« 5月15日。第6回東京・南会津サイクルトレイン2日目 | トップページ | Mio168RSを持ちくねくねと走る »

2005.05.20

Mio168RSアンテナ垂れ防止改良ホルダー

 純正の自転車ホルダーも売られているが、自作ホルダー派としては、純正にない機能にこだわりたい。
 アタッチメントとホルダー部の間への振動防止のソルボセインはさみこみは効果があり、会津の凸凹道を走っても、Mio168RSがそれほど振動しているようには見えなかった。振動でホルダーから飛び出してしまうこともなかった。
 しかし、1点だけ難があるとすれば、アンテナが揺れによって垂れてしまうことだろう。
 自作ホルダーで、アンテナ垂れ工作をしている人もいるが、できるだけ簡単にすませたいもの。アルミを切ったりする道具も持ってない者としては、できるだけ簡単にすることが条件の第一となる。
 何かいいものはないかと、東急ハンズのいろいろな売り場を見ていたが、とうとう使えそうなものを発見した。それは、店舗用品売り場にあった。
「リクライニングカー」という名前の製品は、店舗で商品に値札をつけるときに使われるものらしい。クリップ部分と折りたたみの紙をはさむ部分とでできている。
 1個180円(税込み189円)と安いのもいい。これを見たときに、「使える!」と思い購入してきた。
 すでにホルダーには、自転車取り付けのアタッチメントがあるので、この部分を避けるために、プラカッターでしこしこと切る。
 コの字型に切ったら、滑り止めでゴムシートを貼れば完成だ。所要時間30分ほど。
 このリクライニングカーのクリップ部分で、Mio168RSホルダーをはさんで止める。そこへMio168RSを滑り込ませると、見事にアンテナ部分の後ろに支えができた。
 これでアンテナの垂れもなくなることだろう。Mio168RSをホルダーに入れてないときには折りたたんでおけるので、携帯にも便利だ。


リクライニングカー 189円(東急ハンズ)
コの字型に切り取り、ゴムを貼る


ホルダーにクリップ部ではさんで装着。ワンタッチだ


折りたたんでおけば携帯時にかさばらない


伸ばせばこのとおり


Mio168RSを入れるとアンテナ部分にぴったりの長さ


これでアンテナの垂れもなくなる

|

« 5月15日。第6回東京・南会津サイクルトレイン2日目 | トップページ | Mio168RSを持ちくねくねと走る »

コメント

うししですね。(笑)

投稿: Danjun | 2005.05.20 17:44

すばらしい!
最後の写真は、まるで専用ホルダーですねー(^^)

投稿: suzy | 2005.05.20 21:51

メカニカルでカッコイイ!

投稿: じんざ | 2005.05.21 00:32

○Danjunさん
うままです。

○suzyさん
専用品はちゃんと売られてますのよ。

○じんざさん
合体変形ですな(笑)。

みなさん、一言ずつのコメントありがとうございます。ジャキーン、キャシャーン! てな感じですか(笑)。
 くやしいので、雑誌にページをとろうと画策してます。なんとかとるぞー(爆)。

投稿: 米田裕 | 2005.05.21 02:11

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/4206720

この記事へのトラックバック一覧です: Mio168RSアンテナ垂れ防止改良ホルダー:

« 5月15日。第6回東京・南会津サイクルトレイン2日目 | トップページ | Mio168RSを持ちくねくねと走る »