« サインの保護をしてみた | トップページ | 子乗せヘルメットも浸透してきたか? »

2005.04.15

4月15日、Mio168RSの台座をつくる

【2005-4-19写真追加】

 さて、Mio168RSをどうやってFrogにつけるかだが、Frogのハンドルバーは、もともと520ミリのものを440ミリに切り詰めたものと交換している。
 バーエンドバー、グリップ、ブレーキレバー、KLICKfix、ベルなどでいっぱいいっぱいだ。隙間をあけるとしたら、ベルを取り外すしかない。
 ところが、ベルは道路交通法で定められた自転車の装備品だから、とりはずしたままともいかない。
 しばらく前に、ヨドバシカメラ川崎店の自転車売り場でNUVO社のレバーベル(661円)という製品を発見し、いつか使えるかと買っておいた。実際には取り付けようとしたらKLICKfixの長さによってバッグと干渉して鳴らないので、保管してあったものだ。【サイクルランドチューブ】だと560円と安いね。
 レバーベルを使うにはKLICKfixの延長パーツKF828が必須だ。これはYs Bike Garageで950円だった。【アトミックサイクル】だと945円ですな。
 それとキャットアイのライトHL-500II。これは生産中止らしいが、在庫のあるところでは定価2600円から大幅に値引きされて売っている。ちなみにYsでは1700円。【PALMY】だと1180円とかなり安い。
 ふだん使っているライトもHL-500IIなのだが、それをばらすわけにもいかないので、新規購入した。
 他に4ミリのナット、ピッチ0.7ミリのもの(160円)。それとハンドルポジションチェンジャー、サイクルベースあさひオリジナルのライトアダプター「灯火」(680円)。これらを使った。
 まずはベルをはずし、レバーベルをブレーキレバーに取り付ける。つぎにKLICKfixをばらして延長パーツを入れて組み立てる。このときには15度ぐらい上へむけておく。


ブレーキレバー部にレバーベルを取り付けた

 ここで、ハンドルにベルのあった場所があいているので、ハンドルポジョンチェンジャーの片方のアームと、「灯火」を使って写真のように組む。(日東 便利ホルダーTYPE-I 、2047円を使っても可能)


灯火を取り付けた


ハンドルより少し上になるようにしてある


少し高い位置にある


ブラケットをつけたところ


H-27ブラケットを取り付けたところ

 ここでパーツ取り用にHL-500IIのブラケット部をはずす。取り付け部分のパーツだけ単体で売っていればいいのだが、あいにくとブラケット以外は売られてないようだ。この方法はこちらのページを参考にさせてもらった。


ブラケット部のついているHL-500II

ブラケットをはずし、他はライトの補修パーツとして保存しておこう


 はずしたブラケットは、Mio168RSにもともと付属している車載用アームにつけるホルダーにネジ止めする。直径4ミリの穴をキリとドライバーであけて、ブラケットのネジをナットで締めた。
 このままでは1カ所でしかとまってないので、端の部分に穴をあけて、ホルダーにあいている穴を利用してタイラップで固定した。


車載ホルダーに取り付ける


ナットとタイラップで固定

 この後、HL-500IIライト付属のH-27ブラケットを「灯火」につける。角度を調節してネジを固くしめて固定する。
 これで完了だ。ホルダーへMio168RSを入れて、H-27ブラケツトへ差し込むとカチっという音とともに固定される。完璧だ(笑)。


完成したホルダー受け


ホルダーをつけてみた

 ウチにあるものを利用したので3000円かかってないが、全部買い揃えると5000円弱。6880円【パソコンGPSショップ】のRAMマウントとの差は悩ましいところかな。

さて試走といくかね

 この作業がすんだのは、午後4時半すぎ。ここまでやったら、やはり走ってこないといかんでしょうと家を出る。夕方なので、画面は昼間よりは見える。
 最初は「現在位置モード」にして、丸子橋まで走る。目的地のみ設定してあるが、どこを走ろうと何も言われない。
 丸子橋に到着したので、帰りはナビを使ってみることにする。東京側へ渡り、橋の下の公園でナビをセット。ついでに写真も撮る。


Mio168RSをつけたFrog


バッグとも干渉しない


ほぼ中央にナビ画面がくる


アンテナをのばした状態

 
アンテナが垂れ下がってくる対策を考えよう

 ナビを開始すると、いきなり引き返せという。一般道へ出るのは、河川敷へ下ってきた道がいちばん近いから当然だ。
無視して大田区多摩川サイクリングコースを走ると、左折して一般道へ行けという。したがってみることにした。
 土手から下った道を走っていると、さらに左折させようとする。まっすぐ走れる道なので無視していたが、うるさいので左折してみる。どんどん進まされ、東急多摩川線を渡らせようとする。
 その先にあるのは多摩堤通りだ。これで環八近くまで行ってガス橋通りでは遠回りなので、多摩川線の線路に突き当たった時点で戻ることにした。
「ルートを再検索しています」と30秒おきに言われながら走る。ボリュームが大きいと恥ずかしい。
 やがてずーっと裏道へ行き、ガス橋通りまで19メートルほどの地点でやっと観念したらしく「右折です」という。その前はずーっと「左折」だったのだ。
 で、指示どおり右折してガス橋を渡り、またも指示を無視して走る。最後だけはつじつまをあわせたように「目的地付近へ到着です」と言って、音声案内は終わった。
 目的地が設定してあれば、どこへ進み方を変えようと、最終的には目的地へ行けることがわかったので、心強い。音声案内は切ってしまうか、小さな音声にして無視しまくるかだ。
 Miomapでのログ取りをやめてNMEAログだけにした。例によってコンバーターでTRKに変換、カシミール3Dで読み込んでみた。
 Mio168RS、けっこう遊べるのでいいかもしれない。不満のあるところはMioMapのバージョンアップで対処されるだろう。ここらが専用GPSとは違う点だ。


あいかわらず狭い範囲を走っているなぁ

走行距離 10.4Km
走行時間 43分15秒
平均速度 14.3Km/h
最高速度 29.4Km/h
積算距離 1408.1Km

 

 

|

« サインの保護をしてみた | トップページ | 子乗せヘルメットも浸透してきたか? »

コメント

リクセンの延長アダプタ、ウチで余ってたのに ^^;)。って、どうやって渡すかという問題がありますが。

マウント、スマートにできましたね。RAMマウントはむやみにデカいので、こっちの方がいいと思います。

最近、月刊ASCIIでGPSを扱う連載記事をやってるみたいです。今月号は、モーターバイクのハンドルに4台もGPSを付けている写真が乗ってました ^^;)。その記事の中で、5月にmioのバージョンアップが予定されているようなことが書かれてました。miomapも良くなるといいですね。

投稿: tosh | 2005.04.16 06:32

いい感じに付きましたね!
とても見やすそうだし、何と言ってもスマートなのが良いです。
ちょっと気になるのは、振動によるmioの影響ですか。

投稿: Danjun | 2005.04.16 08:44

初めまして。フォルダリングバイクに記事で検索しここに当たりました。私はDAHON BOARDWALK D7 04モデルに乗っております。実は自分も168RS衝動買いした口です。(もっとも全額パチンコの勝ち金だけなので豪毅にもというにはせこいのですが)自分は固定方法は100均の自転車フロントバッグの天井部に穴を開けステープルで車載ホルダー部分を固定するというちょっと乱暴な方法です。
でも実は、意外とよかったりしますバックが布なので細かい振動は意外と吸収されます。大きい振動は若干は仕方ないと思います。機械に問題が多いのは微細振動の方なので・・・。このバックの中にマイバッテリープロを入れてケーブルのほとんども中に入れると実は結構ちょうどよかったりします。見た目はいまいちかもしれませんが200円前後でできるのがよいところかも。欠点、バックはつぶれやすいので角度が変化しやすい事です。ただこれに関しては、バックの底に100均で売っている自転車用ドリンクホルダで上げ底をする事で解決できそうです。長文失礼しました。

投稿: ted-i-sti | 2005.04.16 09:29

スッキリ決まってますね。
Mio168RSのホルダーは樹脂製なんですね。
いろいろ加工しやすそうで羨ましいです。
初期のMio168のホルダーは改造の余地が少ないので...

投稿: imr | 2005.04.16 18:50

ほーっ!実にスッキリ!前回の試走のときより、ダンゼン見やすそうですね。
色々な部品があって、流用できるんだ(@o@)
私はこの前ぽちっと買ったバックを、どうやってハンドルにくくりつけるか試行錯誤しています。
スッキリ見せたいですもんね!

投稿: suzy | 2005.04.16 20:57

○toshさん
>リクセンの延長アダプタ、ウチで余ってたのに ^^;)。

早く言ってよ(笑)。

>、5月にmioのバージョンアップが予定されているようなことが書かれてました。

あわててユーザー登録しちゃいましたよ。バージョンアップはやっぱりユーザー登録必要でしょうからね。

○Danjunさん
>ちょっと気になるのは、振動によるmioの影響ですか。

Frogのフロントサスペンションを信じて、防振はなにもしてません。あ、ブラケットつけるときに灯火にいちおうゴム巻いているかな。
問題は走っていると、振動でアンテナが垂れ下がってきます。大きな揺れだけと信じたい(笑)。
防振て、防振シート貼るぐらいしかないですもんね。ヘビーデューティー使用のRAMマウントも防振ゴムか貼ってあるだけだし。
バイク出前用のあんな機構を小さく作るのも無理そうだし。


○ted-i-stiさん
初めまして。
バッグにmio168RSをつけていたこともあります。
http://yoneyuta.txt-nifty.com/blog/2005/04/post_c89e.html
これだと違うバッグが使えないので、本体付けにしましたが、振動対策だと、バッグ取り付けもよさそうですね。ホルダーだけ売っているようなので、バッグごとにいくつか買う手もありそうです。

○imrさん
>Mio168RSのホルダーは樹脂製なんですね。

mio168のホルダーは違った形だったんですか?
現行のホルダー(Type2)だけの補修パーツとしての販売が「パソコンGPSショップ」でありますね。980円です。
吸盤つきのクルマへ取り付けるアーム部分はウチで余ってますよ(笑)。

○suzyさん

>私はこの前ぽちっと買ったバックを、どうやってハンドルにくくりつけるか試行錯誤しています。

自分のなかではまだスッキリでもないんです。本当は予定していた付け方が出来なかったので試行錯誤と手持ちパーツで解決したというとこでしょう。灯火は別の目的で買ったんですが、そっちは玉砕しました(笑)。
いろいろ考えて試して、部品や用品を自転車につけると愛着度もアップしますよ。

投稿: 米田裕 | 2005.04.17 01:39

いい感じについてますね!(^^)
うちでは付属のケースに未練がなかったので、ばっさり加工しちゃいましたけど、プラスチックのでつくると、見た感じはカッチリしててなんだかイカス。


多摩サイのコースも見慣れたもので(笑
サイクリングコースは走らせてくれないんですよね。
キャノンのあたりからサイクリングコースに乗らずにすぐ横の道路を走っていると、多摩川大橋付近になると「道路規制情報がありません」と出てきますが、これは地図上の限界でしょうかね・・(^^;

NMAEデータのコンバーターでの表示、ちょっと気になります。こういうのやりたかったので・・・
MioMapでのルートログはほとんど意味がないし(^^;

投稿: じんざ | 2005.04.17 19:52

ログ関係のは、過去ログよまさせていただきました。
なるほど・・・これは使えそうです。
出来れば、SPMappleに読み込ませられれば言うことないんですが、いかんせん独自ログなのでどうにもならないのが泣けますね。

投稿: じんざ | 2005.04.17 20:05

○じんざさん
どうも初めまして。じんざさんの自転車ホルダー記事が参考になりました。ケースを縫ったり、飛び出し防止のゴムをつけたりと細かな作業が素晴らしいですね。
縫い物はとても無理なので、車載ホルダーを使いました(笑)。
ログもNMEAでとるようになってから、他のガーミンユーザーなみのことができるようになりました。
スーパーマップルデジタルの汎用ログ形式は、バージョン6以降で対応するとかしないとかの噂がありますね。地図としてはいいんですけどね。
omaniというソフト
http://homepage2.nifty.com/uenoy/prog/omani/
を使ってスーパーマップルデジタルの地図を使う方法もあるんですが、ラスター地図の切り出しだけで面倒になってやめました。コースを決めて走るのではないので、自転車で行きそうな範囲はわりと広くなるんですよ。

投稿: 米田裕 | 2005.04.17 22:20

MioRSはあんなフォルダがつくんですねー(^^; 見た目は私の作った奴とは大違いのスマートな出来栄え。
そういえば、こないだ装着したままコケました。思い切りMioの部分も打ち付けましたが、こすれたのはケース部分だったので助かりました・・・でも、ケースがケースなので、それが傷ついてもなんら精神的ダメージもなかったのは幸いだったかもです。でも、転倒は恐ろしいです。
ネジですが、バネワッシャーを挟んでおかないと緩みやすくなりますね。
でも、転倒したときに、Mioを打ちつけた時、ネジのところでぐるんと90度回ってしまったのがダメージを軽減する結果になっていたので複雑な心境・・・


マップルのログだと、ここでたむろしたとか、ここで速度が落ちたとか、ここは随分飛ばしたなとかいうのが視覚的にわかるので、結構重宝してました。それがMioMapでも使えればよかったんですけどね(^^;
地図としては一番見やすいので・・・

投稿: じんざ | 2005.04.18 00:23

○じんざさん
ホルダー部だけ980円で売ってますよ。
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/00ae0f31.fb4c7cd2/?url=http%3a%2f%2fwww.rakuten.co.jp%2fgps%2f421115%2f497468%2f583006%2f%23579088
付属の純正ケースは2700円らしいですから、こっちの方がかなり安いです(笑)。

NMEAから変換したTRKデータをカシミール3Dで開いて、ルートを表示して、移動履歴をアニメーションで見られます。速度を50倍速ぐらいにしても、信号で止まったとか、速く走った区間とか、いろいろとわかって面白いですよ。

投稿: 米田裕 | 2005.04.18 01:32

Mio Usersフォーラムによると、自転車用マウントが出るらしいですね。
http://www.mio-tech.jp/support/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=134&forum=6

投稿: imr | 2005.04.18 21:22

純正自転車マウント、1500円ですか。アスキー24の記事も見ましたが、もっとマウントをちゃんと写せといいたい(笑)。
車載用ホルダー部を使って、ハンドルにつけるブラケットとのセットのようですね。ホルダー980円だから、ブラケットは520円。まあ、妥当な価格かと。
あと、やっぱり振動でアンテナが垂れてくると書かれてますね。プラ板かアルミ板で補強しろということですが、アルミ板だと受信に影響は出ないんでしょうかね?
純正でも振動に対する対策はなさそうですね。

投稿: 米田裕 | 2005.04.18 22:34

純正マウント1500円ですかー自作よりは微妙に値が張りますが、それでも安い方ですねー(笑 随分と安くきたもんですが、振動とかそこらへん少々気になる感じです(^^; アンテナ垂れに関しては、やはりという感じで。前に別方式で搭載してたとき、アンテナ垂れで散々苦労して、安いけどそれほど見栄えのよくないシステムで回避をしたものです(;´д`) 現在は、ケースの上部がアンテナヒンジより上にあるので、どんなに振動しても、アンテナが垂れることはなくなりました。アルミ板で補強すると、受信に影響は出るようですが、それなりによい方向に出るとかいう話を聞いたことも。

ていうか、アスキー24の記事は全然映して無さすぎるんですが(笑 宣伝としてどうかと(笑

投稿: じんざ | 2005.04.19 00:18

○じんざさん
 純正マウント、1500円定価だと、値引きもあるだろうから、自作はやめた方がいいですね(笑)。
 純正にない機能、防振とかアンテナ垂れ防止とかを工夫しないと自作する意味がなくなってしまいそうです。
 考えてみれば、クルマにつけてるGPSアンテナって、鉄板の上に載っているわけですよね。アンテナを金属板で補強しても受信に影響はないかな。
 また東急ハンズへいって悩む日々となりそう。

投稿: 米田裕 | 2005.04.19 11:56

車の場合、アンテナの下の鉄板は受信感度を高めます。説明書にも室内にアンテナを設置する場合は、20cm(←数字はイイカゲン)角くらいの鉄板を敷いてから設置しなさいと書いてあるくらい...

投稿: Danjun | 2005.04.20 17:48

鉄板は感度を上げますか。鉄板で垂れ防止モノをつくるかな。重くなるといやだけど。

投稿: 米田裕 | 2005.04.20 21:13

古い自転車マニアはよく軽量化の為にあちこち穴をあけていました。で、ベル台座などはハンドルポストに穴を開けてタップを通しベル台座を作ります。とっても簡単でしかもすっきりしますよ。

投稿: こって牛 | 2005.04.25 21:57

○こって牛さん
初めまして。暴れウシですか?
おおがかりな器具、穴をあけるドリルとかを持ってないので、いかにお手軽に改造するかです。
また、そうした製品が出てくることを望んでます。
旋盤からなにから持っているうらやましい人もいるんですけどね。あと、折りたたみの場合には、折りたたんだときの干渉が微妙な位置になることが多いです。
 こって牛さんのところはこちらですか?
http://www31.ocn.ne.jp/~kiln/uk/frmain.htm

投稿: 米田裕 | 2005.04.26 01:17

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/3715875

この記事へのトラックバック一覧です: 4月15日、Mio168RSの台座をつくる:

« サインの保護をしてみた | トップページ | 子乗せヘルメットも浸透してきたか? »