« 多摩川サイクリングコースの川崎側終点をめざして | トップページ | ポンプとフロントバッグ台座を装着 »

2004.02.19

ミニフロアポンプとフロントバッグ購入

 Frogも買ってから1カ月以上がたった。タイヤの空気も抜けてきているかもしれない。
 そこで、パナレーサーの携帯フロアポンプを東急ハンズ新宿店で買ってきた。
 実はFrog購入時に携帯ポンプを買ったのだが、リムとハブとの隙間がないため、ポンプの口金部が入らなかったのだ。それで、ホースの先にヘッドのついたポンプを購入したしだいである。
 前輪はちゃんと使えるが、後輪はこのポンプの口金部でも少し大きく、斜めにしないとうまくバルブにおさまらない。車輪が小さいと難儀だなぁ。
 ポンプは地面に置いて使えるので、手で持つだけのものより力がいらず楽である。本体も200グラムと軽量で、車体への取り付け台座がついている。

001.jpg
パナレーサーミニフロアポンプ。全長340ミリ、200グラム、1580円

折りたたみ車用フロントバッグ

 現在使用しているオストリッチF-265フロントバッグは小さい。デジカメ、工具などの小物類でほぼいっぱいだ。かといって、大型のフロントバッグにするには、高い位置にあるため、バランスが悪そうだ。
 そこで、あるアイデアを思いつき、同じオストリッチのF-TBというフロントバッグを買ってきた。これはハンドル部がT字型になった小径車のハンドル手前側に、ハンドルバーとハンドルポストを使って装着するものだ。
 デッドスペース利用アイテムであるが、Frogのハンドル内側にはシフターやサイクルコンピュータがあり、指定されたようには取り付けることができない。解決策は次の記事で(笑)。
 容量は7〜10リットルである。容量が変わるのは、フタの部分をくるくると巻いてしまうか、そのままのばしておくかによる変化だ。のばしたままだと、トートバッグとかわらない。付属品として肩掛け用のベルトもついている。
 これで1泊旅行ならなんとかなるのではないか?

002.jpg
オストリッチF-TB 3800円

|

« 多摩川サイクリングコースの川崎側終点をめざして | トップページ | ポンプとフロントバッグ台座を装着 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミニフロアポンプとフロントバッグ購入:

« 多摩川サイクリングコースの川崎側終点をめざして | トップページ | ポンプとフロントバッグ台座を装着 »