« 川崎市の愚行 | トップページ | いよいよ南会津サイクルトレインだが »

2005.05.13

まとまらない考え、断片

 このところ、あちこちの自転車関係サイトで、自転車は歩道しか走れなくなる法律ができそうだという話題でもちきりだ。
 まだ噂の粋を出ないのでなんともいえないが、kiraさんのブログで「車道を走りたいよね」というエントリーがある。
 ちと熱くなってコメント欄に書き込みをしてしまったので、ご迷惑だっただろう。なんで、まとまりをつけるほどの考えもないのだが、自分のとこへ書いておく。

 kiraさんいわく、「自転車は歩道走行に」という法案が提出(現時点ではただの噂だが)されるウラには、街中の自転車乗りに問題があるという。
 確かに同意できる意見だ。
 いままでにも「東京を走る自転車はカラスより迷惑である」(瀬尾佳美・2004/3/21)といった意見が書かれている(ちなみに書かれているページは閲覧禁止ですって。リンクも全部禁止というなんともすごいサイトである)。
 ウチのブログでも、この1年、街中の自転車の迷惑は書いてきた。
 対策として、ネットにサイトやブログを持っている自転車乗りだけでも、交通ルールを守り、規範となる行動をとるしかないと結んでいたが、増え続ける迷惑走行自転車のために上記の法案ができるとしたら、もう一歩踏み込んだ行動が必要なのかとも思う。
 赤信号で止まっていても、後ろから追い抜かれ、赤信号を無視して渡っていく自転車者もいる。
 こちらが歩行者のとき、横断歩道を青で渡っていると、クルマ側が赤信号にもかかわらず突っ込んでくる自転車もいる。

 それらを止めて注意ができるかだが、とてもできそうにない。今の時代、街中で見ず知らずの他人に注意すると、殺されるなんてこともあるのだ。なんともぶっそうな時代だ。
 某元ヤクザの人も、他人に注意するなら、ケンカになったときのことを考えよという。相手を半殺しにする自信がなければ、注意せずに黙って耐えよということだ。
 自転車ブログ、サイト運営者のなかには、迷惑自転車に毅然と文句を言ったりしている人もいるが、偉いなと思う。
「自分だけはマナーを守って」という考えでは、すでに手遅れなのかもしれない。
 注意される側にとっては、お前は警察でもないのになんとおせっかいな奴と思うだけだろう。ついでにカッとなられたりしたら、注意も命がけだ。

 自転車は車道を走るものだが、現実問題として、車道を走るにはあまりにリスクの大きな道もある。
 ウチの近所の第二京浜は片道3車線もある道だが、車道の端を自転車で走っているとすぐ横をものすごい速度でクルマが通り過ぎていく。たぶん7〜80Kmで走っているのではないか。
 そのうえ、バス路線でもあるので、バスは左側ギリギリを走り、後ろからバスに抜かれると、すぐ前に割り込んでくる。
 とても車道を走れたものではない。

 自転車の手信号も理解されてないようだ。後ろにバスがついたのだが、道はT字路。進むには右へ曲がるしかないのだが、バスの挙動が不安なので、右手を水平に出し、曲がっていた。
 ところが、バスはオレの体スレスレに横を走って前へ出たのだ。こちらが右へ曲がるというのを無視された形になった。ひょっとしたら、手信号の意味なんて知らないのかもしれない。
 だから、自転車にもウィンカーが欲しいと思っているのだ。これなら交通社会のなかで、同じ言語でハナシができる。

 自転車に乗っているいないに関わらず、街中の(意識的に自転車に乗っている者以外の)自転車を見ていると限りなく迷惑な存在に近い。歩道と車道を区別なく走り、都合のいいときだけ歩行者になったりクルマになったりする。信号無視、一時停止無視、歩道をジグザグ走行、子供2人載せ、右側通行、二人乗り、携帯通話走行、メール打ち走行、ヘッドフォンで音楽聴きながら走行など、あらゆる違法行為や危険走行のオンパレードだ。

 基本的に自転車は自己責任で乗るものだから、逮捕されようが、事故にあおうが、死のうが、事故を起こそうが、その覚悟と補償、罰金、刑罰を受けることをわかっているなら、とやかくいうことはない。

 警察は自転車の歩道走行にという法案を通す前にやることがある。まずは違反自転車を徹底的に取り締まり、逮捕することだ。
 自転車は交通反則金制度がないので、いきなり実刑なんである。

 行政は自転車レーンを作ることを進めるべきだ。3車線の自動車道路があれば、0.5車線はガードレールつきの自転車レーンにしてほしい。

 歩道を自転車で走ることは、歩行者、自転車両方にとって不幸なことになるのだ。

 法案がどういうカタチで出てくるのかまったく内容がわからないので、騒いでも仕方がない。普通自転車は歩道を走行という法案なら、すぐにハンドル幅を80センチにして、普通自転車でないことにしてしまえば車道走行は可能だ(笑)。

 もはやまとまりがないが、瀬尾佳美サイトでは、自転車は環境にやさしくないと書いている。半分は同意。自転車を作るときの二酸化炭素排出量があるからだ。

 LCA(ライフサイクルアセスメント)という、ものがある。工業製品の製造、使用、廃棄にかかわるすべての工程での資源の消費、排出物量を計量し、環境への影響を評価する方法のことだ。
 最近の自転車素材で多用されているアルミは、ほとんどが電力による環境負荷なので、その電力を何で作っているかが問題。
 アルミ素材がどこの国で生産されているのかはわからないが、石炭火力発電だと、環境負荷はかなり高い。スチールの2倍ほどだ。
 これが水力発電だと、スチールの3分の1程度になる。
 台湾の自転車のアルミ素材って、どこで作っているのかね。中国だったらまず石炭だろうね。となれば環境負荷は高い。
 それに、1万円以下の安い自転車を数年で乗り捨てていくとなると、これも環境負荷が高いだろうね。
 クロモリの自転車で、一生乗り続けるような乗り方をしないかぎり環境負荷が低い乗り物とはいえない気がする。
 まー、アルミフレームはいつか金属疲労でポキっと折れるから一生は乗れないだろうし、数年でアルミフレームの自転車を買い替えていくというも環境にはよくないわな。
 同意するのはこうした部分のみ。自転車による走行は自動車の代替にならないという主張は違うと思う。
 都内の自動車の速度は平均して20Km以下。そして距離も40Km程度の範囲をうろうろしているクルマが大半ではないだろうか。
 これは自転車で代替できる。そのときの環境負荷はクルマより自転車の方が少ない。もっとも、アイドリングストップをきちんとやっていればクルマ側もどうなるかだが。

 自転車法律に対しては仮定のことなので、今はなんともいえない。

 自転車乗りには3種類の者がいる。交通ルールを守らない者、交通ルールを守る者、そして交通ルールを知らない者だ。
 これらをひっくるめて「自転車乗り」としてしまうのにも無理がありそうだ。

 自転車にも免許制度というのがいいのかなぁ。無免許だと、歩道を走ったり、時速15Km以下での走行が許可される。これなら子供やなんかでもいいでしょう。
 12歳以上は講習と実地テストで免許がとれる。でもまー、原付免許みたいなもので速度の上限は車道で20Kmとか、そんな感じ。ヘルメットは義務化。
 16歳以上はロード免許がとれる(笑)。自転車の法定装備品は必須、ヘルメットは当然義務。そして、その走行道路の制限速度いっぱいまでで車道を走れるとかね。
 違反には交通反則金が適用されると。免許の更新は5年ごとで、過去に違反がある者には試験と実地ありとする。

 免許以外だと、ユビキタス社会なんていってるんだから、車体にICチップ装備を義務化。違反者はピッとカウントして、1回目は注意、2回目は厳重に注意。3回目から罰金とか。

 とにかくマナーに訴えたり、モラルを求めても、社会全体がアホになってるので無理な話でしょうな。

 なにかの枠組みを作らないとどうしようもないところから、それが理不尽に思えても法案化なんて考えが出てくるんでしょう。

 最後には、やはり自転車乗り個人の問題に戻ってきてしまうのかな。交通法規を守ること、守らない人間に注意すること、それらはすべてが自己責任の範疇でと。

 まだ答えはない。みなさんもいっしょに考えてちょーよ。

|

« 川崎市の愚行 | トップページ | いよいよ南会津サイクルトレインだが »

コメント

「自転車は歩道を通れ」っていう法律を作っても、法律だけじゃだめですよね。取り締まりをやらないなら今と同じ。逆に取り締まりをやるんだったら、現行法で取り締まりをやってもらって、それでどう変わるか見てから法改正して欲しいと私は思うですね。

自転車にも反則金制度はいると思うのですが、反則金をきちんと徴収するためには、個人を簡単に特定できる何かが必要です。自動車には免許制度があるので免許証によって個人を特定できますが、自転車にもそれにかわる制度が必要ってことになりますね。やっぱり免許制なのかな。

投稿: tosh | 2005.05.13 11:43

現時点では、もう対応不可能な程自転車が広まってしまいましたしね・・・まずはモラルの啓蒙からはじめて、ゆっくり浸透させていくしかないんでしょうね。
ネットをあまりしない人にとっては、ほとんど知らないニュースでしょうから、そういうのを浸透させるには、メディアの協力が不可欠ですが、それもかなり難しいか時間がかかると言わざるを得ない。
自転車問題については、一朝一夕に答えが出ないだけに大変ですよね。

とりあえず、自転車乗りだけでなく、車乗りのマナーの向上も必要ですよね。路駐とかされてると、自転車としても危ない動きをせざるを得ない時がありますし。
どちらにしても、時間がかかるのは間違いなし・・・

投稿: じんざ | 2005.05.13 20:26

拙い記事に広がりと深さを持たせてくれたトラックバックを、ありがとうございました(^^)

免許制度は必要かもしれませんね。
じいちゃんばーちゃんたちがヨロヨロと車道を走ることは、逆にとても危険だと思うし、今まで車道をスイスイ走っていた人が歩道を走るなんて無理。
それを区別するために、免許制度。賛成!

投稿: kira | 2005.05.15 02:39

みなさん、それぞれの立場で考えて行動してくださいね。
自分の問題として考えてもらえればと思います。

投稿: 米田裕 | 2005.05.16 21:58

無灯火自転車、メール打ち自転車、傘さし自転車、赤い尾灯を前につけてる人、は見つけ次第、可能な限り「こわい関西のおばはん」と化して注意してます。
ときどき言い返されたりもするけど。
特に未成年への注意は大人の義務だと思っとります。

投稿: midora | 2005.06.12 16:12

midoraさん、偉い!
けど、逆切れ輩には気をつけてねん。

>特に未成年への注意は大人の義務だと思っとります。

これはまぁ、その通りですが。どうするのがいいのか。
奴ら、ナイフ持ってたりしますな。私の知り合いは喧嘩になり、ナイフで向かってきたので、コンクリートブロックで殴りつけてきたということです。あぶねーなー。

投稿: 米田裕 | 2005.06.13 01:38

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まとまらない考え、断片:

» 助役の新着サイト一気読み! [にほんブログ村BLOG]
 にほんブログ村にご参加いただき誠にありがとうございます!  にほんブログ村 助役でございます。    トラックバックさせていただきましたブロガー様、ちょっとだけ失礼致します。  本格的に寒いです。帰ったら暖房までは出さなくても良いと思うのですが・・・梅雨になると結局は出すようですかね? ...... [続きを読む]

受信: 2005.05.13 21:14

» power's cycle diary6ヶ月を記念して by power [power's cycle diary]
2004年12月20日にこのサイトを開始してから、6ヶ月が経とうとしています。あ... [続きを読む]

受信: 2005.06.22 23:02

« 川崎市の愚行 | トップページ | いよいよ南会津サイクルトレインだが »