« サスペンションを交換 | トップページ | 洗足池公園へリハビリに »

2004.08.07

バッグの垂れ下がりを徹底的になくしてみた

 フロントバッグにはドイターのトレイルという、リクセンカウルと同じKlickFixを使ったバッグを使っている。
 ひとえに価格が安いために買ったわけだが、このバッグ、リクセンカウルのバッグほどしっかりとできてはいない。
 リクセンカウルのALLROUNDERを店頭でさわって確かめたのだが、中に樹脂製のフレームが入っていてかなりしっかりとしている。アタッチメント部分につけても垂れ下がることはないだろう。
 ドイターのトレイルは、アタッチメントが薄い樹脂製の板についているだけなので、激しく垂れ下がる。バッグサポーターをつけたり内部に容器を入れてフレームとしたり、かなり垂れ下がり対策をしてきた。
 それでもやはり多少は垂れ下がるので、なんとかしたいと、使えそうなものを探していたが、スーパーで台所に置く、金物の調味料スタンドを見つけた。価格は1344円。
 サイズ的には、多少合わないが、なんとかなるだろうと買ってきた。これを内部に入れてフレームとするのだ。
 ついでに調味料スタンドをネジでしっかりと固定してしまえば、バッグの垂れ下がりもなくなるはずだ。

作業開始

 まずはスタンドの端が立ち上がっていたので、これをペンチで水平に戻した。バッグの奥行きよりスタンドの脚の長さの方が10ミリほど長いが無理やり押し込んだ。
 KlickFixアタッチメント部の近くでネジ止めするため、半田ごてを熱して穴をあけた。樹脂製の板と合成繊維なので熱で溶けるのだ。これで布のほつれ対策をする必要もない。
 ネジとワッシャ、ナット、ばね座金を使って固定していく。ワッシャは、内側のスタンドの幅に合う、ちょうどいい大きさのものがなかったので2枚を貼り合わせたものを作った。
 4箇所でしっかりとネジ止めすると、頑丈になった。まったく垂れ下がることもない。バッグ自体が重くなってしまったのが残念だが、リクセンカウルのバッグも自重があるのでこんなものだろう。
 装着して走ってみたが、バッグ上面が水平になり、アタッチメント部分でのゆがみもなくなったので気分がいい。

001.jpg
調味料スタンドを中へ入れた

002.jpg
外側から見たネジ止め部

003.jpg
アタッチメントのすぐ横だ

004.jpg
内側はワッシャを2枚貼り合わせて直径を大きくした

005.jpg
以前は内部にフレームを入れても垂れ下がっていた

006.jpg
金属フレームでカッチリとして垂れ下がりもほとんどない

 ALLROUNDERは12800円、たいていは定価販売だが、安いところでも11520円。ドイタートレイルは定価9975円だが安いとこでは7980円で売られている。調味料スタンド+ネジ類で1344円+364円となり、合計で9688円だ。1800円ほど安いが、作業の手間を考えると微妙なところ。面倒だと思う人は最初からリクセンカウル製品を買っておくのがいいだろう。

|

« サスペンションを交換 | トップページ | 洗足池公園へリハビリに »

コメント

米田さんこんばんは
調味料用スタンドとは考えましたねぇ。
私も以前に長谷川自転車紹介で買った、布製フロントバックをボルトで固定していますが、最近新しいのに交換したくてリクセンカウルかオルトリーブを購入しようか考えていたところです。
この方法ならドイターも選択肢に入れておきます。

投稿: 古紙 鉄屋 | 2004.08.07 22:16

 古紙さん、こんばんは。
 7月は仕事が終わらず、現在も校正待ちなので多摩川オフへ行けるか微妙なとこですが……。
 もし、新品で買うのでしたら、リクセンカウルのやつやオルトリーブの方がいいかもしれませんよ。オルトリーブの防水は定評がありますし、リクセンカウルは値段に見合うだけしっかりしてます。
 ドイターのはあまり使っている人がいないので人柱です。リスクをしょって買ってしまったものなので、なんとか快適に使えるようにしないといけませんでした(笑)。

投稿: 米田裕 | 2004.08.07 23:21

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッグの垂れ下がりを徹底的になくしてみた:

« サスペンションを交換 | トップページ | 洗足池公園へリハビリに »