« 6月はカエルの季節というものの | トップページ | 6/13日、重たいFrogと多摩川オフ »

2004.06.12

インター7かインター8か、それが問題だ

 朝は雨が降っていたが、起きてみると久々の晴れ。このスキにFrogに乗らないと、また雨の日々となるやもしれず。
 いろいろと考えたすえ、7速化についての発注も詰めておかないといけないので、和田サイクルへ行くことにした。じつはインター8でもいけるかもしれないという打診があったのだ。
 いろいろ知りたいことがあったので、まずは和田サイクルまで輪行することにした。駅まで行き、新宿直行の電車に乗る。あとは新宿で中央線に乗り換えて、荻窪で組み立てて青梅街道を走り、和田サイクルというコースにした。
 新宿駅での乗り換えは、ホームが離れているため、Frogを担いで歩くのは、やはり重たい。カタログ値10.5Kgだが、いまやいろいろなものがついているので12Kg近くになっている可能性がある。
 でもって、中央線に乗り換え、荻窪下車。組み立てている間ににわか雨。少し待っているとほとんどやんだので、のろのろと走り出す。途中、ポツポツと降る雨を感じながら和田サイクル到着。着いたときには雨はやんでいた。

001.jpg
和田サイクルにはブロンプトン7速化の依頼がたくさんきている

 さっそく和田さんに、インター8の可能性を訊くと、なんとか入ると思うという答え。インター7は確保してあるけど、インター8とどっちにする? と訊かれた。
 判断のためにスペックシートをみせてもらった。

    インター8     インター7
型番  SG-8R20      SG-7R45

総合ギア比 307%      244%
ギア比
   1速 0.527       0.632
   2速 0.644       0.741
   3速 0.748       0.843
   4速 0.851       0.989
   5速 1           1.145
   6速 1.233       1.335
   7速 1.419       1.545
   8速 1.615

OLD   132ミリ      130ミリ
ホール数 36H        36H
スプロケット 16/17/18/20/21/22/23T
重量  1750g        1465g

 ギア比はインター8の方が高いが、重量もすごい。元のSRAM T3が911gだから、インター7で500g弱、インター8で770gも重量が増える。折りたたみ自転車としては、軽いことに越したことはないがどうしたものか。
 リアスプロケットは、シマノの推奨は16Tからだが、14Tからいけるそうである。それ以下はハブにチェーンが干渉してしまうとのこと。
 しばらく悩んでの結論はインター8にしてもらうということにした。しかし、実際にインター7仕様のFrogの後輪を見て、スポークが特殊なものだったため、それが作れるのかどうかということから始めたいとのことで、時間はかかることになるという。
 それでも、インター8仕様のFrogはまだ日本にはないので、ぜひともお願いしますと頼んでしまった。インター7の確保は破棄するので、他のインター7改造の人にまわしてあげてくださいということに。
 でもって、電卓で仮想のリアギア数を計算してみる。スプロケットは14Tを使うものとした。

1速 27T
2速 22T
3速 19T
4速 17T
5速 14T
6速 12T
7速 10T
8速  9T

 なんということだ。内装3段のトップと変わらない。SRAMの内装3段ではリアスプロケットに12Tを使っているので

1速 17T
2速 12T
3速  9T

 となっている。インター8にした場合には、4速、6速、8速が3段と同じギア比ということになる。内装3段の各ギアの中間にギアができ、軽い方へは3段も増えることになる。
 和田さんに、トップ側はほとんど変わりませんよというと、あとはフロントギアの取替えだねという答え。明快である。
 とりあえずはフロントはそのままにしておくので、後輪が組めた段階で連絡をもらうことにして、和田サイクルをあとにした。本日のイベント「和田サイクルから自走で帰る」に挑戦だ(笑)。

帰宅コースは適当に

 どうやって帰るかということで、まずは経堂をめざすことにした。2年前まで住んでいたので土地勘はある。経堂からはウチまで帰ったことがあるので、経堂までたどりつければ、自動的にウチへ帰れるというじつにシブイ計画だ。
 以前に加藤さんに経堂までの道の半分ほどを教えてもらったので、その道をいくことに。
 ところが、記憶というのはあやしいもので、その道だと思っていた道が、まったく違うことがわかった。
 世田谷区だの杉並区の道は、昔の農道のなれの果てだから、道が直角に交わってない。曲がる場所を間違えてしまうと、どんどんと深みにはまるという底なし沼のような道だ。タクシーの運ちゃんにいちばん嫌われている場所でもある。
 なんて言っているそばから迷った。しかしまぁ、なんとなく方向だけはわかるという根拠のない自信で適当に走る。もはやどこへ着いてもいーけんねという態度だ。
 道の標識、線路を発見するたびに、方向は間違いないと確認した。結局、井の頭線の久我山付近へ出てしまった。

003.jpg
井の頭線に出会う

 久我山といえばその昔、原稿取りに通った街であるからして、ここの道もわかるのである。久我山病院を越して、中央高速の下を横断、その先へ進むと、町の様子が変わっていた。
 目印にしていた畑もない。道も立派になっている。立ち並ぶ家の様子も違う。さすがに10年前の記憶は現在に通用しないようだ。

004.jpg
こういう道だと走りやすい

 それでもなんとか甲州街道と環八の交差する高井戸へ出られた。ここから裏道を通り、元住んでいた場所を越えて、世田谷通り方面へ走る。

005.jpg
ここが元住んでいたとこの近くの水道道路

 できるだけ環八の歩道は走りたくないという理由からだ。しかし、環八からはつかず離れず走ろうという魂胆である。
 やがて東名高速の用賀インター付近へ出る。ここは横断歩道がないので、歩道橋を担いで渡った。ここで、まだ明るいから二子玉川から多摩川サイクリングコースを走ろうとしたのが敗因だった。

迷走、迷走、また迷走

 環八を走って246へ入り、二子玉川を越すのもつまらないので、岡本あたりを走ろうとしたのがいけなかった。岡本3丁目までは知っているのでスイスイと走っていったが、その後、道に迷った。
 坂の登りになるのがいやなので、平坦か下る道を選択していたのが敗因のようだ。
 二子玉川をめざして何度も行きつ戻りつしてしまった。暗くなって高島屋玉川SCのネオンが見えたので、やっと方向がわかりそちらへ向かう。

007.jpg
二子玉川についたときにはかなり暗くなっていた

 これでまだ明るいうちに多摩川サイクリングコースを走って帰るというもくろみは崩れた。だが、まだなんとなくぼんやりと明るさが残っているので、多摩川サイクリングコースを走って帰ることにした。
 サイクリングコースへ入ると、ほとんど人や自転車が見えない明るさ。こんな場所を無灯火の自転車が走っているのがコワイ。何を考えているのだ。
 こちらは電池式のライトEL-500IIをつけ、EL-400をフラッシングさせ、リアのテールライトをつけて走る。こちらからは路上の人や自転車が見えないので、よけてもらうためだ。

008.jpg
サイクリングコースはかなり暗い

 小蝿のような虫の大群の間をつっきったり、暗いのでほとんど速度は出せない。夜のサイクリングコースは走る道としておすすめしない。
 緊張感を強いられたが、なんとか帰宅。梅雨の晴れ間のひと走りとなった。

走行距離 37.3km
走行時間 2時間46分
平均速度 13.4Km
最高速度 38.5Km
積算距離 630.8Km

|

« 6月はカエルの季節というものの | トップページ | 6/13日、重たいFrogと多摩川オフ »

コメント

7speedのリアは12Tですね、多摩川のサイクリングコースを走りましたが萎えた足には6速でちょうどいい感じです。
多摩川の川崎側は昔の通勤路だったのですが感覚より遠く感じました。

投稿: でもな | 2004.06.13 18:35

米田さん、こんばんはー
なんか同日同じく道に迷っていたあたり、ちょっと親近感が湧きました(^^)
今日はいいお天気で、Frogも暑かったことでしょうね~。ナイトランは目が疲れるので、最近はさっさと輪行しちゃってます。

投稿: ayako | 2004.06.13 22:10

久々に書き込みさせていただきます。
いつも楽しく読ませていただいてます。
自宅までの自走、お疲れ様でした。

僕は方向音痴で、yamaオフの1回目の時も、
結構迷いながらの自走でした(笑)
荒川へ一人で走りに行ったときも、
来た道を同じように戻ろうとしましたが、
どういうわけか全然違う方向に向かって走っていたという始末。。。
マップケースを取り付けようかと検討中です。

投稿: Dai | 2004.06.13 22:19

でもなさん

> 7speedのリアは12Tですね、多摩川のサイクリングコースを走りましたが萎えた足には6速でちょうどいい感じです。

7速Frogは12Tですか。すると、3速より上下にギアが伸びている感じですね。6速だと、3速Frogのトップにあたります。なかなか健脚ですね。膝を痛めているとのことですが、元はバリバリ峠を走るような方ではないですか?
現在、多摩川サイクリングコースの川崎側には、2台のFrogが走っているということですね(笑)。僕も本日、ニフティ自転車フォーラムのオフ会で多摩川CCを走ってました。

ayakoさん

こんばんはです。今日はタイミングがあわずお話できませんでしたね。

> なんか同日同じく道に迷っていたあたり、ちょっと親近感が湧きました(^^)

世田谷の道は迷うんですよ。道1本違うと180度違う場所に出ることもあり、狐につままれた感覚になります。主要幹線を走れば迷わないのですが、それもつまらないので。
世田谷から川崎に戻ってきて、いちばん違うのはケーキとか、ラーメンとか、居酒屋とか、味とオサレな雰囲気がかなり落ちますね。こっちから見れば、毎日、けっこうなものがすぐに食べられたんだなぁと、うらやましく思い出します。


Daiさん

お久しぶりです。みないだのヤマ行こオフ2には行けなくて残念でした。


> 来た道を同じように戻ろうとしましたが、
> どういうわけか全然違う方向に向かって走っていたという始末。。。
> マップケースを取り付けようかと検討中です。

土曜日も、いちおう地図は持ってたのですが、方角がわからなくなってしまいました。最近むくむくとGPSが欲しくなってきましたが、YAMAHON5台分の価格に手が出ません(笑)。

また、ヤマ行こオフででもお会いしましょう。

投稿: 米田裕 | 2004.06.14 00:20

ワタシも方向オンチなもんで、GPSなしでは走れません。っていうか、GPSあっても迷います ;_;)。まぁ、道を間違えていることに気付く分、やっぱりあって良かったGPSってなカンジなのですけど。ワタシは一番高い、地図付きのeTrex Vistaを使ってます。地図ソフトも込みで7YAMAHONぐらいしたと思います。
# 地図ソフトが1本1YAMAHON.......

実は、ワタシはGPSの地図はほとんど見ないで走っています。画面が小さいから見にくいんですよ。あらかじめPCから転送したトラックログを画面に表示させておいて、それをたどりながら走ってます。だったら、地図なしの、1YAMAHONで買える一番安いeTrexでも間に合うんじゃないかという気もしてます。一番安い機種でも、トラックログを表示する機能はあるみたいですから。

投稿: tosh | 2004.06.14 19:06

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/758789

この記事へのトラックバック一覧です: インター7かインター8か、それが問題だ:

» 和田サイクルに行ってきた [謎和田のミニヴェロベロ]
夜はココログが重くなる、と聞いていたが、全くログインできず。こんな時間にアップす [続きを読む]

受信: 2004.06.15 02:59

« 6月はカエルの季節というものの | トップページ | 6/13日、重たいFrogと多摩川オフ »