« Frogにおける外装多段化に関する考察 | トップページ | バッグサポーターの効果を確かめに走る »

2004.03.08

多摩川青少年サイクリングコースの道路区分

 多摩川青少年サイクリングコースは、上河原堰堤〜御幸公園間の川崎側の名称だが、サイクリングコースと名前がついているぐらいだから、自転車道だと思っていた。ところが、道に立っている標識によると「歩行者用道路」とのことだ。
 道路交通法第63条4項によって、写真のような道路標識等により通行可と認められている歩道は、自転車が通行してもよいと定められていることがサイクリングコースの根拠だったのだ。

001.jpg
自転車専用道路ではなかった

 なんだかなぁ。自転車道と思っていたので、歩行者に道を譲って欲しいと、以前に書いたことがあるが、これは大きな誤りだった。歩行者が最優先であり、自転車はいっしょに通行させてもらっているオマケにすぎない。
 サイクリングコースが歩道だったとすると、自転車の走り方も気をつけないとな。それにしても、そろそろ、歩行を禁じる専用の長距離自転車道が欲しいところだ。

|

« Frogにおける外装多段化に関する考察 | トップページ | バッグサポーターの効果を確かめに走る »

コメント

 多摩サイ全部がそうだと決めつけるような書き方はまずいのでは? 調布、府中区間は、「追い越しのためのはみだし許可中央車線(つまり、白の破線)」の引かれた対向2車線の車道になっていますよ。市の公報では「自転車歩行者道路」という区分で、自動二輪車、四輪車が通行不可と表示されています。これは車道を通行できる自動二輪車、四輪車、軽車両、歩行者のうち、前2者の通行を制限した、自転車と歩行者のみが通行できる車道という意味になるはずです。狛江から下流の一車線自転車道とは別物なんじゃないでしょうか。写真のような標識もまったくないし。

 とりあえず、もう少し詳しく調べてから書いてください。(^^;

 ちなみに一部が歩道になっている自転車道は、いくつか例があります。

投稿: 高千穂遙 | 2004.03.08 12:06

多摩川青少年サイクリングコースは上河原堰堤~御幸公園の川崎側の名称です。他の場所は通称は多摩川サイクリングロードですが、区や市が提供している別名称の道路だと思います。
上河原堰堤~御幸公園の間のことを書いたわけで、調布や府中の道路のことではありません。多摩川サイクリングロードはけして1本の道ではなく、各自治体によって作られているため、道路区分もまちまちだと思います。
自治体同士でくっつけた道ではなく、1本の同じ区分(自転車専用が望ましい)での長距離自転車道が欲しいなというところです。

投稿: 米田裕 | 2004.03.08 13:29

 了解です。で、少し文章を変えたの? 気のせいか、今朝読んだときとはちょっと違っているような。(^^;

 自転車専用道は、まじにほしいね。いまも多摩サイを走ってきたんだけど、道路幅いっぱいに広がって歩く集団にまた進路をふさがれてしまった。こっちとしては、最低限のルールを守ってくれるだけでもいいんだがなあ。

投稿: 高千穂遙 | 2004.03.08 15:47

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川青少年サイクリングコースの道路区分:

« Frogにおける外装多段化に関する考察 | トップページ | バッグサポーターの効果を確かめに走る »