« Mio168RS台座 バージョン2.0 | トップページ | 雨の日のMio168RSとMioMap »

2005.04.20

世界最軽量の折りたたみ電動アシスト自転車

 電動アシスト自転車といえば、重たいのが当然とされてきた。パナソニックの「世界最軽量」と宣伝していたWiLLエレクトリックバイクでさえ、16.9Kgもあるのだ。気軽に運べる重さではない。
 ところが、この11日に、大阪のサンスター技研株式会社が「世界最軽量」の折りたたみ電動アシスト自転車を発売した。

al14

サンスター技研「サンスターインテリジェントバイクAL-14 」プレスリリースより

 重さはなんと、13.9Kg。これならちょっと重めの折りたたみ自転車とさほど変わらない。価格は8万7000円(税込み)と、電動アシスト自転車としては、それほど高いものでもない。
 アルミ製フレームで、14インチタイヤ。シングルスピード。リチウムイオンバッテリーで26Kmほど走れるそうだ。
 このアルミフレームの自転車単体で、たぶん9Kgぐらいのものではなかろうか? 13.9Kgから9Kgを引けば、4.9Kg。モーターと電池でその重さとなる。さらに電池は1.7Kgと重量が公開されているから、モーターは3.2Kgぐらいか?
 14インチアルミ折りたたみ自転車といえば、ネットで見る限り、さまざまな改造がされている。もっと軽くすることもできるかもしれないし、多段化もできるかもしれない。
 まぁ、エンド幅がわからないのでなんともいえないけど、いじれるところはあると思う。
 さて「世界最軽量」を奪われてしまったパナソニックはどう反撃に出るのか? トレンクル6500を電動アシスト化すれば、たぶん11Kg台と「世界最軽量」の座を奪還できると思うが、20万円ぐらいになってしまうだろうね。
 どーするナショナル自転車?

|

« Mio168RS台座 バージョン2.0 | トップページ | 雨の日のMio168RSとMioMap »

コメント

あ、リア・エンド幅実測しました。
122mmでした。(個体差あるかもです)

投稿: Nash | 2005.04.20 21:49

○Nashさん
 122ミリだとFrogとほぼ同じですね。ということはインター3、インター7、インター8が入るかもしれないけど、14インチリムだと20穴でしょう。20穴のインター3はミヤタ用のやつが補修パーツで和田さんとこにありますが、スポーク折れも多いとのことです。14インチリム24穴があるなら36穴のインター7、8で間引きして組めますね。
工房赤松のトレンクル改造用パーツが使えるのかもしれません。
http://www.kobo-akamatsu.com/

 でも、速度が15Km以下に落ちるとアシストがかかるわけですから、坂道用のローギアはいらないかもしれませんね。
 アシストの切れる24Km/h以上で走るためのギアが必要ですかね。

投稿: 米田裕 | 2005.04.20 22:22

米田さんいつも楽しく愛読してます。
アシストをどう利用するのかはオーナーそれぞれでいろいろ違ってくるんじゃないかなぁと思ってます。個人的にはアシストは発進時と坂道以外は使わない方針で行きたいですね。でアシスト無しでもそこそこの走行性能を確保したくて多段化を考えていました。(電池切れってこともあるだろうし)
あらかじめ用意されたアシスト・モードって考え方があればいいですね。どういう状況でアシストが働くかプリセットとユーザー・モードがあって簡単に切り替え出来るとか。
バッテリーは近い将来飛躍的に改善されると信じてますがそうなるとアシスト付きはブレークしますよ。楽々30Km/hで巡航とか出来たらいいなぁ。(へたれなので。)

投稿: Nash | 2005.04.21 01:02

すごいですね!13kg。ちょっとびっくりでしたよ。
これで多段化で、通常の走りも快適なら、相当使えるものになるんじゃないかという感じですね。
向かい風と坂道にのみ使えればいいので、通常の走りがよければ、問題まったくないと思うので。

投稿: じんざ | 2005.04.21 01:06

 個人的には坂道と向かい風時のアシストは欲しいですね。

○Nashさん
そこそこの走行性能であれば、インター3で十分かと。あとはフロントギアはいじれないのでしょうかね? 6穴みたいですから市販はないのでCt'sで作ってもらうとか。
 アシストは法規で24Km/h以上がダメですから、30Km/h巡航をめざすなら、別のアプローチですね。
 逆に24Km/hあたりで、楽に走りたいときにはいい選択だと思います。
 30Km/hなら、フロント62Tのリア11Tでケイデンス90ぐらいで達成できませんか? このときには電動アシストは沈黙したままですけど。

○じんざさん
街中で普通の走りなら、内装3段でいいと思います。内装3段でいやだったのは、坂道用のローが足りない。2速でも20Kmがやっとというとこですかね。AL-14のターボモードでは、24Km/hまで効くとのことですから、十分かも。
 あとは、回生ブレーキで、減速中に充電してくれるといいんですがね。

 当方が想定しているのは傾斜4~7%が12キロ続く道を登ることです。帰りは、いっさいこがないで下れますので、回生ブレーキで発電して充電までして欲しい。
 つって、富士山か(笑)

投稿: 米田裕 | 2005.04.21 01:30

○nashさん
あ、予備バッテリは小型で1.7Kgです。バッグ内にどうです? これで走行距離は2倍です。

投稿: 米田裕 | 2005.04.21 01:33

発進時アシストがあるなら60T超もありですね。CT'sなら作れるんじゃないでしょうか。

東芝が1分で99%(だったかな?)充電可能なリチウム電池を既に開発していますのでこれが使えればスタンドなどでポチッと満タンに出来ます。

投稿: Nash | 2005.04.21 01:49

 ナショナル自転車工業がこだわり自転車工房Cycle WebStudioなんてのを作って、今売っている電動アシスト自転車のオフタイムを設計技師まで引っ張り出して自慢していたわけですよ。
17.6Kgは十分「軽量」だったそうです。
 そこへ出てきた13Kg台の折りたたみ自転車。
 発想がやはり違うんですね。ナショナルという大看板を背負っておごっていたと思うのです。
 ライトウィングが10.9Kg。先に書いたようにバッテリは1Kg台とか、モーターは3.6Kg台とかだと、15Kg以内で作れたはずなのに、なぜかやらなかった。それまでの電動アシストサイクルの重量しか気にしてなかったんでしょう。
 だから、17Kgを切れば、最軽量といってました。
 ところがサンスターは、軽量の駆動ユニットを持ち、ほぼ全車種に取り付け可能と意気込んでいるだけあって、重い車体は相手にしてなかったんですよね、
 台湾製なら、トレンクルもどきで8.5kg台の車体はいくらでもあります。それに自社の5Kgを切るパワーユニットをつければ、世界最軽量電動アシスト自転車なんてすぐにできる。
 ナショナルの大々的に宣伝していた「世界最軽量」に対するジャブかな。
 ナショナル自転車は世界最軽量のトレンクルを持っていながら、電動化は考えてなかった。
 それで今、ナショナルの「こだわり自転車工房」サイトで、軽量化電動アシストサイクルに対して、開発者インタビューまでとって宣伝していたのが、このサンスターので色あせたのが面白い。
 前ほど大々的に宣伝できなくなってますね。
http://www.cycle-webstudio.jp/library/index.html

 7Kg台の車体を持っているところなら、どこでも世界最軽量折りたたみ自転車を作れます。それにはサンスターのユニットを使えばということで実現します。
 モーターや電池など、電力パーツを作ってないメーカーならすぐにできそうですが、ナショナルだと意地でもできないでしょうね。

投稿: 米田裕 | 2005.04.21 10:19

電動化に関しては、個人的にはいあまで重量のこともあったし、走行距離が短いという事もあって、ほとんど興味はなかったんですが、ここまで軽いと通常の走りでもそれほど辛いということもなさそうなので、非常に興味が出た次第です。内装三段でもあれば嬉しいですね~

中原街道のアップダン越えとか、箱根や富士山といったところのヒルクライムが楽になると楽しそう(笑
箱根や富士はともかく、中原街道を楽に進めるだけでも十分価値がありそうです(笑

投稿: じんざ | 2005.04.21 11:03

中原街道の車道をFrogで走りましたが、下りはなんとか自動車の流れについていけるものの、上りになると、とたんに遅くなり、ついには危険を感じて歩道を走ってしまいました。
上りでもアシストの効く範囲、普通は15Km/h、ターボモードで24Km/hで走れれば、かなり楽ですね。

投稿: 米田裕 | 2005.04.22 17:01

はじめまして・・
サンスターのAL-14に興味があり 検索でこちらに訪問しました。
このページを拝見して 益々興味が湧いてきて 昨日、東急ハンズの試乗に出掛け 購入してしまいました。
小径の割りには乗りやすいですが 皆さんの言う通り変速機or60Tが付けばパーフェクトで良い自転車だと思います。

投稿: おじさん | 2005.05.01 21:18

○おじさん
初めまして。
AL-14をお買い上げとのことでおめでとうございます。
東急ハンズでフロントギアを見ましたが、ラチェット構造なんで、別のやつに変えるのは難しいかなと思いました。
後輪に内装3段を入れるとよさそうですね。

投稿: 米田裕 | 2005.05.02 04:20

米田さん 始めまして
早速 実車を観察して見ると 48T-11T タイヤ直径約335ミリでした。
これで24km/h出すには88回転の脚力が必要ですから "おじさん"には無理です
普通に走って15~18km/h位ですかね
昨日は、ハンズ新宿店から 有楽町~秋葉原~赤羽まで30km走行し お尻が痛くて参りました
アシストが必要だったのは 秋葉原から本郷辺りまでの上りでしたが とても有難かったです

投稿: おじさん | 2005.05.02 20:28

○おじさん さん
 実車レポートありがとうございます。48T×11Tですか。
 インター3入れるとリアは最低でも13Tになりますが、計算すると25Km/hで走るには、ケイデンス77ぐらいでよさそうです。
 サドルは、お尻にあうものに変えた方がいいかもしれませんね。シートポスト径や長さも気になります。
 改造レポートもお待ちしてます(笑)。

投稿: 米田裕 | 2005.05.03 01:27

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界最軽量の折りたたみ電動アシスト自転車:

» AL-14について和田さんから返答 [晴れのち自転車時々猫]
サンスターのAL-14について和田サイクルの和田さんに問い合わせを入れたところ返答が来ました。アバウトな質問なのに丁寧に答えていただき、恐縮です。 以下引用 >14インチだと20穴のリムだと思います。 >20穴のハブ... [続きを読む]

受信: 2005.04.20 22:02

» インテリジェントバイク AL-14 [TOKYOサイクリング便り]
サンスター技研のインテリジェントバイクに、いつのまにか重量が13.9kgという随 [続きを読む]

受信: 2005.04.22 02:40

« Mio168RS台座 バージョン2.0 | トップページ | 雨の日のMio168RSとMioMap »