« 八ヶ岳をFrogで下る | トップページ | 台風一過に抜け道をさがせ »

2004.05.18

坂道を下って考えた

 いままでFrogでは、町なかの道やサイクリングコースしか走ったことはなかった。今回、八ヶ岳という場所へ持って行き、走ってみたわけだが、いろいろと考えさせられた。
 山道を登るのはきびしい。斜度8パーセントという坂を登ってみたが、200メートルぐらいでギブアップとなった。
 短い距離なら登れないことはない。ギアが軽くなく、苦しくても、数10メートルで終わるならなんとか登ってみる気にもなる。
 しかし、この8パーセントの坂は、3〜4キロも続くのだ。とても登ってられないし、下りでも一気に下りるわけにはいかない。
 自動車でもエンジンブレーキを使用するようにという坂なので、自転車の、しかも普通の車輪より回転数が多くなる小径車輪では、ブレーキによるリムの過熱が心配だ。
 過熱によるパンクでは、チューブが裂けるようにしてパンクするということなので、パンク修理キットは役に立たない。予備のチューブを持っていないといけないわけだが、あいにくとFrogの予備チューブは持っていない。これではパンクできないわけだ。
 おまけに、Frogでは高速時の挙動が安心できない。前輪がふわふわとして、ハンドル操作が怖くなる。時速40キロほどで下ってみたが、ふわふわとした前輪の感触が不安を持たせたので、そこで減速をしつつ下った。40キロで転倒するということはかなりなダメージを負う。死亡するにも十分な速度だ。
 しっかりした自転車なら70〜80キロという速度で下れただろう。かように小径、というかBDシリーズの前輪折りたたみ方式は、走行時に不安になる。
 折りたたみ自転車を選んだ時点で、いろいろなものを捨てているわけだ。そして、簡便に持ち運べるというメリットと天秤にかけることになる。
 思いっきり走りたい、高速で走りたい、山道を走りたい、ダウンヒルを楽しみたいというのなら、折りたたみ自転車を選ばない方がいいだろう。
 折りたたみ自転車には向いてない走り方がある。これは現実だ。やたらと走行性能を上げることを小径の折りたたみ自転車に求めるのは間違っているのかもしれない。

001.jpg
坂道は苦手なFrog

|

« 八ヶ岳をFrogで下る | トップページ | 台風一過に抜け道をさがせ »

コメント

ぼくの BD-1 でも 40km/h を越えるころになると,かなり厳しいです.
前側スイングアームよりも後ろ側スイングアームのほうが問題があるような気がするけど.
もちろん前側も構造以前に強度が足りていないと思う,40 km/h で走るには.
小径で,回転が早くなるのって関係あるのでしょうか?
ホイールの径と関係あるかなぁ.ブレーキシューとリムとの相対速度って,走っている速度そのままでないですか,およそ.
小径は熱容量が少ない分だけ不利です.暖まりやすいです.

投稿: おのひろき | 2004.05.19 00:40

回転数が多くなるって事は,リムのある部分がシューにあたる回数が単位時間あたりで多くなるから,そのまま関係するんですね.

投稿: おのひろき | 2004.05.19 00:44

おのさん、コメントどうもです。僕もINTPでした(笑)。
車輪の大きさも関係するのか、リアスイングアームのあばれより、フロントのたよりなさを感じました。メーターでは40キロ以上になっていたと思います。
坂道でもうひとつ怖かったのは、横から出てくる自動車でした。
自転車だと遅いという先入観があるのか、こちらが近づいているにもかかわらず道へ出てきます。40キロぐらい出ているので、あっという間に近づいてしまい、パニックブレーキをかけましたが、リアはすべり始めるし、かなりやばい感じでした。なんとかコントロールを取り戻したので、今日も書き込みできているわけですが。

おのさんも同じ時期に八ヶ岳にいらしたんですね。

投稿: 米田裕 | 2004.05.19 01:11

タイヤの径というよりも、フレームの強度不足が大きいのではないかなぁという気がします。少々径が大きい(20inch)自転車での話ですが、以前持っていたパナソニックのレ・マイヨWという折り畳み自転車では、20kg以上の荷物を載せた状態で、峠の下りで70km/h程出しちゃったことがありますが、不安はありませんでした。私が無謀なだけかもしれませんが、少なくとも自転車に妙な挙動は無かったと記憶しています。
もちろん、径が小さいことによる、ブレーキへの不安はどうしようも無いかもしれませんけど…。
でも、コンパクトに畳める自転車はそこが利点ですから、米田さんの仰るとおり、多少の欠点は目をつぶらないと…ですね。それと、その自転車が持つ欠点を良く把握して、どこまで速度を出すとヤバイのかを頭にたたき込んでペダルを踏むのは、大切ではないかなと思います。
そういう意味においては、今回の米田さんの経験は大いに意義があったのではないでしょうか。(^^)

投稿: いっとく | 2004.05.19 06:48

いっとくさん、レ・マイヨWは坂道を高速で下りても安定していましたか。安心して下れるのはいいですね。
ちょっと気になって調べたら、身長172センチまでと書いてありました。サドルが上がらない? ハンドルステムが短い? なかなかよさそうでしたが、やっぱり折りたたみなんで制約があるんでしょうね。

> そういう意味においては、今回の米田さんの経験は大いに意義があったのではないでしょうか

転倒するぐらいまで速度を試してみるとか、そこまでするかしないかですね。BD-1でダウンヒル中に転倒、入院というWEB記事や、小径タイヤでバーストなんてのを読んでなければ、もう少しノーテンキに下っていたかもしれません。

投稿: 米田裕 | 2004.05.20 02:30

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂道を下って考えた:

« 八ヶ岳をFrogで下る | トップページ | 台風一過に抜け道をさがせ »