« 子乗せにはヘルメットを常識に | トップページ | ツーリングシミュレーション0410 ヤマ行こ!ツーリングオフVol.1 »

2004.04.08

自転車乗りも逮捕ですと

 近所へ買い物へ出歩くと、自転車の行動がいやでも目に付き、悲しい気分になる。住宅街の道でも、幹線道路の歩道でも、自転車の傍若無人な挙動を見ることになるからだ。
 自転車も交通システムのなかでルールを守って乗るものということが、ほとんどの人が知らないとおもえる。法規を守れといっても仕方なく、どこかで教育することも必要だ。教育のゆるいものほど路上でめちゃくちゃをするようだ。
 自動車は運転するのに免許がいるため、教習と法規の学習、試験があり、一定期間の勉強が必要だ。不勉強であれば免許が取れないことになり、ある程度はいやでも覚えることになる。
 自動二輪(バイク)は自動車と同じぐらいの勉強が必要。原付は免許取得に筆記試験があり勉強が必要だ。自転車には何もない。
 道路でもこれらの車両の行動を見ていると、自動車やバイクはおおむね法規に沿って走っている。ルールを乱せば事故になる確率も高いからだ。それでも法規を厳密に適用すれば6割ぐらいで守っているという感じか。
 原付の場合はめちゃくちゃなことも多い。道路の逆走。歩道への乗り上げ、横断歩道を人といっしょに乗車のまま渡るなんてのを見た。法規から見ればかなり怪しい行動をする。
 さて自転車ともなれば、これはもう常軌を逸しているほどめちゃくちゃ。左側を走りましょう。赤信号で止まりましょうということも守られていない。信号が赤だと、5メートルぐらい離れて、そのまま道を渡ったりしているのは当たり前だ。
 やはり、交通法規をまったく知らないということと、法規には罰則があるということも知らないこと(一部は自動車の違反より罪が重い)。違反を取り締まってこなかったツケが出てきたように思える。
 こうしたことを受けてか、自転車でも悪質な法規違反者は逮捕するという記事が4月6日の読売新聞夕刊に掲載された。
 これは3月18日に警察庁が発表したことを受けたものだと思うが、緊急性がないためか、この日まで読売新聞では報道されなかった。いざ報道するときには夕刊1面である。それほど自転車は嫌いだとみえる。朝日新聞サイトの広告特集で「自転車ツーキニスト宣言」だかなんだかがあったが、気に入らないのだろうか。
 放置自転車や法規を守らない(それ以前にはマナーだと思うが)運転、どうやら自転車というのは社会の厄介者となっているらしい。
 こんな状況だから、スピードを出して走りたい人々には気をつけてもらいたい。暴走自転車などというレッテルを貼られては、自転車はただの悪者になってしまう。まぁ、今日も歩道でダンシングしている若者なんかを見ると、絶望的な気分となってしまうが、自転車レース番組を見てマネをしているのだろうか?
 自動車でいえば、F1を見てマネしている感覚だが、それをやれば逮捕されるぐらいのことは自動車乗りは知っているわけだ(F1レーサーも公道でサーキット同様の走りをして逮捕されちゃうしなぁ)。
 自転車のルールの啓蒙のために、逮捕もやむなしという意見もあるようだが、どうなんだろう。
 自転車に乗り、サイトを運営するような人々は意識の持ち方が違うと思うので、少しずつでもいいから、他の人々の模範となるような行動をしていくしかないと思う。 あとは、それをどう知らしめていくかだ。それを思うと気分が重い。「赤信号で止まるのかったるいじゃん」とか「自転車に何を偉そうなこと言うのよ」みたいな感覚がはびこる限り、逮捕者を出さないといかんのかね。
 逆にいうと、自転車乗りでサイト運営をしている者には重い枷がはめられたようなものだ。自分がよければいいのか、他の自転車乗りを含めた自転車環境をよくしていくのかは自分の行動次第なのだ。自転車に乗ることは、自由に移動できる翼を手に入れることだったのに、皮肉なものだ。

|

« 子乗せにはヘルメットを常識に | トップページ | ツーリングシミュレーション0410 ヤマ行こ!ツーリングオフVol.1 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車乗りも逮捕ですと:

» 春の交通安全運動 [謎和田のミニヴェロベロ]
平成16年4月6日(火)から同年4月15日(木)までの10日間 、平成16年春の [続きを読む]

受信: 2004.04.08 06:31

« 子乗せにはヘルメットを常識に | トップページ | ツーリングシミュレーション0410 ヤマ行こ!ツーリングオフVol.1 »