« 年季の入った諸動作 | トップページ | 8速化への道 その2 »

2004.07.14

8速化への道 その1

 忙しい時期だったため、速報のみだったので、くわしく記事にしてみた。

 この4月に、存在はしていないと言われていた7速Frogが実際にあることがわかってしまった。となれば、日本で作れないわけはないと、Frogの購入先「和田サイクル」へ改造の打診をした。
 すべてはこの日を見越して和田サイクルで購入したのだ(なんて大袈裟か)。本体を買わずに改造依頼だけするのでは気がひける。
 和田さんのとこでの改造、部品代から考えると非常に良心的な価格設定で、電化製品修理のように、有無をいわさず最初に8000円などとはわけが違う。部品代を引くと、工賃が「そんな値段でいいんですか?」と思わず言ってしまう額なのだ。せめて本体を買って改造をお願いしてほしいものだ。
 それはさておき、改造に関してはなかなか進まなかった。そこで、R&M社からくわしく情報を聞き出そうとしたが、リアスイングアームは同一であること。インター7の型番を聞き出すにとどまった。
 この後、実際に和田サイクルへ行き、インター7の実物を見せてもらい、寸法を測り、ナット類を薄くすればなどという話をして、やってみようかということになった。
 しかし、全国から舞い込む改造注文をこなすため、なかなか手をつけてもらえなかった。

インター8に変更

 途中、様子を見に行くとバイトの「けんゆう」氏が、「インター7が入るなら、インター8も少しなんとかすれば入る」と言ってくれた。
「本当?」と話をしていると、和田さんから「インター8にするの?」と訊かれたので、思わずうなずいてしまった。
 こうしてFrog8速化計画はスタートしたのだった。
 このころ、海外から7速Frogを輸入するという人たちが現れた。あとは、日本へ入ってくる時期と、和田さんとこの改造の時期がどうなるかだ。
 結局、7速Frogは6月初旬に日本に入ってきた。さっそく、和田サイクルへ持ち込まれ、和田さんが細部を確認した。
 これで、どうするかという確信が持てたのだろう。「車輪が組みあがったら連絡するよ」ということになった。

待てど暮らせど

 しかし、それからしばらく連絡はなかった。
 そしてとうとう6月某日、「車輪が組みあがった」との連絡をもらった。
 いそいそとFrogを持って出かける。あいにくと雨の日だったので、折りたたんだまま担いで、1.2Kmほどの道を歩き駅へついた(我ながらよく歩いたものだ)。あとは電車に乗せ、最後はタクシーで店へ乗りつけた。
 最初の話では、置いていって欲しいとのことだったので、輪行袋のまま店頭に置かせてもらった。
 しかし、しばらくすると、気になるのか、いきなりFrogの車輪をはずして作業が始まってしまった。

001.jpg
タンジェント組で仕上がった後輪

003.jpg
スプロケットもはずされた

004.jpg
新旧の後輪

 後輪がはずされ、タイヤがはずされ、スプロケットがはずされた。新しいインター8で組んだリムにスプロケット12Tをつけてみた。ハブが干渉して使えない。つぎにブロンプトン用の13Tがつけられた。なんとか使えそうだ。

005.jpg
12Tでは使えない

006.jpg
13Tなら大丈夫か?

 後輪を組み付けると、リムが片方に寄っているのがわかった。スポーク長が合ってないのだ。スポークの調整ではどうにもならない。
 結局、車輪を組みなおすことになったので、そのままあずけて帰ることにした。

007.jpg
ありゃー、こりゃダメだよ
 

|

« 年季の入った諸動作 | トップページ | 8速化への道 その2 »

コメント

なんだかFrog大手術を受けたみたいな感じですね^^

投稿: ayako | 2004.07.14 13:07

インター8の大きさにもビックリですが、スポークが・・・ですね。
三段跳びから一挙に八段飛びになりましたね。もちろん、カエル飛びで。(笑)


投稿: akiika | 2004.07.15 16:32

初めまして、Tedです。
>後輪を組み付けると、リムが片方に寄っているのがわかった。
組み付けるまでセンターが出ているかどうか解らないという事自体が?です。 確かにこれだけ小さいホィールに合うセンターゲージは無いでしょうが、プロ用の振れ取り台で組めば大体センターは出ると思うのですが・・・

>スポーク長が合ってないのだ。
これほど短いスポークは市販されていないでしょうから、一本ずつ長いのを切ってネジ切りするんでしょうね。何でも自分でやらないと気が済まない私の周りの人達もさすがにスポーク用のダイスは持っていませんので、プロに頼らざるを得ない所ですね。

投稿: Ted | 2004.07.16 20:52

○ayakoさん
> なんだかFrog大手術を受けたみたいな感じですね^^

 たぶんトラコンも同じような感じだったと思いますよ。見なくてよかったですか?

○akiikaさん
> インター8の大きさにもビックリですが、スポークが・・・ですね。

 本家7速はラジアル組でしたが、同じことはいやだということと横からの力に弱いということで、タンジェント組になりましたが、折れないか不安は残ります。


○Tedさん
はじめまして。

> 組み付けるまでセンターが出ているかどうか解らないという事自体が?です。

 なんだかうまくいってなかったようです。どこかで計算違いをしたのかも。組み付けて、みんなでビックリ! 結局やりなおしでかなり時間がかかったようです。大変だからあんまりやりたくないと言ってました。
 スポークを特注したがってましたが、最初の1台なんで、切って作っているんでしょうね。

投稿: 米田裕 | 2004.07.16 22:19

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/961902

この記事へのトラックバック一覧です: 8速化への道 その1:

» スポークについて [自転車を楽しむ]
米田さんのblogを見て気になったことがある。 ツーリングにスポークの予備を持参 [続きを読む]

受信: 2004.07.19 23:45

« 年季の入った諸動作 | トップページ | 8速化への道 その2 »