« ミニフロアポンプとフロントバッグ購入 | トップページ | シミュレーション走行に出かけた »

2004.02.20

ポンプとフロントバッグ台座を装着

 買ってきたパナレーサーのミニフロアポンプには、フレームへの取り付け台座が付属している。とはいっても、Frogのフレームで台座のつけられるところはない。フレームは太すぎ、リアスイングアームは四角だからだ。
 そこで、ハンドルポストに装着することにした。340ミリの長さぐらい大丈夫なのだ。伸縮ハンドルポストの下部に台座を前へ向けて装着。ここへポンプを取り付けた。折りたたみ時にも、位置的にはジャマにならないし、ハンドルポストと一体化してみえる。ポンプはこの位置につけるしかない。

003.jpg
ミニフロアポンプとハンドルポスト

004.jpg
横から見るとこんな感じ

フロントバッグ台座を製作

 買ってきたオストリッチのF-TBフロントバッグは、そのままではハンドル前方につけられない。ブレーキレバーやワイヤー類がジャマになるからだ。そこで台座を作ることにした。
 用意したのは屋外でパイプを固定する金具(390円)と、コの字型の金具だ(430円)。どちらも東急ハンズで建築用金物という分類で売られていた。錆びるといやなのでステンレス製である。ネジ(100円)とワッシャー(200円)も同時に購入しておいた。
 ハンドルポスト上部で、パイプ固定具とコの字型金具ではさみ、間にはキズ防止用ゴムをはさんでネジで締めた。ここへカラビナ(アクセサリー用)を使ってフロントバッグをつけようというのである。

005.jpg
パイプ固定具とコの字金具にはさまれたハンドルポスト

006.jpg
裏側より見た台座部分

 ネジをきっちりと締め付けると、ゴムをはさんであるため、ズリ落ちることもない。どれぐらいの荷重に耐えるかは未知数だが、旅行の荷物ぐらいなら大丈夫だろう。

008.jpg
カラビナで吊り下げたF-TB

 これにODS装着のフロントバッグとサドルバッグをつけた状態がフル装備となる。全部のバッグの容量を合計すると、4.5リットル+4.1リットル+7リットルで15.6リットルとなるが、まだデイパックひとつぶんにも足りない。これで1泊旅行ぐらいはなんとかしたいものだ。

009.jpg
現在のフル装備状態

|

« ミニフロアポンプとフロントバッグ購入 | トップページ | シミュレーション走行に出かけた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585/216117

この記事へのトラックバック一覧です: ポンプとフロントバッグ台座を装着:

« ミニフロアポンプとフロントバッグ購入 | トップページ | シミュレーション走行に出かけた »