« ハンドルを遠くへ | トップページ | 古い自転車に乗る »

2004.04.20

バッグの垂れ下がり防止

 使用しているドイターのフロントバッグは、かなりフニャフニャとしているので、なにかで支えないとKlickfixだけでは激しく垂れ下がってしまう。そのためにスペースグリップで支えていたのだが、ハンドルが5センチ前に出たため、支えとしての用を果たさなくなってしまった。
 長いスペースグリップにするのも、なんとなくいやだし、フロントキャリアになる部品も見つからない。そこで、バッグにフレームをいれることにした。

001.jpg
使用しているドイターのフロントパッグ

 フレームになりそうなものをさがしにスーパーへ行く。キッチン用品売り場や収納器具、風呂用品のコーナーなどをたんねんに見てまわった。
 けっきょく、買ってきたのは食パンを保存するという密閉容器だ。岩崎工業の「KEEPER4.8リットル」という製品。プラスチック臭を低減、マイナス20度〜140度に耐え、カネボウ化成「グリンベル」配合により油汚れにも強いというものだ。これがサイズ的に、フロントバッグの中に入るのである。

002.jpg
KEEPER4.8 フレックスシールウェアだそうだ

 さっそくバッグの中に入れてみる。左右の幅はバッグ幅に足りないが、前後はちょうどだ。高さはわずかに足りないぐらい。

003.jpg
バッグの中へ

004.jpg
左右にある空きには地図や小物を入れた

 すっぽりと入れたあと、バッグのアタッチメント部分を持ってみると、垂れ下がるようなことはなく、かなりしっかりとした感じになった。
 密閉度の高い容器だから、フタをしてしまえば、水にも強い。デジカメなどの電子機器を持ち運ぶ場合、雨対策にも使えそうだ。といっても、ドイターのバッグにはレインカバーが標準装備なのだが。
 内部フレームにより、バッグの垂れ下がりも極力抑えることができるようになった。

|

« ハンドルを遠くへ | トップページ | 古い自転車に乗る »

コメント

適当な良い容器がありましたね。
私は安物のクーラーバックをFバックに使ってますが、キャリアに乗せただけでは、やはり形が崩れてしまいます。そこでホームセンターで売ってるアクリル板の薄い物をハサミで切ってバックの形に折り曲げて中敷にしました。
これで形は崩れなくなりましたが、硬い小物を入れると、中で飛び跳ねてカタカタ音がうるさいんです。
解決策は、アクリル板の中敷にスベリ止めシートを貼り付けました。カタカタ音もなくなり快適です。
暇をみて、HPにUpしますね。

投稿: akiika | 2004.04.21 00:51

akiikaさん、どうも。
アクリル板やアルミ板を加工することも考えましたが、面倒なので却下しました(笑)。
ステンレスのカゴやなんかも探しましたが、いい大きさのものはなかったですね。ネットで探せばあるかもしれませんが。
バッグ改造記楽しみにしています。

投稿: 米田裕 | 2004.04.21 01:34

米田さん、こんばんは、府中の古紙 鉄屋です。
フロントバックを支えるための工夫ですが、クリーニング店でもらえる針金ハンガーを折り曲げてバックのに縁にいれると結構しっかりしたものができます。
元手もかからないし、暇だったらおためしあれ

投稿: 古紙 鉄屋 | 2004.04.21 22:46

古紙さん、コメントどうもです。
針金ハンガーもよさそうな素材ですね。実家に帰ったら、クリーニングに出すものが少なくなり、出してみればプラスチックのハンガーで戻ってくるので、ここんとこ針金ハンガーを見てませんでした。
そんなことで素材として気がつかなかったんでしょう。
なにかの機会があれば試してみます。

投稿: 米田裕 | 2004.04.22 01:26

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/469555

この記事へのトラックバック一覧です: バッグの垂れ下がり防止:

« ハンドルを遠くへ | トップページ | 古い自転車に乗る »