« 折りたたみ時に使えるスペース | トップページ | プラスチック部品の役割 »

2004.02.26

ドイターのフロントバッグに賭けた

 Frogのハンドルまわりのごちゃごちゃ感が気になりだすととまらない。だいたい、バッグをつけるためだけにハンドルポジションチェンジャーを使っているため、ごついし重量増も気になる。後ろへでっぱらないアダプターのものならこの問題を解決できるに違いないといろいろとさがしてみた。
 ワンタッチ取り付け方式のフロントバッグは何種類かあったが、アタッチメントが後ろへ飛び出してないものは、ネットで確認できたかぎりではRIXEN KAUL社のものだ。
 だが、この会社の製品は高い。どうせなら現在のものより容量の大きなタイプが欲しいのだが、値段を調べると12800円とか、14800円とかの価格だ。うーんと悩む。
 そのうち、KLICKfixアタッチメントが、このRIXEN KAULのバッグの取り付けに使われていることがわかる。このKLICKfixという名前は他社のバッグの説明でも見かけた。モンベルとかドイターといった会社のものだ。KLICKfixシステムはOEMされているのだ。
 ならばとOEMであるドイター社のトレイルというフロントバッグを入手することにした。サイクルベースあさひの通販で20%オフで売っているので、RIXEN KAULよりもかなり安い。安いとわかった瞬間、「カゴへ」をクリックしていた。
 日曜深夜にクリックして木曜にバッグは届いた。ドイターというドイツのメーカー製だ。KLICKfixははたしてRIXEN KAULと同じなのか? どきどきとしながら包装をといた。中からはぺったんこになったバッグが出てきた。ひょっとしてアダプターは別売か? などという思考が脳裏をかすめるが、ちゃんとバッグの中からアダプターが出てきた。

001.jpg
deuter トレイル 9リットル 9500円の20%OFF

 箱にはKLICKfix、RIXEN KAULの文字がある。RIXEN KAULと同じものだとわかった瞬間、「勝った」と勝利の感触がわきあがってくる。このアダプター、単品でも2000円もするのだ。それと9リットルの容量のバッグといっしょに入手できて、RIXEN KAULの同容量のものよりかなり安い。なんだか得した気分だ。

002.jpg
はいってましたKLICKfix

003.jpg
RIXEN KAULといっしょ

004.jpg
アダプターだけでも高いのだが

 今後、RIXEN KAULのバッグやカゴをつけようと思えばつけられるのは、同一メーカーのものしかつけられなかったオストリッチよりも、選択肢が広いわけで楽しみも増えた。
 今日は付け替えている時間がないので、週末にでも。週末はなんだか天気悪そうだけどなぁ。

|

« 折りたたみ時に使えるスペース | トップページ | プラスチック部品の役割 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイターのフロントバッグに賭けた:

« 折りたたみ時に使えるスペース | トップページ | プラスチック部品の役割 »