« Mio168RSへの関心度 | トップページ | 世界最軽量の折りたたみ電動アシスト自転車 »

2005.04.20

Mio168RS台座 バージョン2.0

 Mio168RS用の自転車取り付け台座が発売されるという
 まずはめでたい。それなら、自作派としては、純正品にない要素を盛り込みたくなる。でもって東急ハンズへ。
 防振用品として売られているものをチェックすると「ソルボセイン」なる製品を発見。


ソルボセイン。衝撃吸収材だ

 1976にイギリスで開発された特許品で、振動を吸収するあれこれが書かれていた。よーし、買うたろやないけ。これでホルダーの防振対策をするのだ。


ブラケットの大きさに切る


2枚重ねで安心?


タイラップ2つで固定。これで落下なし

 家へ帰り、ソルボセイン(カミュではない)2枚重ねで多い日も安心よ対策をしたホルダーを完成させた。ネジは長さ15ミリのもの(たぶん100円しない)に変更している。
 接合部となるソルボセインがブヨブヨとくずもちみたいなので、2箇所でタイラップで止めてあるのがいやだが、純正品にはない機能を追加できた(笑)。
 これで振動を防げるのではないかと思う。
 次はアンテナの垂れ防止かぁ。

|

« Mio168RSへの関心度 | トップページ | 世界最軽量の折りたたみ電動アシスト自転車 »

コメント

おお、ソルボセイン登場(笑
私も前のシステムでやったんですが、その時は固定方法が別だったので、それほどでもなかったんですが、一点支持の場合、ソルボセインのやわらかさが災いして、小さな振動は取ってくれるんですが、大きな振動はむしろ増幅してしまう傾向にありました。固定方法と固定位置次第だとは思うのですが、Mioの中心部分でなら、さして問題ないかもしれませんね(^^)タイラップも一本追加でかなり固定度があがってるようですし、いいですねーアンテナの垂れは、Mioになにか補助器具装着するような形だといいかもですね。あるいは、単純にプラ板を伸ばすだけでもいいのかも。

でも、私は以前アンテナ折りたたんでいるのに気づかず搭載して使ってたことが(笑 いや普通気づくんですが、その時は何故か気づかなかった。でも、なぜか測位はしてたので、疑問に思わなかったです(^^;

投稿: じんざ | 2005.04.20 15:39

Mio168RSのホルダーに関して教えて下さい。
本体(Mio)がホルダーから簡単にすっぽ抜けたりはしないのでしょうか?(例えば急ブレーキをかけたときとか..)
ホルダーの写真を拝見する限り、ロックラッチのようなものは見えないので、適度な摩擦でホールドされていると考えればいいのでしょうか?


投稿: imr | 2005.04.20 20:49

○じんざさん
 外で条件がいいと、アンテナたたんでいても衛星捕獲しますね。アンテナを立てておきたいというのは、単に見栄えの問題なので、アクリ板でもいいかとハンズでさがしましたが、切ってもらわない限りないですね。厚さは3ミリでちょうどなんですが。

Danjunさんが別コメントでも書かれているように、GPSアンテナの下に鉄板を敷くと感度がアップするとのことですから、鉄板で考えてみようかとも思います。重くなるのはゴメンですけど。

○imrさん
>ホルダーの写真を拝見する限り、ロックラッチのようなものは見えないので、適度な摩擦でホールドされていると考えればいいのでしょうか?

 その通りです。ホルダー下の2本のレール状の突起と上部の押さえが、ちょうどMio168の厚み分に作られていて、固くもなく、ゆるくもなくホールドされます。
 自転車につけて走った限りでは、ブレーキや振動で飛び出してしまうことはありませんでした。飛び出すなら、太い輪ゴムででも押さえようと思っていたのですが、いりませんでした。
 ただ、30度ぐらい上へ向けた取り付けなので、飛び出さなかったのかもしれません。水平ではどうなるかは試してません。

投稿: 米田裕 | 2005.04.20 21:01

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/3775375

この記事へのトラックバック一覧です: Mio168RS台座 バージョン2.0:

» Freeliner [晴れのち自転車時々猫]
リキセン・カール製のFreelinerを新宿Jokerで購入。 リキセン・カールのバッグ類は安くはないが頑丈な作りと使い易さですごく気に入ってます。特に自転車にワンタッチで装着出来るKlickfixシステムが快適。ちょう... [続きを読む]

受信: 2005.04.20 21:59

« Mio168RSへの関心度 | トップページ | 世界最軽量の折りたたみ電動アシスト自転車 »