« エイプリルフールの思い出 | トップページ | ただの覚書程度であるが »

2004.04.02

自転車用方向指示器の反応

 3月29日に書いた、自転車にも方向指示器が欲しいという記事は、初トラックバックされるなど、関心が高かったようだ。
 実際には、方向転換時には合図をしないといけないと道路交通法で定め、罰則まで決めておきながら、徹底した啓蒙もなく、なしくずしに守られていない状態もほったらかしだ。
 原動機付自転車には方向指示器の装備を義務づけているが、同じ合図が必要な車両としての自転車にはいらないというのもヘンだ。手信号は知られてないし、片手運転もあぶない。雨の日に傘をさして走るなという理由が片手運転だからというものだったと思うが。
 その片手運転を交差点でしなければならないというのは、よけいにあぶない。法規では動作の継続中には合図を出し続けるとある。左折時に右手を上げて、左手だけで左へ曲がるなんてできるのだろうか?
 交通法規を守らせたいなら、自転車にも方向指示器を義務づけるといいのではないだろうか。今の時代なら、電子部品があっても安く作れるので、装備が無理、もしくは高負担になるということもないだろう。
 方向指示器をつけることによって、自転車も交通社会の一員という自覚が生まれるのではないだろうか。ママチャリおばちゃんのいきなりの方向転換や路線変更も少なくなるのではないだろうか。
 メーカーが作らないのなら自作してみようという動き(謎和田のミニヴェロベロより)もあらわれた。実際に方向指示器をつけた自転車がある程度の台数で走ってみれば、欲しいという人も増えるのではないだろうか。ある種のリカンベントにも方向指示器が欲しいという意見もある。
 潜在的な需要はありそうだ。

|

« エイプリルフールの思い出 | トップページ | ただの覚書程度であるが »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車用方向指示器の反応:

» 自転車用方向指示器 [blog - tosh's Web Site]
[url=http://bbs2.otd.co.jp/biketowork/bbs_tree]ヒキタさんちの掲示板 で情報を見付けました。 メーカーのサイ... [続きを読む]

受信: 2004.05.09 20:19

« エイプリルフールの思い出 | トップページ | ただの覚書程度であるが »