« Mio168RSアンテナ垂れ防止改良ホルダー | トップページ | 次太夫堀公園リベンジ »

2005.05.23

Mio168RSを持ちくねくねと走る

 会津から帰ってきたあと、Frogにも乗ってなかった。天気がよくなかったり、仕事があったりしたためだ。
 それではいかんと、ヒマのあるうちに乗ることにした。今日は、こないだ作ったアンテナ垂れ防止ホルダーを試すこともあるし、目的地を設定して、Mio168RSよるMioMapでのナビを楽しもうという趣旨だ。そのうえ、本日はバッテリーエクステンダーIIでの外部給電もしている。バッテリ切れを心配しなくてもいいのだ。
 てごろなところで、田園都市線の二子玉川駅をへ行くことにする。午後3時から出発したので、片道10Kmぐらいと日没前に帰れる場所を設定した。


アンテナ垂れ防止ホルダーと外部給電のMio168RS

 さて、いつものガス橋から多摩川青少年サイクリングコースへ。月曜の午後3時すぎとあって、人も自転車もいない。日差しは暑いほどだ。日焼け止めを塗ってこなかったのは失敗した(>_<)。
 二子玉川方面へ走り出す。追い風もあって、時速30Km/hでも走れる。が、すぐに息切れしてしまう。普段の不摂生な生活をしている身体は正直だ。


なんともいい天気

 少し身体が暖まったところで、本日のメインイベント、MioMapのナビを使ってくねくね走ろうの開始だ。
 丸子橋で東京側へ渡り、できるだけ裏道を走るというカセをはめて走る。ナビのルート案内を見て、平行して走る裏道を見つけたら、すかさずそっちへ向かうという走り方だ。
 ナビはメインルートを教えてくれるが、裏道へわざと動いても、目的地までを再検索してくれる。どう走ろうと、目的地まではリルートされるわけだ。
 これはものすごく心強い。いつでも正しい方向を指し示してくれるお師匠様のようだ。


ルートをはずれて裏道へ

 二子玉川までをくねくねと走る。クルマが走っている道に出ると「いやだ」と裏道へ行き。幹線道路へ出ると「いやだ」と、より細い道へと向かう人生裏街道者だった。
 それでもきっちりと「二子玉川」駅前へ連れて行ってもらった。ありがとうMio168RSとMioMap1.1。


それでも無事に着いてしまった

帰り道もくねくね

 さて、目的地へと着いてしまったが、まだ午後4時前。もう少し走れるジェイなどと、Jリーグコマーシャルのフレーズをリフレインさせつつ、行き先をさがす。
 前に迷ってひどい目にあった、岡本あたりを走るか、なんてMioMap画面を見ていると、野川に「サイクリングコース」という表示を発見。えらいぞMioMap、サイクリングコースも登録されているんだと、そこを目的地にしてまた走り出す。
 しかし、兵庫島へ行き、じゃり道を走っていくという「なんで最短コースを走らない、ゴルァ!」とMio168RSには怒られるような走り方だ。
 野川と多摩川の合流点は、工事が続いていて、トラックの出入りも激しい。巨大トラックのあとを12インチ車輪の自転車が追いかけていくのだから、あぶないものだ。
 工事のおじさんが、トラックを止めて、先に行けと合図してくれたので、先へと走らせてもらう。自転車以外一方通行の道を入っていったので、後ろのトラックとはおさらばだ。
 そのままついてこられたらスピルバーグの「激突」ですな(笑)。


野川と仙川の合流点。やっぱり都会の川なんで汚いデス

 やがて野川へ出て、サイクリングコースを少し走る。このまま行けば深大寺や次太夫堀公園だなぁと思いつつ、帰らねばならないサラリーマンのつらさ(誰がサラリーマンやねん)。以前に迷った「宇奈根」で一旦停止する。
 この宇奈根で迷ったことがある。逆走したり、曲がり方を間違えて、多摩川へたどり着けなかったのだ。
 しかし、今日は違う。ナビがあるのだ。それっと、そこを開始地点として、自宅へとルート検索をする。
 ばっちりとルートを示してくれたが、二子玉川で川崎側へ渡る面白くないルートだったため、あくまでも、東京の山の手を走りたいと走り出す。
 あれほど迷った二子玉川までをなんなくクリア。幅1.5メートルほどの路地へでも、まったく心配なく入っていけるのは、ナビと地図のおかげだ。
 246を横断し、丸子川沿いに走ったり、ナビにしたがって遠回りをしたりする。途中の公園で休んだり、多摩川園から先は激坂を上ったりと、好き放題しても、ナビは行く方向を示してくれている。ウチはあっちだとハッキリわかるぞ。


公園で一休み


外での地図の見え方はこれぐらい


丸子川には鴨もいるんですな


 やがて中原街道を渡り、「桜坂」のある定番コースへとたどりつく。しかし、ナビは環八方面へつれて行こうとするので、したがってみる。
 でも、30メートル走ったところでナビのいうことを聞かないことにした。ものすごくイヤな奴だ。人間としてつきあったら、こんなにイヤな奴はいないかもね。
 それでもMio168RSは不満を言うこともなく「ルートを再検索します」と言わせつづけてしまった。
 やがて鵜の木付近。大規模マンションが立ち並ぶ街となった。昔は高層建築というと、キヤノン本社だけだったのだが、いまではぐるっとまわりにマンション群がある。大規模スーパーも建設途中だ。

マンション群にかすむキヤノン

 これらのマンション工事のせいで、大田区サイクリングコースは分断されていたのだが、今日見たら、きれいにつながっていた。
 歩道とサイクリングコースがあり、間に桜並木があるいい道である。しかし、サイクリングコース側でジョギングしているのよな(T_T)。


なんだか立派な大田区サイクリングコース。遠くにはNECルネサンス玉川

 1970年からある、川崎側のサイクリングコースはますますみすぼらしくなっていく。トイレなどの施設もおざなりだ。
 川崎市ってやっぱり貧乏なんだね。まぁ、貧乏人のオレなんかが住んでいるんだから、著名人、タレントの住む世田谷区や大田区とは比べられないんだろうけどね。
 一抹の寂しさを胸に帰宅したのだった。


本日のくねくねコース

走行距離 30.3Km
走行時間 2時間15分
平均速度 13.4Km/h
最高速度 34.1Km/h
積算距離 1462.4Km

|

« Mio168RSアンテナ垂れ防止改良ホルダー | トップページ | 次太夫堀公園リベンジ »

コメント

ずいぶんくねくねしてますね。たのしそー(~o~)
今度は米田さんも何か絵を描いてみてくださいな!

多摩川のサイクリングコースは走りやすそうですね。家の近所は路肩の状態が非常に悪く、走るのが怖いくらいです。ビンボーなのかな?やっぱり・・・

投稿: suzy | 2005.05.24 20:50

どこへどう曲がろうと、行く先がわかるのは安心ですよ。昔はそれで道に迷ってましたけど。
多摩川サイクリングコース、案内しますよ。また新川崎まで来てくださいね。って、その前に逗子へ行きたい(笑)。

投稿: 米田裕 | 2005.05.25 00:01

いや~、GPSサイクリングっていいですねぇ。
多少遠回りしようが必ず着く筈だという安心感は私のようなヘタレで道路オンチには本当に助かります。MioMapも今後のバージョンアップでどんどん使いやすくなって欲しいもんです。

投稿: Nash | 2005.05.25 16:22

○Nashさん
いやー、GPSというか、ナビというか、いいですよー。こんなにいいとは思ってもいませんでした。
 重たい地図帳を持ってなくてもいいし、行きたいところへすぐにナビ可能。道は従わなくても刻々とリルートしますから、最終的にはつじつまがあう。
 幅1メートルの路地なんて、どこかへつながっているかわからないと入っていけませんが、地図があるので安心して入っていけます。

投稿: 米田裕 | 2005.05.25 22:02

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/4254074

この記事へのトラックバック一覧です: Mio168RSを持ちくねくねと走る:

« Mio168RSアンテナ垂れ防止改良ホルダー | トップページ | 次太夫堀公園リベンジ »