« リハビリポタで川崎大師へ | トップページ | ぐるっと一周 »

2005.01.25

ああコワ!

 夜6時すぎに買い物へクイックエースで出かけた。ショッパーをつけているので、アルプスの萩原さんが見たらなんというかわからない車体である。
 スーパーまでの途中に、街灯もほとんどない暗い道がある。道幅も狭く自動車1台分ぐらいの幅しかない。
 無灯火自転車も多いので注意して走る道だ。こちらはダイナモのライトとLEDのフラッシングライト、LEDテールライトをつけて走っている。
 左側を走っていると、前方からの無灯火自転車がやってくるのがわかった。真正面へ向かってくるので、右側走行だ。
「ま、しょーがねーなー」と思いつつ、すれ違いざま、こちらが右へ車線変更をすると、なんとそこにも自転車がいたのだ。
 どうやら、無灯火で2台の自転車が併走していたらしい。
 これにはあせった。正面の自転車は確認できたが、右側の方は黒い服装もあって、まったく見えなかったのだ。
 もはや、どこへも動けない。ブレーキをかけて減速していると、おばさん? たちは道の左右に別れてすれ違った。
 何事もない状況だが、ホントに見えないとこから何かが出てくるとコワイものだ。
 無灯火に併走、2つの道路交通法違反だぞババァ! なんて毒づきたくなる。
 こちらはライトをつけて位置を示しているので、まわりによけてもらうしかない。もしくは、バイクなみの明るさで道全体を照らせるライトをつけるしかないか。
 無灯火の自転車は、自分たちがまったく見えない存在だと知っても怖くないのだろうか? 

|

« リハビリポタで川崎大師へ | トップページ | ぐるっと一周 »

コメント

買いますか! HID!?
私はLEDの大きめの懐中電灯買ったのですが、
ランドナーのフロントキャリアにどう付けようか思案中です。
古い単2のバッテリーライト用のホルダーは
持っているのですが、これより太いのです。

まぁそんなに長時間夜間走行する予定は無いので、
LED化する必要は無いかもしれません。

投稿: GA9 | 2005.01.26 01:26

そうなんですよ!無灯火自転車はこわいですよね!
ましてや、葉山はチョー田舎なので暗いのなんのって!
ふだんは控えめなわたくしも、自転車に乗るときだけは自己主張をしなくては・・・

投稿: suzy | 2005.01.26 21:34

ワタシは逆走自転車は避けずに止まって相手に避けさせます。オバチャン達はワタシと同じ方向に避ける恐れがありますんで。また、交通量の多い道を走っている時は、ルールを守っている方がわざわざ危ない思いをして右に膨らむことはないですしね。

投稿: tosh | 2005.01.27 13:57

冬場になると黒っぽいものを着る人は多いですが、夜は見えなくなるのでいやですね。
今日は犬にフラッシングライトをつけて散歩させているのを見ましたが、人間にもつけたらどーよと思ってしまった。

投稿: 米田裕 | 2005.01.28 00:33

おお~!出ました!HID!
明るいんでしょうねえ!!
でもあのバッテリー部分はどこにしまえばいいんでしょう?重いのかなあ。
まだ装着している人に逢ったことはないんですが、どれだけ明るいか見てみたいです。

それにしても右側通行、無灯火、並走・・・。
その神経が理解できません。自分が危険を撒き散らしていることを解っていないんですね。警察よ、こういう人をビシビシ取り締まっておくれ・・・。

投稿: kira | 2005.01.28 01:43

思っているよりもバッテリーは小さいです。ステムに取り付けできるぐらいで、タバコ2箱を横に並べたぐらいかな。重さも300グラムぐらいだそーです。
とはいえ、3万円もするライトは買えないですね。

投稿: 米田裕 | 2005.01.28 12:05

コワイですよね。
人間も背中が黒いとつい直前まで気がつかないことがあります。
暗い場所では減速しないとアブナイですね。

投稿: モタイ | 2005.01.28 15:54

こちらはゆっくりでも、おばちゃんやガキンチョは結構な速度で走ってきます。
黒い服着てると見えないし、最近、視力も落ちているので見えません(自動車免許なら交付してもらえないぐらいの視力かも)。

投稿: 米田裕 | 2005.01.29 01:10

おひさしぶりです。
さて無灯火自転車の話しで盛り上がっているところを恐縮ですが、雨の日に傘差して、買い物袋ぶら下げ自転車に乗っているオバサンも怖い。

車が納車されて半年が過ぎたある日、雨の日に車で路地を走っていましたところ、傘差して、買い物袋をハンドルにぶら下げて、自転車にまたがるオバサンを発見!
嫌な気がしましたので、停車してやり過ごそうとしていたら、突っ込んできました。
その後、

「私は大丈夫」

と訳のわからない事を叫びながら走り去るオバサン。今でも忘れられません。

投稿: YAMA | 2005.02.02 01:12

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ああコワ!:

« リハビリポタで川崎大師へ | トップページ | ぐるっと一周 »