta2の2種類。金属アダプターのある背中部分には分厚いクッションもついている。
 問題となるのはその値段だけだな。Meta1で値引き後、ざっと1YAMAHONするのである。

--------------------------

----------------------------

 FreePack Sportsよりもまだ高い。おまけになかなか売ってないし、リア用のエクステンダーというアタッチメントも、DahonやBD-1のようにシートポストが太いものは、36ミリまで対応の金属ベルトが別に必要となるなど、結構やっかいなのだ。

フロント用にも新製品

 フロントアタッチメント用にもALLEGRAという製品が出ていた。330mmx140mmx220mmとほぼA4サイズだが、ノートパソコンは入るんであろうか?
 B5サイズノートなら楽勝そうだが、A4ノートパソコンはかなりきつくなりそうだ。
 それでも、ショルダーバッグになるので持ち運びには便利そう。前面とサイドにポケットがある。

--------------------------

---------------------------

 これもまー、物欲をそそるが、すでにRIXEN KAULのバッグは2つ持っているし、フロントバッグも実は3つも持っている。
 いろいろと試行錯誤をしたためだが、「最初からRIXEN KAULにしておけばいいのに」と、多摩川オフで先達より冷ややかに言われたとおり、作りはRIXEN KAULが安心だ。
 そのRIXEN KAULの失敗作?といわれていたFreePack Sportsの問題点をなくしてしまった製品がMETAだから、これは最強かなぁと思う。
 すでにバッグもあるし、高いので、当分は静観するつもりだけど、欲しい人は買ってみてレポートなんかをしてもらいたい。

| | コメント (27) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »