« 残念! | トップページ | バッグの垂れ下がり防止 »

2004.04.19

ハンドルを遠くへ

 Frogで向かい風がつらいのは、その立った乗車姿勢にも関係がありそうだ。身体がまるで帆のように作用してしまうのだ。
 少しでも前傾姿勢にするには、ハンドルとサドルを離すわけだが、Frogの場合には折りたたみということもあり、制約がある。
 以前買ったハンドルポジションチェンジャーがあまっているので、取り付けることにした。
 ハンドルをはずし、リクセンカウルのアダプターをはずし、ハンドルポジションチェンジャーを取り付け、前部のクランプにハンドルを固定する。シフトレバーがハンドルポジションチェンジャーに当たってしまうが、斜めにして下へ押し込んだ。位置的にはギリギリなので仕方がない。
 こうして、あっけなくアヘッド化したわけだ。ハンドルを固定した後は、Klickfixをまた取り付けて作業は完了だ。これで5センチほどハンドルが前に出たことになる。

001.jpg
少しだけ遠くなったハンドル

002.jpg
Klickfixも使えた

003.jpg
前から見るとわからない

004.jpg
シフターが下へもぐりこんでいる

005.jpg
微妙な位置だが使える

 乗ってみると、ハンドルが遠くなった感じはそれほどない。乗車姿勢はさほど変わってないかもしれないが、少しは前傾になっただろう。
 ハンドルのクイック感も緩和されたようだ。クキッっと曲がってしまうのが、少しだけユルッとまわるようになった。
 雨が降りそうなので、近所をぐるっと回ってきただけだが、そんな印象だ。今後、長距離で効果がでるか楽しみである。

|

« 残念! | トップページ | バッグの垂れ下がり防止 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/463327

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドルを遠くへ:

« 残念! | トップページ | バッグの垂れ下がり防止 »