« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.23

なんちゃって16速Frogクランク1回転で進む距離

 手がけで変速するので、実際には60T×8速と48T×8速になるFrogだが、それぞれのフロントギアで走った場合、クランク1回転での進む距離を計算してみた。
 参考としてノーマル状態な内装3段Frogのものも併記しておく。

内装3段

52T 

内装8段

48T

60T

1

3.04m

1

1.71m

2.26m

2

4.17m

2

2.09m

2.76m

3

5.67m

3

2.43m

3.04m

 

 

4

2.77m

3.46m

 

 

5

3.25m

4.07m

 

 

6

3.97m

4.97m

 

 

7

4.61m

5.78m

 

 

8

5.24m

6.57m

 48Tでも、8速ではノーマルFrogの3速よりちょっと低いぐらいだから、平坦な道でもそこそこ走れるだろう。ノーマル1速よりも下には、4速分ほど増えることになる。坂道にはどれほどの効果があるのか楽しみだ。
 60Tの場合には、ノーマルFrogより、上で2速、下で2速増えることになる。街中では、これぐらいが使いやすいのではないだろうか。

041022003.jpg
8速×2となる
 市街地用8速と山道用8速仕様となるが、16速とは言いづらい。あくまでも8速×2というものだね。
 これで、とりあえずはいじるとこがなくなってしまったなぁ。ちょっとさびしい(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.10.22

Frogなんちゃって16速化

 台風が過ぎて、やっと晴れた。この晴れは2〜3日続くそうだが、その後はまた天気が悪いという。
 土日はなんだか用事もあるし、本日も仕事で都内へ出かける。ならば、仕事先へFrogを持っていき、帰りはメシなんかも食いつつポタリングをしようというナイスな企画が浮かんだ。すぐに実行だ。
 帰りを楽しみに仕事先へ行き、Frogを折りたたんだ。このときに何かあったのかもしれない。仕事が終わり、Frogを展開し、さぁ帰ろうとすると、ギアがおかしい。変速をしてもスカスカと軽いままだ。
 見ると変速ワイヤーがはずれていた。簡単に直るかと思っていろいろとやってみたが、どうやら車輪をはずさないとダメそうだ。しかし、車輪をはずすスパナを持ってない。

さぁ、和田サイクルへ行くぞ

 というわけで、帰りのポタリングは中止となり、和田サイクルへ直行することとなった。時間的に帰宅ラッシュの電車へ持ち込むことになり、肩身の狭い思いだ。
 まともに走れないので、荻窪駅からタクシーで和田サイクルへ乗りつけた。こんなときにも小さく折りたためるFrogは便利だ。
 見てもらうと、インター8のワイヤー止め具が回転してしまい、おかしくなっていたとのこと。やはり車輪をはずさないとうまくつけられないものだった。
 これはあっという間に直ってしまったが、夏前から懸案のフロント60T化について訊いてみると、必要なパーツは全部あるとのことだ。
 こうなりゃと、勢いで頼んでしまった。
 しかも、フロント60Tでは坂道ばかりの道では不安があるので、48Tをインナーにつけてもらうことにした。手がけで変速する「なんちゃってフロントダブル」化だ。
 待つことしばし、念願のフロントダブル化が完成した。待っていたのは3ヶ月、作業は1時間もかからなかった。

041022001.jpg
いきなりフロントダブル完成

041022002.jpg
こんな感じですが、よく見えない?

041022003.jpg
アウター60T、インナー48Tのフロントダブル

 近所を試走してみると、かなりイイ感じだ。5速でノーマルに走れ、8速はかなり重い。常用するのは4〜7速という希望通りとなった。下りでの加速や追い風のときに8速を使うことになるだろう。
 軽い方は、かなりスポイルされた。アウター×1速では登れない坂も出てくるだろう。そんなときのためのインナー48Tなんである。まだ坂で試してないので、どんな感じだかわからないが、富士山は登れるだろうか(笑)。
 7月からのモヤモヤとしたものが、今日1日であっという間に片付いてしまった。やはり、出向いていかないとダメなのだが、いままでずーっと雨だったしねぇ。
 それにしても、和田さんたちは夜遅くまで働いている。改造注文をこなすためだが、お身体には気をつけてください。

041022005.jpg
本日も閉店時間すぎても、まだ作業中の和田さんとけんゆうさん

オマケ
 和田サイクルでバッタリ会ったりりふぁさん(先日、事故にあわれたそうだ)の前カゴの中、おいしそうなニンジンといっしょにあるのはトレンクルのハンドル部分。畑に生えていたのだとか? (笑)

041022004.jpg

 和田サイクルからの帰り道、自走で帰ったのだが、途中サイクロコンピュータが作動していなかった。電波状態がシビアなんである。おかげで距離と時間はおかしいと思う。あと、車がいなくなるのを見計らって、車道へ飛び出し、フロント60Tの威力をためすべく、ひたすら踏み込んだ。最高速度が記録どおりだといいんだけど、あてにならない。
 以上をふまえて、参考までに表記しておく。

走行距離 26.3Km
走行時間 1時間57分
平均速度 13.3Km/h
最高速度 39.2Km/h
積算距離 1072.8Km

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2004.10.19

サイクルウェアーってどうする?

 なんだか自転車にも乗らず日が経ってしまった。10日以降、まったく乗ってない。
 天気が悪かったり、晴れの日は仕事だったり、お通夜だったりと、なんだか乗れないのだった。
 今週はあさってぐらいから台風だそうだ。
 来週からは仕事週間に突入するし、このままでは乗れない日々は続いていく。
 仕事先へでも無理やり乗っていこうかと思うが、自転車に乗っているときの服装と、仕事をする場合の服装が一緒ではいかんので、思案してしまう。まだまだ動くと暑い。自転車に乗る服装を優先させると、仕事先ではとんでもない格好になる。かといって、汗もかくしなぁ。
 早いとこ、真冬になってもらいたいものだ。となれば、着るものもそんなに困らないかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.10.11

10月10日特別編。ニフティ自転車フォーラムオフ

 日本列島を台風22号が駆け抜けた。首都圏での被害も出ている。でもって、10日には台風一過、晴れ、気温28度という予報が出て、ニフティ自転車フォーラム多摩川オフは開催されることになった。
 当日は朝からぐずついた天気。時おり雨も落ちる。しばらく悩んだが、Frogでの出発を断念する。理由は河川敷にあるサイクリングコースの状況だ。
 9日に首都圏を襲った台風22号により、多摩川では警戒水位を超したポイントがいくつかある。そこには、河川敷にサイクリングコースがあるのだ。
 9日は心配なので(堤防が決壊すれば、ウチも床下、床上で水没するため)、多摩川のライブカメラをチェックしていた。見えた光景は、水没した河川敷だった。
 となれば、コース上に水溜りが残っている可能性も高い。天気になればいざしらず、小雨の降る状態では乾くこともない。これらの水溜りは、Frogでは走行に支障の出る深さであることが多いのだ。
 車輪が小さいため、ハブまで水没してしまうこともある。そんなわけで、今日はアルプスクイックエースでの出動となった。Frogでの走行ではないので特別編としたい。

朝からどんよりした天気

 朝からスッキリしない天気。小雨のなかを多摩川へ向かう。河川敷は水浸しの跡が残り、川は泥水状態だ。おまけに何か臭う。
 上流の下水とかも、下水が氾濫してしまえば垂れ流しだから、そんなものの臭いなのか? 台風の翌日の河川敷にはゴミだのなんだのがあふれ、近づくものではなさそうだ。
 でもって、集合地点の二子玉川を目指す。この走行をしている時点で、本日の調子がわかるというものだが、どうやら、本日は調子がよくない。ずーっと座って仕事をしていたのと、連日飲み続けていたので、最初からダメダメな調子だ。このまま帰る手もあるなぁとそのまま走っていってしまった。

041010001.jpg
川は濁流、天気も悪い

041010002.jpg
それでも人は集まってくる

 集合地点には、ロードを入手した加藤さん夫妻、お子さんの誕生された「でき」氏、Mochaさんなどがいた。「でき」氏は、自転車で参加ではないのだが、誕生したお子さんの写真をお披露目に来ていたのだ。「これが生後1時間」などという話が聞こえたが、今のこどもは最初から写真やビデオが残るのである。わしらのころは、写真も贅沢品で、白黒写真でも残っていればいいほうだ。
 やがてミヤタの小径折りたたみでGA9氏が登場。真っ赤に統一された自転車で、なかなかカッコイイ。前回のオフのときに、さんざん小径車で来てくださいと誘っていたために、本日の折りたたみとなったわけだが、今日は、こちらがひよってしまった。裏切り者と呼ばれても申し開きはできない(笑)。
 GA9さんの小径車は、日産マーチを購入したときのオマケで、ミヤタ製とのこと。シマノのインター4がついている。インター4は、1:1のギア比から、あとは高くなっていくだけなので、フロントギアが小さくても、なかなかの走りだ。

041010003.jpg
GA9氏のマーチャリ。マーチのオマケからの命名か

 集合地点には、ときおり小雨がちらつく天気の中、約10人ほどが集まった。
「こんなに来るとは思ってなかった」とHIS氏。早く出発したくてウズウズしているのか、10時30分前にミーティングを始めようとして止められている。
 やがて時間となり「儀式」が始まる。その輪のところへトラペジウム氏が遅れて乗り付ける。そのままミーティングとなった。
 やはり上流方面には大きな水溜りとのことで、迂回コースがとられることに。それと、いつものコンビニが休業中なので、新しいコンビニへの買出しをすることなどが伝えられた。手信号の練習をして走り出す。

登戸〜府中市民の森

 走り出すといきなりのハイペースとなった。気温が低いためか、トイレへ行きたくなったので、ニケ領せせらぎ館でトイレを使う。その後、登戸茶屋前で休憩。
 河川敷の草はなぎ倒され、昨日の水流の跡がわかる。そこらへん一面は、夕べは川だった場所だ。
 そんなとこへ、いくつかのグループがシートを敷いて集まっている。川は濁流、天気も悪いというのに何を考えているのやら。おまけに、昨日川だった場所は、上流の下水だのなんだのが流れているのだ。都市部の下水は、雨量が多くなると、処理されないまま川へ流れ出す設計となっている。
 住宅地で、浸水をした場合には、翌日、消毒にくるが、河川敷ではほったらかしだ。そこへ座り込んでいるわけだから、知らないことはお気楽だ。

041010005.jpg
いつもより人数の少ない登戸茶屋前

 多摩川の様子を見に来るのか、コース上にはやたらと人が多い。その合間を縫って走っていくのだが、メーターは27〜8Km/hとなっている。Frogできていたなら、とてもついていけない速度だ。おまけに北西の風で、向かい風となる
 いつも水溜りができる京王閣の前は、土手上の一般道を迂回して走る。ここらへんから、脚もへたってきて、だんだん速度が落ちていき、後ろから抜かれていく。ふだんから鍛えてないので弱いのだ。
 やがて、昼食場所へと到着。ここから、来た道を是政駅前まで戻り、昼食の買出しへ行く。駅前にあったのは小さな「サンクス」だ。そこへ20人近くが入ったものだから、あっという間にレジには行列ができた。弁当類も少ない感じ。
 買出しが終わって外へ出ると、またまた小雨が降っている。かなり感じるほどの雨だ。
 そのままサイクリングコースを戻り、いつもの場所で昼食。いきなり5人ほどがバーナーで調理開始。寒くなってきたので、冷凍うどんを温めたり、カップ麺、パスタといったものを食べる人も増えていくのだろう。

041010012.jpg
バーナーでできますものはカップ麺。この前には冷凍うどんが暖められていたが……

 こないだまで夏だったので、火なんか使わんでくれという気候だったが、1ヶ月ごとに季節は進んでいく。
 食後、多摩川へ近づくと、濁流となってゴウゴウと音をたてている。かなりな増水だ。ふだんより水位も高く、その迫力に、水というもののすごさを垣間見たようだ。

041010006.jpg
ものすごい水音。
クリックすると動画再生(要QuickTime)

帰りもまたまた速いこと

041010007.jpg
さて帰ろう

 午後2時近くになり、空もかなり暗くなってきた。いつ降り出してもおかしくない。というわけで解散、帰路につくことに。
 帰りは雨の気配が気を急がせるのか、かなりなハイペースだ。京王閣前で迂回するか水溜りを走るかで、帰りは水溜りを走ってみることにした。
 水溜りに入ると、かなりな深さだ。これでは12インチ車輪ではとうてい無理だった。脇の泥道もかなり状態が悪く、小さな車輪では走るのは大変だったろう。
 小さな車輪は、段差にも弱いが、水溜りにも弱いのだ。
 その後、土手上へ上がり、迂回組と合流。やたらと速く前方へ消えていく。追いかけてみて、サイクロメーターを見ると、時速31Kmとなっていた。
 脚もきつくなってきたので、そこそこなペースで走って追いかけないことに。
 やがて登戸到着。茶屋の前には猫の大群がいた。こんなときに「でき」氏がいれば、猫に近づいていくのだが、本日はいないので猫も安心? したのか、カメラに収まっている。

041010008.jpg
猫を撮る

041010009.jpg
撮られる猫

041010010.jpg
かなり高齢そうで気になる猫

 ニフ自転車オフでは、かなりな人数がデジカメを持っている。今日はいろいろとデジカメ談義に花も咲いていたようだ。それぞれにお気に入りの機種があるようである。
 個人的にはKodakの色が好きなのだが、日本市場から撤退していた。この秋冬から再参入とのことなので、ちょっと期待している。
 でもまー、つぎに買うのなら600万〜800万画素の機種にしたいとは思っているので、まだ先のことになりそうだ。
 現在はコミカミノルタのディマージュG400を使っているが、写りに関してはイマイチだ。オートでは露出がアンダー気味なのと、レンズの性能か、左端がぼやけている。望遠でマクロにすると、1画面のなかに明るさムラがあるのがわかるといった具合に写真としては気分がよくない。ここへ載せるためには、Photoshopで補正をしているのである。

041010011.jpg
低く重たく垂れ込めた雲に気分も重く

 天気も小雨がぱらつき、気温も低い。あんまりパッとしない気分で、ついでに頭痛までしてきて、スカっとしない気分のまま帰宅となった。その後、F1日本グランプリを見て、さらにつまらない気分となってしまった。

走行距離 55.3Km
走行時間 2時間48分
平均速度 19.7Km/h
最高速度 34Km/h

その他のオフ会レポート
2004/10/10 - @nifty 定例多摩川オフ(toshさんとこ)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.10.08

ああもう!

 ここんとこ、雨続きだったし、たまに晴れたと思ったら、その日はきっちりと仕事が入っている。天気のいい日にはFrogに乗りたいものだが、仕事なので仕方がない。ひたすらパソコンの前でキーボードを叩いている。
 でもって、今週末は仕事がひと段落しそうなのだが、なんでも台風が来ていて雨だそうな。
「きゅぼー!」なんて気分ぞなもし。
 この3連休も天気悪そうだし。どーしたものかね?
 明日(今日か)、天気さえ崩れなければ仕事先までFrogで行ってみてもよかったのだが、夜から雨とのこと。またまたダメだなぁ。
 和田サイクルへも行けないので、改造も進まないこと。お店へ直接行かないと話が進まないのだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »