« 買う前がいちばん楽しい? | トップページ | RIXEN KAULの新顔バッグ »

2005.10.27

MioMap1.3Jをさわってみた

 マイタックジャパン社のパーソナルナビ「Mio168RS」用の最新ナビソフト、MioMap1.3Jの最終ベータ版を入手できたのでさっそくさわってみた。試用できたのはVer.1.30.03jだ。
 最終提供バージョンとは異なるベータ版での使用ということで、製品版とは違う部分もあるかもしれないことを前もってお断りしておく。

目玉はPocket Mappleとの連携

 今回はバージョンアップの目玉は、Pocket Mapple Digital Ver.6 for Mioとの連動だ。今まではPocket Mapple Digital Ver.4 for Mioが同梱されていたが、MioMapとは別々に動かすしかなく、オマケといったものだったが、今回の1.3Jからは、MioMapでの位置や倍率にあわせてPocket Mappleの地図が表示できるようになった。

 バージョンアップキットは、MioMap1.3JのCD-ROMとSuper Mapple Digital Ver.6 for MioのCD-ROMの2枚で提供される。
 地図自体も再インストールが必要なので、今までのようにソフト本体のみのダウンロードではなくなるはずである。既存のMio168RSユーザは、送料、諸経費は別となるが基本的には無償で提供される予定とのこと(変更もありうる)。


試したのはVer 1.30.03J

地図データインストールは時間がかかる

 今回のバージョンアップでは地図データを新しくしないといけない。MioCutterで地図を切り出すことになる。
 Mio168RS本体とActiveSyncで接続し、SDカード内の地図データをいったんすべて消した。上書きでは容量不足のエラーが出る場合がある。
 日本全国の地図を転送するのに約1時間ほど、ひたすら待つ。容量的には630MBほどだ。
 さて、1時間待ったら、つぎにSuper Mapple Digital Ver.6 for Mioをパソコンにインストールして、インストールフォルダを開き、Pocket Mappleソフト本体をMio168RSにインストールする。使用するのはARM用のものだ。
 それが済んだら、Pocket Mapple用に地図データをSDカードへとインストールする。
 Super Mapple Digital Ver.6 for Mioは、製品版とは違い、詳細地図の範囲が少ないサブセット版だ。そのため日本全国の地図でも260MBほどとなる。1GBのSDカードにMioMapのデータといっしょに入れても、まだ余りがある。
 こちらも転送にそこそこな時間がかかる。40分弱といったところか。
 なんやかんやで準備だけで2時間以上はかかる。慣れてない人は、インストール済みの製品を買った方がいいだろう。

設定画面の変更点

 さて、まずは設定画面から見てみよう。地図表示が「昼」「夜」「アウトドア」となっている。いままでは「パターンA」「パターンB」だったので、1つ増えたわけだ。
 新しい「アウトドア」はコントラストの強い表示色で、日中の反射光での見やすさを狙ったものだといえる。しかし、文字色と表示色の強い部分が重なると、地名が読めなくなる場合もある。少し対処を望みたい部分だ。


設定画面


昼表示


夜表示


アウトドア表示


 他の設定については、大きな変更はないように見える。「徒歩モード」「自転車モード」「自動車モード」「現在位置モード」と変わりはない。
「移動履歴」はまだ最低値が1分間隔のままだ。

Pocket Mappleとの連携

 さて、今回の目玉であるPocket Mappleとの連携を試してみよう。MioMapで表示中に、メニューから「地図」を選択すると、いちばん上に「Mapple」というアイコンが追加されている。
 これをタップすると、同倍率でPocket Mappleの表示に変わる。Pocket Mappleに同倍率の地図がない場合には、中域地図や広域地図へと縮尺が変わる。


Pocket Mapple表示へ

 詳細地図がある場合には、さらに拡大すると建物の形まで見える。これで、MioMapで近所まてナビをして、Pocket Mappleで最終的な位置確認ができることになる。


Pocket Mappleでの地図

 同梱されているSuper Mapple Digital Ver.6はサブセット版だが、製品版を買えば、詳細地図の範囲も増える。その場合、1GBのSDカードに日本全国がおさまらなくなるので、2GBのSDカードは必要になるだろう。

 Pocket Mapple画面上でタップしてしばらくすると「MioMapに切り換え」という表示が出る。そのままスタイライペンを離せばMioMapへと戻る。


MioMapへ

同時使用は不可

 Pocket MappleでもGPSデータを取得し、現在位置を表示するわけだが、MioMapもどちらもCOM2を使う。Pocket Mappleの起動時には、COM4に設定されているが、COM2にしてもGPS応答なしという反応となる。
 またMioMapに戻ると、GPSとの通信不可とのアラートが出る。どちらか一方でしかGPSは使えない。
 基本的にはMioMapで使い、詳細地図を見たい場合にPocket Mappleを使うという使い方となるだろう。


同じCOMポートを使うのでGPSを使えるのはどちらか一方となる


NMEAログ取得の裏ワザ発見!

 いままで、MioMapでの移動履歴は荒いので、NMEAログをレジストリ変更という「公知の裏ワザ」を使って取得していたわけだが、MioMap1.3JでNMEA取得の裏ワザを発見してしまった。
 設定画面で「移動履歴」のあたりを何気なくタップしていると、突然「NMEA」という表示が現れた。
 チェックボックスとなっているので、ここへチェックをしろということなのだろう。
 試して見るために、レジストリを変更しなおし、NMEAログを取得しない設定とした。
 その後、設定画面で「移動履歴」の空欄をタップ、5、6回ほどタップしていると「NMEA」が現れる。正確な回数はわからないが、とにかく何度かタップしてみよう。
「NMEA」が表示されたら、チェックをして「OK」で閉じる。これでNMEAログがとれるはずだ。
 レジストリ変更がなくなったので、サポート外となる危険性も減ったが、この方法もマニュアルにはないので、秘密のワザといったものか。


ここらへんを何気なくタップしていると……


NMEAというチェックボックスが現れた


チェックを入れる

【10/29追記】
MioMap1.2Jでも同様の方法でNMEAチェックボックスが現れるとのことだ。お試しあれ。

 新幹線に乗る機会があったので、車内でMioMapを動かす。品川のホームではGPSを受信できず、そのまま乗り込むことに。あいにくと雨模様の天気なので、GPSを捕捉できないまま距離はすぎていく。
 やっと捕捉できたのは三島駅すぎから、そこからは晴れの天気だった。やはり、雨雲はGPS捕捉に影響するらしい。
 京都まで行き、ストレージカードのルートを見ると「NMEALOG.TXT」が作成されていた。
 これをgigo氏のgpslogcvでTRKデータに変換し、カシミール3Dで読み込むと、バッチリとログが表示された。


新幹線の軌跡を表示


メモリ使用に注意

 Windows Mobile2003 SE では、「×」でアプリケーションを閉じても終了したわけではない。メモリ上には残っている。
 MioMapとPocket Mappleの2本を動かし、さらに、いろいろなアプリケーションが同時起動していると、メモリ不足となり、MioMapがフリーズすることもあった。
 本体メモリは64MBなので、アプリケーション実行用により多く(44MBほど)割り当て、本体メモリー内にデータ類は保存しないようにした。
 Mio168RSも128MBのメモリは欲しいところだ。


これだけのプログラムが動いていた

正式リリースは11月下旬

 MioMap1.3Jの正式リリースは11月下旬を予定しているとのことだ。既存Mio168RSユーザーには基本的に無償(但し送料、諸経費は別)でMioMapの新バージョンとSuper Mapple Digital Ver.6 for Mioが提供される。
 そのころにはMioMap1.3J搭載の新製品が出ていることだろう。
 Pocket Mappleとの連携で、都市部であれば詳細地図が見られるようになったのはありがたい。MioMapの地図は、道はわかるが、地図としては寂しい感じだったので、建物の形までわかると助かるのだ。角から3軒目などといわれても、地図ですぐにわかる。

 カーナビとしては使ってないので、自動車で使いたい人には参考にならないと思うが、自転車用にリクエストしたいのは、速度表示と電池残量表示だ。
 速度メーターが必ずついている自動車やバイクとは違い、自転車では速度がわからない。GPS画面では速度表示ができるのだが、それではナビができない。
 MioMapのナビ画面上に速度表示をできるようにしてもらいたい。あとは、突然電池がありませんと言われるとビックリするので、電池インジケーター表示も欲しいところだ。

 今までMio168RSにはSuper Mapple Digital Ver.4 for Mioがついていたわけだが、あまり使い道はなかった。今回のバージョンアップでSuper Mapple Digitalもバージョン6と最新版となり、MioMapと連携することで、オマケ的位置からやっと活用場所が見つかった感がある。
 さらに使いやすいナビツールとしての進化を期待したい。

-------------------------------

Mio168RSが欲しい方はこちらへ
ベーシック2万9800円より

|

« 買う前がいちばん楽しい? | トップページ | RIXEN KAULの新顔バッグ »

コメント

うちでも1.3Jのベータ版を導入しました。
マップルとの連携は、念願の駅名検索を可能にして
くれたので、非常に重宝ですが、連携という点に
おいては、相互補完という感じではなく、そっちは
そっち。こっちはこっち。とりあえず必要な情報くらい
は受け渡ししますよ程度の物なので、もう少し
一度味わってしまったらもう切り離せない。むしろ
くっつけてしまえばいいのにと思わせるくらい
連携が強化されると嬉しいですね。

速度表示に関しては、キャットアイのスピードメーター
といったもののほうが、GPS状態によって左右され
ないという点で、正確さや安定度に関しては上なので
個人的には必要性を感じないのですが、電池残量
表示と時計は欲しかったりします。

投稿: じんざ | 2005.10.30 01:22

○じんざ さん
 MioMapに関してはのんびりとかまえてます。v2.Xぐらいになれば、そこそこ希望に近づくかなぁと。

 フラッシングライトやワイアレスのスピードメーターとGPSは干渉してよくないというので、できるだけいろいろなものをつけたくないものです。
 速度表示と残距離から、あと何分で到着予定ですなんて言ってもらえるといいかもしれません。

投稿: 米田裕 | 2005.10.30 20:15

はじめて書き込みさせて頂きます。
mio map 1.3 の情報が見たくてフォーラムからとんで来ました。mio map 地図データ(ゼンリン)とSuper Mapple Digital 地図データ(昭文社)は、別々のままなのですね。地図データだけでも、共有してくれると、SDカードの容量が節約できてうれしいのですが…。mio map を本体メモリではなく、SDカードへプログラムを移動させる事はできるようになったのでしょうか?今でも可能なんですが、音声ナビの再生に問題がでるみたいなんですよ。これができる本体メモリが2MBぐらい節約できます。レビューをみて思ったのですが、mio map の地図データは、ActiveSync経由でなくて、高速なSDカードリーダと150倍速SDカードへ出力すると、全国でも10分程度で終わるみたいです。お手持ちなら、一度チャレンジしてみて下さい。
貴重なレビューありがとうございました。

投稿: ug2d | 2005.11.11 00:57

○ug2d さん
 ご来訪ありがとうございます。Miomap1.3は本体メモリに入れてます。
 SDカードリーダーはないのでActiveSyncで転送してます。

投稿: 米田裕 | 2005.11.13 23:26

一度くらい書き込んだことがあるかもしれませんが、始めましてということで(笑)。
主に、車のナビで使用しています。
2GBのカード(じゃんぱらで14900円)を購入して、マップルも詳細地図を全国ぶち込みました。
はっきり言って、めちゃくちゃな量です。
車で使うときに、昼間、自分の車はジャンジャン光が入るので、アウトドアモードはありがたいです。
あと、ミオマップとは直接は関係ない話を二つ。
フォーラムで、銅テープでシールドすると良いと書いてあったんですが、テープが高かったので、安い、アルミのテープ(台所のレンジ周りの穴埋めに使っているやつ)を使ってみたら、案外いい感じです。
止まった時にくるくる回るのがなくなりました。
あと、キーボード。
前に、小さなPCがほしいな~といっていらっしゃいましたが、PDA用のターガスのキーボード(赤外線のやつ)を使っていますが、かなり入力しやすいです。
たたんだときに厚みがあるのと、GPS部分がひっかかるのが少々ネックですが、B5ノートPC並みのキーボードなので、なかなかです。

投稿: とろたまな | 2005.12.11 20:09

○とろたまな さん
 過去に4回も書き込みされてますよ。
 アルミテープを巻くと、感度が上がるんでしょうか? それとも反射波が減るんでしょうかね?
 銅テープでもアルミテープでもない解決策を考えてますが、東急ハンズへ行くのが面倒で何もしてません(笑)。

投稿: 米田裕 | 2005.12.12 16:47

4回も書いてましたか。
すいません。
反射波が減るみたいなことがフォーラムにあったので。
http://www.mio-tech.jp/support/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=300&forum=2
山口県にはハンズはありません(笑)。
東京に帰ったときに、ハンズにいくとわくわくします。
広島のハンズでもわくわくしますが(笑)。
山口県では小さな道が多く、よく、交通規制情報なしが出ます。
ナビで示した道にもかかわらず、そういうことを言い出します。
困ったものです。

投稿: とろたまな | 2005.12.12 20:08

○とろたまな さん
> 交通規制情報なしが出ます。
 長野へ行ったときに出ました。茅野の駅前で出たので、これはなんじゃーと思ってましたが、駅前といえど閑散とした道でしたんで、問題はなしです。

投稿: 米田裕 | 2005.12.12 23:19

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/6686446

この記事へのトラックバック一覧です: MioMap1.3Jをさわってみた:

» 今週末は雨… [浩明庵]
もしも晴れたら…、 ・朝から支笏湖へ出発 ・昼前に到着。休憩しつつ早めの昼食 ・ [続きを読む]

受信: 2005.10.30 18:09

« 買う前がいちばん楽しい? | トップページ | RIXEN KAULの新顔バッグ »