« Mio168RSとカシミール3Dの連携メモとMio168RSベーシック発売 | トップページ | 大地震のとき自転車は使えるか? »

2005.08.31

八ヶ岳を下る蛙発見?

 当人はこの夏、まったくFrogにも乗ってなくて「暑いぜ、ばてたぜ、だるいぜ」と、ヒィヒィと暮らしていたが、優雅に避暑のため八ヶ岳の別荘へ行っている知人より、8月29日に、八ヶ岳農業大学校脇から茅野へ降りていく道で、Frogを見たとの目撃情報が届いた。
 以前、八ヶ岳へFrogを持っていったことはあるが、本当だとしたら、かなり苦労して走ったのではないだろうか。
 基本的に3%〜7%ほどの下り道なのだが、12インチの車輪はブレーキをかけつづけるとリムがかなりの熱を持つ。素手ではさわれないほど熱くなる。その熱でチューブが溶けてパンクすることもあると聞いていたので、自分で下ったときには、一気には下らず、途中で休みながら下った。


2004年に八ヶ岳へFrogを持って行ったが厳しかった

 ブレーキをかけずに一気に下れば、時速は50Km以上になる。しかし、道は平坦ではない。農業大学校から茅野へ降りる道は、ところどころダートもあり、路面はかなり荒れている。
 そんな道を12インチ車輪で高速で下れば、タイヤをくぼみにとられて転倒してしまうだろう。時速20Kmぐらいにおさめるには、つねにブレーキをかけている必要がある。そして、それは熱を発生させる。
 途中で八ヶ岳と平行する平坦な道となるが、茅野市内へ向かったのなら、ところどころで12%ほどの下り坂もあったはずだ。
 小さな車輪では、速度超過と熱の問題があり、快適なダウンヒルとはいかない。
 いったいどのような人がFrogに乗っていたのか気になるところだ。もし、ここを見ていたらコメントくださいな。

|

« Mio168RSとカシミール3Dの連携メモとMio168RSベーシック発売 | トップページ | 大地震のとき自転車は使えるか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳を下る蛙発見?:

« Mio168RSとカシミール3Dの連携メモとMio168RSベーシック発売 | トップページ | 大地震のとき自転車は使えるか? »