« やっぱりむちゃくちゃ走行する | トップページ | 古いママチャリにブロックダイナモライトをつける »

2005.05.29

明るいライトはできるのか?

 夜間に自転車に乗るときにはライトが必要だ。法律でも無灯火では乗ってはいかんのである。
 そのライトだが、昨今ではLEDタイプに人気が集まっている。電池の持ちがいいためだ。
 ハロゲンライトタイプのバッテリーライトは、2時間ほどしか持たない。それに比べるとLEDタイプは30時間とかなりバッテリーが持つ。
 点滅にしておけば200時間ぐらい持つので、1ヵ月や2ヶ月は電池交換しなくてもすむのだ。
 そんなLEDライトだが、やはりそれほど明るくない。現在、かなり明るいとされるCATEYEのHL-EL500でもまぁまぁという明るさだ。
 都市部の道を走るのならいいが、まったく街灯もない地方の道では、やはりきびしいといえる明るさではないだろうか。
 都市部とはいえ、ウチの近所の道はかなり暗かったりする。街灯はあるのだが、町内会の役員が、年間の支出を抑えるためという理由で、かなり暗い蛍光灯タイプの電球と替えてしまったためだ。
 100Wの白熱球であれば、同クラスの蛍光灯と替えてくれればいいものを、たぶん60Wクラスの蛍光灯と替えたのではないだろうか。
 そして、電柱1本おきの設置だから、街はかなり暗い感じがする。
 あぶないなーと思っていたが、昨年には、夜中の1時すぎに、ウチの便所のガラス戸を外から開けようとする奴もいた。
 街灯がない部分なので、ウチの横の隣家と接する部分は真っ暗なのだ。たまたまオレが便所へ入っていたので「コラー!」と怒鳴ると、ガサガサと逃げていった音がした。
 すぐさま追いかければ、道に誰かがいるのかがわかっただろうが、こちらも用を足している途中なので、すぐには追いかけられない。
 まったく犯人わからずの状態だ。
 それぐらい街が暗いのである。
 だから、無灯火で向かってくる自転車がまったく見えないことがある。冬場に黒い服を着ている連中はまったく見えない。
 こちらだけでも気づいてもらおうと、ライトと点滅ライト、リアにもテールライトと点滅テールライトで走っている。
 もつと明るく照らしてくれるライトがあればなぁとトピークの「ムーンシャイン3H」やら「ムーンシャインHID」が欲しくなったりするが、かなり高価だ。
 今年になり、「ムーンシャインコミューター」という廉価版も出たのだが、こちらはハロゲンタイプ。電池も持ちもよくないが、明るさはどうだろう。
 充電式のバッテリーを使うライトなのだが、照射時間が2時間以下と、それほど長くないのが不安なところだ。
 まぁ、金があれば買うけど、ある意味、そこそこの自転車が買える値段というのにもひるんでしまう。
 明るいLEDで、消費電力も少ないものが出れば、そうした問題は払拭されるのではないかと思っていたところへ、京大の研究者たちが、現在の4倍は明るいLEDを開発したというニュースが入ってきた
 京都大工学研究科の野田進教授(電子工学)たちを中心とする産学共同研究グループが、発光体に規則的に穴を開けるシンプルな構造をつくることにより、発光強度が3―4倍になることを確認したという。
 今までは熱になってしまっていたものを光として取り出せるのだという。これで蛍光灯の代わりになる照明器具を作りたいということだから、かなり明るくなっていそうだ。
 それに消費電力は少ないだろう。
 これでもって、さっさと自転車用のライトを作ってもらえないだろうか。
 道全体を10メートル先まで明るく照らしてもらえば、夜間でも安心して走れる。できれば、河川敷のサイクリングコースを夜間に走れるほど明るければ、とてもいいのだが。
 デバイスの進歩は著しいので、期待して待ってみるか。
 無灯火自転車を闇からあぶりだすには、自動車なみのライトが欲しいところだ。

|

« やっぱりむちゃくちゃ走行する | トップページ | 古いママチャリにブロックダイナモライトをつける »

コメント

ライトと言えば加藤さんが思い浮かびますが、一番欲しい~と思うのはトンネルの時ですね。明るいトンネルにして!っていつも思います。
レポート楽しみにしています

投稿: ayako | 2005.05.29 05:19

これは凄いニュースですね。
自転車のライトとしても期待できるけれど、もしかしたら今までの使用用途以外へもLEDが使われるようになるのかもしれません。
田舎もんの私としては、自転車用に期待してますが。(笑)

投稿: Danjun | 2005.05.29 08:01

○ayakoさん
> レポート楽しみにしています

つって、ムーンシャインは買わないです。貧乏人としては、明るい発光ダイオードが早く商品化されるといいなーと思ってます。

○Danjunさん
蛍光灯のかわりにしたいというからには、それなりに安く、明るくできるんでしょうね。
いま、野菜を育てるのにLEDを使っているそうです。いろいろな使い道ができるでしょうね。まぁ、21世紀ですから。

投稿: 米田裕 | 2005.05.30 01:57

私もあのニュース見た瞬間に、自転車のライトに使えそうだと思ったクチです(笑

ムーンシャインはめちゃくちゃ明るくて欲しいんですが、いかんせんバカみたいに高いのと持続時間も2時間程度と、通勤に40分くらいかかる人くらいしか使えない感じなので残念。うちにキャットアイのハロゲン12Wくらいのがありますが、バッテリーがでかい重いのコンボなので、さすがに常用という訳にはいかないんですが、やっぱり明るいです。多摩川あたりで使えば、土手下の道ですらかなり高速で走っても不安の無い光量ではありますが。

超高輝度LEDのさらに4倍の明るさ・・・期待ですね。技術的にもそんなたいしたことしてる訳でもなさそうなので、早いうちにそういう製品が出回ってくれるのではないかと。

投稿: じんざ | 2005.06.01 15:20

○じんざさん
安くて明るくて、電池の持つライトはみんな欲しいみたいですね。しかし、大多数の自転車は街中で無灯火ですな。
いちど、街灯もなにもない山道を走ってもらいたい。それでも無灯火で走れるのかどうか(笑)。

投稿: 米田裕 | 2005.06.03 13:25

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明るいライトはできるのか?:

« やっぱりむちゃくちゃ走行する | トップページ | 古いママチャリにブロックダイナモライトをつける »