« ドイターのフロントバッグに賭けた | トップページ | KLICKfixシステム装着 »

2004.02.27

プラスチック部品の役割

 Frogにはプラスチックのパーツが使われている。ペダルや泥除けといった部分だ。ペダルについては、BD-1なんかだと、高価な自転車なのに安っぽいとの理由で交換してしまう人も多い。
 買った当初はペダルをアルミ製のものに交換しようと考えていたのだが、折りたたんだ姿を見ているうちに、交換しない方がよさそうに思えてきた。
 Frogは小さくたためるが、BD-1と違い、かなりパーツ類を無理やり詰め込んだ感じがする。前輪のスポークが24穴のところに12本しかないのは、あいた隙間にリアの内装3段変速機のキャップ部が入り込むためのものだし、たたんだパーツは何かに重なるかぶつかっている状態だ。
 折りたたんだ姿をよく見ると、ペダルのプラスチック部やハンドルグリップ、タイヤといった柔らかい部分が、パーツの緩衝材の役目をはたしているのがわかってきた。
 見た目だけでパーツを替えてしまうと、折りたたみ時にあちこちキズだらけとなってしまう。本体部品については、そのままにしておくのがよさそうだ。

001.jpg
今度は反対側を大公開

|

« ドイターのフロントバッグに賭けた | トップページ | KLICKfixシステム装着 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/240601

この記事へのトラックバック一覧です: プラスチック部品の役割:

« ドイターのフロントバッグに賭けた | トップページ | KLICKfixシステム装着 »