« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.26

弱者にとっての自転車歩道走行

 先週から病気中である。そのときに、熱が出て、身体も痛い状態で歩いて医者へ行ったときのことだ。
 病気中なので歩くのもつらく、さらに熱があるので、健常人のように歩けない。それでも600メートルほど離れた医者へと歩いていった。
 歩行速度が通常の人が4Km/hなら、たぶん2Km/hをしたまわっていただろう。歩道をゆっくりと歩くのだが、この歩道を自転車が走り回るのだ。
 歩道といえども、店の看板やら電話ボックスやらが設置してあり、端をまっすぐには歩けない。歩く位置を右から左へと変えたり、反対側へ行って戻ってくるという歩き方になる。
 健康なときは、ヒョイヒョイと歩いていたし、歩行速度も速いのでよかったのだが、病気ともなるとそうはいかない。
 そこへ自転車が前から後ろからやってきて脇を通っていくので、恐怖心がわきあがってきた。健康なときなら避けられるものも、咄嗟には動けなかったからだ。
 歩道であるにもかかわらず、自転車は併走したり、後ろから猛スピードで追い越しをかけてくるものもあり、それを避けようとしていると後ろから脇を通られたりと、緊張をしてだいぶ消耗をした。
 子供はまっすぐ走ってこないし、オバサンはやたらと速度を出しているし、これはあぶない感じだ。

 ひるがえって考えてみると、お年寄りや身体の不自由な人にとっては、毎日がこの状態なのだ。
「自転車は自転車走行可の歩道を走ってよい」などというバカな交通法規はなんとかならないのかと思う。歩道では速度が20Km/hほどの自転車は走る凶器だ。もし人とぶつかれば、その衝撃は大きい。

 端には違法駐輪自転車があり、人ひとりが通れる幅しかない歩道へ、自転車がつっこんでくる。人間と自転車とが、先にその場所へ着いた方が先に通れるみたいな暗黙の了解で動いているので、あぶなくて仕方がない。
 歩道でベルを鳴らすことも、いきなりだとびっくりする。それで身体がふらついてしまう。
 人が歩いてきたら、自転車側が止まるべきものなのだ。そう思って歩いていくと、ぶつかりそうになって初めてキキーっとブレーキをかける。
「ごめんなさいー」などと言うが、その前に自分のすべきことを考えてほしい。

 目が不自由になったり、身体が不自由になると、歩道走行の自転車は迷惑と恐怖の対象だ。

 歩道を走るすべての自転車乗りは、そこに歩いている人のことをいつも考えていてもらいたい。いつかはあなたも、身体が不自由になる時がくるのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.09.15

GPSとデジカメの連動

 昨晩は暑かった。午前3時でも25度以上あり、熱帯夜だった。しかし、昼ごろ起きてみると涼しいではないか。
 こう涼しいなら、そろそろ走り始めてリハビリをしないとね。夏は熱中症がいやざんすと、まったく走らなかったので、脚の筋肉が落ちてしまったためだ。これはさわってもすぐにわかるぐらいに情けない状態。
 1ヶ月以上ほっておいたFrogの様子を見ると、タイヤの空気が足りない。空気を入れようとすると、ポンプと口金の部分がゆるくなっていて、力をいれるとはずれてしまう。
 片手で口金部分をはさんで固定し、残った片手でポンプを押すということをしていたら、やたらと時間がかかってしまった。
 でもって出かけたのは、ほぼ16時になってから。いつものとおりですな。

 さて、距離を走るつもりはないので、何かテーマを見つけないといけない。GPSを使って遊びたいので、デジカメの撮影時刻とGPSの時刻による位置データを使って、どこを走って、どこで写真を撮ったかがわかるようにしてみよう。
 Mio168RSをハンドルにセットし、「現在位置モード」に設定して走る。そして、写真を撮っていくだけだ。
 多摩川の土手へ行くと、北風が冷たい。涼しいを通り越しているので、ウィンドブレーカーを持ってこなくて失敗か。しかし、走れば暖まるだろう。

 それでは、走ったトラックログと、撮影写真とで説明していこう。本当は「カシミール3D」の「デジカメプラグイン」を使えば、カシミール上で位置表示をして、クリックすると写真を表示ができるのだが、Blogではできないので、撮影位置に番号をつけておいた。
 

その番号の写真と説明をご覧いただきたい。


1 川崎市多摩川青少年サイクリングコースにある標識。歩行者とマラソン者に自転車の通行にご協力をとあるが、すぐ後ろにある標識には「歩行者用道路」とでかでかと書いてある。これじゃ、歩行者やマラソン者は自分の権利を主張しちゃうわな。なんで「歩行者自転車道」と書けなかったのか。


2 
丸子橋。ここの歩道は自転車通行可だが、橋から先の川崎側の歩道はそうではない。「自転車はここまで」と書いてあるにもかかわらず、橋を渡ってきた自転車はその先の歩道を進んでいく。


3 
東急多摩川線、多摩川園駅手前の踏み切り。ここを右へ曲がると「富士見坂」だ。多摩川園は小学校のときの遠足で行った遊園地だが、いまは跡形もない。


4 
多摩川園駅出口。ここまでで、ウチから5Km。この先は激坂を上らないと多摩川へも田園調布方面へも行けないので引き返す(笑)。


5
「さくら坂」方面へと向かうが、下水工事だかなんだかで片側通行。自動車にまざって車道を走っていくのはいやなので、手前の「東光院」脇の道へ入ってみる。いきなり坂だった。3速で上りきる。


6
 工事区間をバイパスし「さくら坂」へ。ここは坂としてはゆるい。4速でも上れてしまったが、買い物ママチャリは途中で降りて押していた。子供まで乗せていれば重いわなぁ。


7
「さくら坂上」を右折、田園調布通りから続く道を走っていくと「稲荷橋」という交差点へとたどりつく。ただの交差点だが、昔は橋だったのか?


8
 東海道新幹線と横須賀線の線路上を渡る。新幹線でも走ってこないかと思ったが、こなかった。昔、500系のぞみを見たことがある。


9
 そのまま田園調布高校脇を下っていくと、人工の小川が脇にある道へとぶつかる。そっちの道へ行くことにした、ドブではなく、川であるから、ちゃんと鯉なんかも泳いでいる。


10
 この川の水は湧き水だそうだ。Frogの後ろが湧き出しているところ。岩の隙間から水が出ているようだ。国分寺崖線上にあるからか、ここらへんにはけっこう湧き水がある。ここでFrogをとめて、Mio168RSを「自転車モード」へ変更し、自宅を目的地に設定。カーナビとして使うことにした。どんな道を指示されるのか楽しみだ。


11
 すぐ近くに環八が走っているが、ナビは裏道を指示。こんな道なら従ってもいい。クルマも走らず快適だ。


12
 こんな細い道へと案内される。なかなかよいぞと喜んで走っていくと……。


13
 いきなり道は階段となっていた。まぁ、自転車ならなんとか通れますけどね。乗って降りるわけにもいかず、Frogをかついで歩いて下る。


14
 東急多摩川線の踏み切りを越えたところで、線路脇の道へと指示される。これも自転車ならありの道だ。けっこう自転車ナビとしてよくなった感じだ。前は幹線道路へ連れて行こうとしていたものだが。


15
 幹線道路があるのに、そちらへは指示されずまたまた裏道へ。こりゃいいぞ。


16
 キヤノン本社入口前に到着。キヤノンのヤは小さくないのでライターとしては注意が必要(笑)。


17
 近所にスーパーの「オリンピック」が開店していたのでナビを無視して見に行く。1階に日用品と食品、2階は電化製品のみと、電気製品に力を入れているようだが、どーなんだか。自転車売り場もあったが、見るべきものはない。yamahonのグレードの低い奴、いやYeahのOEMのDahonモデルがあったが、鉄パーツが多く、15Kgという重さ。でもってYamahonより高かったような。「あっ、ダメだ」と見ていたので記憶にすらない(笑)。


18
「オリンピック」と多摩川の間には大規模マンションが多数立ち並ぶ。この住民をターゲットにしているわけだ。ここらへんは工場跡地で、大規模スーパーがなかったので、流行るんだろうか?


19
「オリンピック」裏の道をまっすぐ行くと、正面には「キヤノン」本社ビル。ここの社員にはどのような影響が出ているんでしょうな。


20
「キヤノン」本社前を右折し、坂を上ると多摩川河川敷へと出る。ここらへんは、サイクリングコースと歩道に分けられたのに、いまだにごっちゃに走っている。サイクリングコース上で、小さな子にヘルメットをつけているママチャリのお母さんがいたので、かなり速度を落として脇を通ろうとしていると、後ろからベルを鳴らして猛スピードで走り去るおっちゃん1名。ここはあくまでも歩行者優先やねんぞ。


21
 昔はウチの方からも見えたキヤノン本社ビル。いまやまわりの高層マンションに隠れてしまって、ウチの方からは見えなくなった。
 その昔は、川崎市の花火も古市場河川敷で上げていたので、ウチの2階の窓からも大輪の花火が見えたものだったが。


オマケ 1974年8月 ウチから見えた川崎市の花火

走行距離 13.2Km
走行時間 1時間5分
平均速度 12Km/h
最高速度 38.2Km/h
積算距離 1529.5Km

【アフィリエイト広告】
Mio168RSが欲しい方はこちらへ
ベーシック29800円~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.09.13

サイクリスト向きと銘打たれたGPS GARMIN Edge205、305発表

 ハンディ型GPS機器で有名なGARMIN社より、サイクリスト向けGPSのEdge205と、その上位機種であるEdge305が11月に発売となる。
 GARMIN社サイトにはもう情報が掲示されている。イメージ写真はこちら

 サイクリスト用というので、Edge305にはケイデンスモニターや心拍数モニター、ラップモニターがある。Edge305、205共通では、速度、時間、位置、高度、平均速度、最高速度、カロリー計算を装備。ほとんどサイクロコンピュータのかわりのようである。GPSというのでナビゲーション機能を期待している人には向いてない製品に思える。
 もちろん、位置を100箇所まで記憶させられるので、その位置へ向かって走っていくというナビゲーションはできるが、緯度、経度での位置となるので、使いなれない人には難しいだろう。

 さて、このEdgeシリーズでは、GPSエンジンが変更された。いままでの機種ではGARMIN社オリジナルだったが、このEdgeシリーズではGPSコアにSiRFStarIIIエンジンが搭載され、Mio168RSのSiRFstarIIe/LPよりも高感度のレシーバーとなっている。
 このEdge205、305では、高さが測れるのだが、205ではGPSによるもの。305では気圧計によるものだという。
 となると、GPSで測れる高さは楕円体高のみだから、標高を得るにはジオイド高という仮想平均海水面の高さが必要だ。。アメリカ向け製品なので、アメリカ国内のジオイド高をデータとして持っているのだろうか?
 楕円体高からジオイド高を引かないと、標高は算出できない。205で、アメリカ用のジオイド高データを内蔵しているとすると、それをを日本へ持ってきても正しい標高は出ないと思う。ジオイド高は、地球各地で違うからだ。その点、気圧計式の305なら大丈夫だろう。

 本体は44mmx94mmx23 mmと小型で88g。充電式リチウムイオンバッテリーで12時間駆動。13000ポイントの軌跡を記憶でき、128×160ピクセルのバックライト付液晶で4段階グレースケール表示。さらには防水機能も備える。

 それぞれの価格は205が$269.22 U.S.D.
 305が$379.15 U.S.D.。現在のレートの日本円換算だと、約2万9345円、4万1327円となる。サイクロコンピュータとしては結構な価格だ。

 自転車用GPSと銘打たれていても、トレーニング用に、心拍数、ケイデンス、ラップタイムなどが欲しいのか、道を知りたいのかで選ぶGPSは変わってくる。
 自分の用途にあった製品を選択するのが賢明だ。

 最後に、付属ソフト、ドライバー類にMac用はないと考えていた方がいいだろう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.09.08

やっぱり放置されていた

 オレンジ号は、新宿区新宿1丁目の路上で発見されたそうである。まずはめでたい。
 あまりに有名となり、大騒ぎになったので、売ることもできず、持て余して路上へ置いたのだろう。
 新大久保で盗られたのだが、新宿1丁目で放置されていた理由を考えてみよう。
 地図で見ると、新宿1丁目には、新宿御苑がある。新宿通りは、新宿御苑り下のトンネルとなるので、クルマはそちらを通る。
 となれば、新宿御苑のまわりの地上の道路は、クルマもあまり通らないのだろう。
 ワンボックス車から、あれほど露出されたオレンジ号を降ろしているのを目撃されたら、すぐにナンバーをひかえられてしまう。したがって人けのない場所へ放置したかったに違いない。だが、わざわざ捨てるためだけにまったく見つかる心配のない地方へいくのもばからしい。
 そこで、夜間、もしくは明け方、人通りの少ない場所で、盗難場所に近いところというので、新宿1丁目となったのではないだろうか?
 ということは、新宿の街にくわしい人間が犯人ということになりそうだ。

 警察は、自転車についていた指紋を取っただろうか? ムダでもやっておくべきものだが、そのまま返していたらアホである。
 
 このように、有名になった盗難自転車は処分もできず、戻ってくる可能性が高い。しかし、日々、自転車は盗まれている。市井の者のマスコミで話題にならない盗難自転車も、盗まれた当人たちには愛着のあるものだ。
 そうした盗難自転車の情報は「ミニベロ捜査網」というBlogにある。より多くの人に関心を持ってもらいたいものだ。
 今回のオレンジ号も、発見者はインターネットで見た写真でわかったという。盗難自転車の写真をネットに掲示しておくことには効果があるかもしれない。そして、より多くの人に見てもらう必要がある。
 盗難自転車と知らずに買う人がいなくなれば、それで稼ごうとしている集団は、盗んでも仕方がなくなり、盗難は減るかもしれない。

 それにしても、自分の自転車にはオリジナルな改造をしておくといいかも。塗装を全部変えておくとか、そこらへんに売ってない姿にしておこう。
 やっぱり「改造のススメ」ですな(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.09.07

どうするんだ、ヘヘイヘイ!

 RCサクセションの忌野清志郎さんの自転車が盗まれたそうだぜベイベー!。
 オレンジ号というんだぜベイベー!
 こりゃ盗んだ方がビビってんのと違うかなぁ。少なくとも、正常な感覚を持っていればだな。そうでないプロ窃盗集団ならどーするんだヘヘイヘィ。バッテリーはビンビンだぜ。

 でもって、イヤなのは「160万円」の自転車というのに人々が「へー」と納得しているところやね。
 そりゃねー、そんぐらいの価格の自転車は作れますよ。でもね、金額の問題で取り戻したいと言っているのではないと思う。
 自分にあったフレーム、パーツ。
 これは、1万円の自転車を買っても、自分で改造をして手をかけた自転車なら、同じ感覚を持つと思うんだわ。
 160万円あれば「クルマ買えるじゃん」という意見もある。これは自転車乗りのことをわかってない発言だ。ただの移動手段、移動のための機械ではないのだ。
 160万円の自転車だから惜しいのではないのだ。「自分にあった身体の一部」が失われたから喪失感が強いのだ。それには金額はつけられない。

 盗みの手口としては、プロの窃盗団ぽい。
 しかし、これだけ大騒ぎになる車体を盗んだとは思ってもいなかっただろう。そこらへんが、自転車については素人な部分だ。
 完車状態では、とても売れる代物ではない。

 この後の展開の予測。
1.こっそりと、どこかに自転車を置いておく。あまりに有名すぎて商品価値がなくなった。つーか、足がつくからね。

2.部品レベルで分解して売られる。
この場合、フレームは売られないだろう。カンパニョロの部品をオークションで見かけたら、要注意である。

 都内では自転車の窃盗団が暗躍している。ワイヤー錠なんかはすぐに切断、バンタイプのワンボックスカーに積まれて盗まれている。

 リカンベント、折りたたみ、高そうなロード、こんなのが狙われる。
 都内へ自転車で行く人は、気をつけてもらいたい。ワイヤー錠なんて、ないのも同然ですぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.09.04

坂道バトル!

 YAMAHAの電動アシスト自転車「PAS」のサイトで、面白いコーナーを見つけた。
「坂道バトル」というコーナーである。電動アシスト車PASに乗るイベントコンパニオン「小松寿枝」嬢との登坂競争で勝ったらPASがもらえるというものだ。
 今まで、ジュビロ磐田のサッカー選手やヤマハジュビロのラグビー選手との対戦がある。カレン・ロバート選手や前田遼一選手も登場しているので、ジュビロ磐田ファンにはこたえられないだろう。
 
 競技規則は、距離19.5m、最大斜度16度、高低差3.3mという坂道をPASと、PASからバッテリーを抜いた状態の自転車で上り、どちらが先にゴールするかというもの。
 使われているPASは、小松用の「PASリチウムL」と、挑戦者用の「PAS」よりバッテリーを抜いたもの。
 これはむちゃくちゃ挑戦者が不利だ。PASは普通のママチャリで、内装3段変速がついているが、重量は22Kg。バッテリーを抜いても2Kgほどしか軽くならないだろう。となると、自転車の重量は20Kg。しかも、ママチャリポジションなので、ハンドルは高い。ダンシングできない。身体が前傾姿勢にならないなど、3重苦以上のハンデだ。
 ジュビロ磐田の山西選手がいいところまで行くのだが、それは見てのお楽しみ。爆笑ものの映像である。

 小松嬢用の「PASリチウムL」は24.6Kgと重いが、アシストに「強」モードがあり、坂道には強い。
 この勝負のミソは、同じPASを使わないといけないという部分だろう。いくらバッテリーを抜いても、普通の自転車とは言いがたい。
 ロードレーサーで8Kg台の車体と、レースをやっているような人間の脚力ならば、勝てるような気がする。距離もわずか20mほどだし。

 挑戦者を随時受け付けているようだが、3人1組とのこと。どなたか、健脚の方々3名で、挑戦してもらえないだろうか。ニフティのFCYCLEの方々、どうですか?
 電動アシスト生意気ねーちゃんの態度に、だんだんと「誰か負かしてやれ!」という気持ちは強くなるのですよ(笑)。
 自分は体力もなく、坂もダメダメですから、奥さんのいる人で健脚の人は、勝負で勝ってPASをもらってきてほしいものですな。いいプレゼントになりますよ。

 それにしても「バトル」なんだから、ヘルメットぐらいは装着して行ってもらいたい。車体の接触寸前や、失速転倒寸前もあるのだから、安全には気をつけてもらいたいものだ。

 他メーカーの電動アシスト車とのバトルなんてもの見てみたいものである(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.09.02

大地震のとき自転車は使えるか?

 9月1日ともなれば、忘れていた記憶を思い出すかのように「防災」「備え」といった文字が新聞テレビを賑わすが、人々は日々の暮らしのなかでは危機管理をしてないらしい。
 エレベーターは、地震がくると止まり、中へ閉じ込められるので乗りたくないものの1つだし、電車も、もしここで止まってしまったらと考えると乗りたくない。
 それでも、乗らなくてはならない乗り物なので、1時間も車内へ閉じ込められることがわかったなら、すぐに非常弁を引いてドアを開けて出てしまおうと思っている。復旧に待てる時間は15分ほどではないだろうか?
 都市部なら、駅間も短いので高架でも歩いてもなんとかなる。

 そんな防災の日、テレビでは、区役所職員が7月23日の東京震度5強の地震後、役所へ行くのに苦労した話が紹介されていた。電車が止まっていたとのことで、自転車を使ったとのことだが、もっと大きな地震で、ガラスの破片や崩れた建物があれば、走っていけなかったかもと答えていた。
 タイヤ内に空気入りチューブがあるのだから、ガラス、落ちている金属片は凶器だ。パンクして走れなくなるというのもうなづける。

 ミヤタ自転車では、防災用グッズとして、ノーパンクタイヤを装着した20インチの折りたたみ自転車「スーパーフォーリオ・ノーパンクタイヤ20」を売っている。
 変速機もないし、16kgと重いので、邪魔にならないように置いておいて、いざというときに組み立てて走るというコンセプトだろう。

 テレビでは、同じく7月23日に、舞浜の駅前で、バスに乗ろうとパニックになっている映像も紹介されていたが、かなりあぶない状況だった。地震後6時間以上が経ち、帰る足がないというだけで、人は他人を思いやることを簡単に忘れてしまうようだ。

 こんなときに、パンクしない軽い折りたたみ自転車でも持っていれば、首都圏在住なら、6時間もあれば、大部分が帰宅できたのではないだろうか。

 ノーパンクタイヤを調べてみると、通常のタイヤにも株式会社マステックのリペアムゲルという樹脂を流し込んでノーパンクタイヤとする加工があることがわかった。

 どんなタイヤでも対応可能とのこと。会社のサイトでは加工をしてくれる自転車店一覧がある。関東から東海、大阪、福岡にまであるようだ。

 気になるのは走ったときの感触や重さだが、26インチタイヤでは2kg重くなるという。走りに関しては、ゴツゴツ感がでるが、我慢できるレベルとのこと。

 1〜2Kg重くなるとしたら、元がかなり軽い折りたたみ自転車でないと、かなり重くなる。14Kg以上になると持ち運ぶものではなくなってしまう。
 トレンクルとかだと、かなり軽い。ハンディバイクというのもいい選択かもしれない。KOMAだとどうだろうか?
 調べると、実際にハンディバイク6をノーパンクタイヤにしている人もいた。

 大地震時の首都圏の帰宅難民は最悪650万人になるという。そのうちの大半は30〜40Km圏に住んでいるのではないだろうか? 道路の状況が悪くても、折りたたんで持ち運べ、パンクしない折りたたみ自転車を持っていれば、かなり状況はよくなりそうだ。
 人の歩行の時速は4Km程度、小径の自転車でも10Km以上で走れる。障害物を避けて走ることもできるだろう。

 ノーパンクタイヤの軽量小径折りたたみ自転車は、防災グッズとしても使えそうだ。ハンディバイク8をノーパンクタイヤにして、会社のロッカーに常備しておくというのは、けっこうよさげだけどなぁ。

 毎日会社へ行く人は、ロッカーに常備という技が使えるが、ときどき出かけて、どこへ行くかわからない自由業者は、やっぱり軽くて持ち運びが楽で、小さくなって邪魔にならない折りたたみ自転車が欲しいものだ。ノーパンクタイヤ加工をして9Kg台なら、持ち運ぶと思うけど、車種は限られるわな。トレンクルかトランジットスーパーライトしかない。そして、そのどちらもわしにはサドル高が足りないのだった(T_T)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »