« 耳あてつけて走ってみた | トップページ | リハビリポタで川崎大師へ »

2005.01.21

自転車をコインロッカーに入れたいわけ

  今から4年前、コインロッカーに入るトレンクルという自転車を知ったときには、とても欲しいと思った。
 軽さや持ち運びの楽さもあるが、コインロッカーに入るというところが魅力だったのだ。
 それまで持っていたのはアルプス社クイックエースという自転車。1970年あたりに兄がオーダーして作ったものだ。
 クイックエースの最大のウリは輪行車だというところ。当時の宣伝文句では10分で輪行できる自転車ということだった。クイックレリーズで後輪をはずし、フォークごと前輪を抜く。フレームにはさんでベルトで締めて輪行袋に入れれば、列車に乗せてどこへでも行けるという未知の世界への探究心を増加させてくれる自転車だった。
 結局、買ってから兄は輪行したのかどうかわからない。こちらへもらってからは一度も輪行をしたことがない。
 分解組み立てに10分とはいっても、慣れればのハナシで、いちどばらしたことがあるが、小一時間ほどかかった。組み立てにはさらに時間がかかった。慣れても20分ぐらいはかかりそうだ。
 それと、その昔の輪行制度だが、JCA(日本サイクリング協会)の会員となる必要があり、輪行には会員証の提示と手荷物切符の購入が必要だった。
 JCAの会員になるには、各都道府県のサイクリング協会に入ることが必要だったように思う。これらは個人でやっている場合が多く、連絡をとることがちょっと恥ずかしかった。
 そんなことで、輪行をできる自転車を持ちながら、輪行をしたことは一度もなかった。

輪行の夢よもういちど

 それから15年ほどの年月が経ち、トレンクルの存在を知った。JR東日本が企画したということもあり、JR東日本では輪行袋に入れた自転車の列車内持ち込みが無料となった。
 こうなれば、輪行したいという夢がまたむくむくと大きくなった。
 トレンクルは、手軽な折りたたみにくわえて、コインロッカーに入るという点が購入意欲をそそった。しかし、その価格に躊躇してしまった。
 そこで、安くてそこそこ軽く、小さくなる折りたたみ自転車をさがしまくった。結局わかったのは、そのどれもが身長が高い者にはサドル高が足りないということだった。
 本家トレンクルも、長いシートポストにして身長175センチぐらいがいいところということを、すでにトレンクルを購入され、外装多段化改造をしていた加藤直之さんから聞いた。
 小さくたためて、大きな人間の乗れる自転車で、変速機は欲しい。できれば軽いこと。こうした条件にあう自転車をさがすのに2年かかった。

大きな自転車はトイレへ持ち込めない

 自転車がコインロッカーに入るといいと思っていたのは、やってみたかった輪行というスタイルからだ。自転車に乗っているだけ、列車に乗っているだけではないところが単純ではない。
 ひとつにはトイレに行きたくなったらということがある。列車に乗っているとき、列車にトイレがなければ、そのまま駅のトイレへ行くだろう。これは自分の身だけであれば簡単なことだ。
 しかし、自転車を持っていると簡単ではない。トイレに入っている間、自転車をどこへ置くかが問題となる。ご存知のように駅のトイレの床はかなり濡れている。はっきりといえばきれいだとはいえない場所だ。そこへ輪行袋に入れた自転車を置くわけにもいかない。ならばと、自転車を背負ったまま用を足すわけにもいかない。
 個室方面へ入るとしても、自転車を置いておくスペースは個室内にない(最近ある赤ちゃんといっしょに入れる個室なら大丈夫かも)。
 となれば、トイレ以外のどこかへ置いておくことになるが、離れた場所で目も届かないとなれば盗難も心配だ。
 そんなときにロッカーへしまっておけるというだけで、かなり行動が楽になる。ロッカーへしまってトイレへ行き、戻ってきて取り出すだけでいい。まぁ400円という金額はかかるが、有料トイレもあることなので、そうした類とあきらめてしまうことにする。


大型ロッカーなら大楽勝で入る

 こうしてFrogを購入したわけだが、買った当日、乗り換え駅の構内にコインロッカーがあったので、中型を開けて入れてみた。スッポリと入ったときにはやった! と内心ガッツポーズだ。
 あとはできれば駅構内に中型、大型ロッカーを増やしてもらいたいものだ。構内にないので、改札を出て、外の大型ロッカーへ入れてトイレに行ったことがある。
 1人で輪行旅行をしたいなら、自転車はコインロッカーに入るものがよさそうだ。

|

« 耳あてつけて走ってみた | トップページ | リハビリポタで川崎大師へ »

コメント

コインロッカーに入る魅力、解ります。きっと、便利だと思います。
今度はもう少し小さい自転車を
・・・と言うわけで、米田さんがfrogを選んだ理由を知りたかったところでした(~o~)

投稿: suzy | 2005.01.21 23:16

やはり、コインロッカーに入るってのはいいですよね。手荷物預かり所のある駅も最近少ないですし。出先で雨に降られて、自転車に乗らない場合もコインロッカーに入れておけばいいわけですから。
今年は自転車メインでないとき用の軟弱輪行自転車が欲しいと思っているのですが、こういう話を聞くとやっぱりFrogですかね。BikeFridayの16インチのやつも小さくなりますが、あれはBromptonサイズですし。
ちなみに私の場合、トイレのときは案内版などの柱にワイヤーロックです。電車のデッキにのせるときも手すりなどにワイヤーロックです。

投稿: ロイ | 2005.01.22 08:50

なんで米田さんがFrogをコインロッカーに入れるのかしりました。^^そう考えると、便利ですね。

投稿: ayako | 2005.01.22 12:33

○suzyさん
 コインロッカーに入ると便利です。その反面、走行性能は犠牲になります。MR-4とかだとさっさと走れるんだろーなーと思ったりします。

○ロイさん
 どうもです。自転車乗っていって、飲んでしまうときにも駅のロッカーに入れておいて、電車、タクシーと乗り継いで帰るのに便利です。
 ブロンプトンでも中型ロッカーに入ると思います。大型ロッカーならBD-1も入るとのことです。そうなるとBikeFridayの16インチ車輪のやつは魅力ですね。きっと軽く作るでしょうし。
 問題は小型以外のコインロッカーの数の少なさですかね。大きなターミナル駅にはたいていありますが、小さな駅にはない場合が多いです。
 駅のなかでワイヤー錠かけられる場所って手すりとか案内板の柱ですか。輪行袋のままだとチャック開けて持っていかれそうだし、クイックレリーズの部品は抜かれるかもとワイヤー錠は3ついるかもなんて考えてます。
 電車の座席の下が最近のはスカっと空いてますね。Frogだとそこへ横置きで入りそうです。優待列車ならいちばん後ろの座席後ろのスペースですね。

○ayakoさん
 昨年末の房総ポタのとき、集合前にトイレへ行かれてますね。自転車をどこへどのように置いたのかが気になってました(笑)。
 ブロンプトンならコインロッカーの中型に入ると思いますよ。中型ロッカーだと奥行きが60センチぐらいなだけで、天地も60センチぐらいで左右は35センチぐらいあると思います。大型ロッカーなら楽勝でしょう。大型だとFrogとショッパーとフロントのバギープラスとヘルメットを入れておけました。

投稿: 米田裕 | 2005.01.22 16:18

なるほど、コインロッカーに入れる手があると
輪行での活動範囲を広げる手段になりえますね。
写真が趣味なので、旅先へ輪行した際
たしかに、ちょっと自転車邪魔くさいと思う事もあります。

ところで、会社の近くでピンクのFrogに乗っている人を見かけました。
スゲイかわいい!

投稿: pakka | 2005.01.24 00:40

○pokkaさん
> ピンクのFrogに乗っている人を見かけました。

Frogにはグリーン以外の色がないので、ひょっとするとこちらと見間違えたとか
http://www5a.biglobe.ne.jp/~ehara/bicycle/05dahon/pa412.htm

あとは関西方面で真っ赤なFrogに乗っている人がいるようですが、自分で塗り替えたのかは不明です。

投稿: 米田裕 | 2005.01.24 12:31

おー、コレに違いない!ダホン。
女性だったし、塗装はしないでしょうし、、
フロントがプジョーぽい気がしたのですが、確信が持てません。
でもピンクのカエルもとてもいい感じだと思います。

投稿: pakka | 2005.01.24 19:12

ダホンのスイートピーでしたか。
身長167センチまでと子供、女性用ですが、乗れる人にはよさそうです。
Frogの塗装は蓄光塗料なんで、あの緑色です。夜になると光りますよ。

黄色だのピンクだの作ればいいと思いますが、ドイツ人は頑固にこだわるんでしょう。

投稿: 米田裕 | 2005.01.25 19:57

 車が修理で1週間車庫入りするため、輪行できる通勤用の自転車を探していました。フロッグに一目惚れしていたのですが、米田さんからいただいたコメントで、トレンクルを検討してきました。昨日、トレンクル6500を注文しました。納得の13.2万円でした。
米田さん、ありがとうございました。

投稿: yosio | 2005.01.30 10:28

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車をコインロッカーに入れたいわけ:

« 耳あてつけて走ってみた | トップページ | リハビリポタで川崎大師へ »